借入とは?基本の知識&知っておきたいメリットとデメリット

借入をする時は、大抵お財布事情が緊急事態ですよね。あまりしっかり考えている時間がないことも多いでしょう。しかし、適当な考えて借入をするのは事故に繋がる可能性があります。

そこで覚えておきたいのは、「借入にはメリットもデメリットもある」ということです。メリットだけ、デメリットだけを重視していると、バランスの良い借入が難しくなるかもしれません。

メリット、デメリットを把握するには、「借入とはどのような性質を持っているのか」ということを考える必要があります。借入についての基礎知識をしっかり覚えておくと良いでしょう。

借入ってどういうもの?知っておけば事故を避けやすい!

借入について、何となく「お金を借りて返すことでしょう?」と知っている人は多いかもしれませんが、キャッシングやカードローンはあくまで商品ですので、詳細を知っておいた方が良いでしょう。

  • 必要な資金を金融機関、金融業者から契約を結んで都合してもらうこと
  • 必ず返済を行う必要がある
  • 返済時には金利から算出された利息が加算される

借入の最大の特徴は、「返す時に利息を払わなければいけない」ということです。借入した金額そのものを元金と言い、返済時には元金に利息を足した金額を入金することになります。

問題なく返済するには、自分が返済できる範囲内での借入をすることが一番の良策です。

借入前に返済についてよく考えてみておくと良いでしょう。

どこから借りる?小口現金なら銀行か消費者金融がメイン!

借入先は様々ですが、カードローンやキャッシングと言った小口融資であれば、銀行のカードローン商品、消費者金融のキャッシング商品が適しているでしょう。

  • 低額なら数千円、高額なら数十万円~数百万円を借入することができる
  • 一般的に銀行カードローンは金利が低いものが多い
  • 消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高いものが多い

個人が生活の中で必要とする程度のお金を借りるとするのなら、銀行カードローン、消費者金融のキャッシングがオススメです。商品自体も多く、選ぶ楽しみを味わうこともできますよ。

ただ、やはりリリースしている金融機関の種類が違うため、それぞれ特徴が違います。注視されがちなのはやはり金利についてですね。

銀行カードローンは金利が低く、消費者金融のキャッシングは金利が高い傾向にあります。

しかし、これはどの商品でもそうだと言うわけではなく、条件によってはキャッシングでも低金利で利用できる商品がありますし、逆に銀行カードローンでも高金利になる可能性があります。

気になった商品を事前にチェックして、あなたに合った一枚を獲得することが一番だと言えそうです。

誰でも借りられるの?申し込み条件は商品ごとに違う!

銀行カードローンにしろ消費者金融のキャッシングにしろ、実は誰でも借りられるというわけではありません。それぞれの商品で利用できる人、できない人に分けられています。特に銀行商品では顕著です。

  • 最近では非正規雇用の人でも申し込みができることが多い
  • 商品によっては会社員、公務員のみが対象となることも
  • 専業主婦は消費者金融より銀行カードローンの方が審査に通りやすい
  • 年齢制限に注意

以前は会社員や公務員など、安定していると言われる勤め方をしている人しか申し込みができないという噂もありましたが、現在は非正規雇用の人でも条件を満たせば申し込みが可能です。

ただ、現在でも商品によっては会社員や公務員で、一定以上の収入がある人を対象にしたものがあることも事実です。大抵は銀行カードローンで見かけることができます。

専業主婦は法的に、配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能ですが、消費者金融よりは銀行カードローンに申し込んだ方が審査通過をしやすいという事実があります。

また、年齢制限にも注意が必要です。商品によっては満20歳以上、あるいは18歳以上と分かれています。上限年齢も60歳前後のものから75歳程度まで可能であるというものもあり、注意しておきたいポイントですね。

借入する方法は?最近はインターネットも大活躍!

一言で借入をすると言っても、実際に借入をする場合、どんな方法で現金を手にすることになるのでしょうか。今の時代、かなり多くの方法を用意している業者が多いため、より便利に、スピーディな借入が実現されています。

  • 銀行ATM、自社ATM、提携ATMからの借入
  • ネット振込を利用した借入
  • 店頭での借入
  • 電話での口頭依頼による借入

ATMを利用した借入方法は、今も昔も主流です。特にコンビニなどにある提携ATMは、ほぼ24時間使えるという利便性が人気を博し、利用する人が増えていると考えられます。

インターネットを通じたネット振込も人気です。業者によっては振込依頼をした数分後には融資完了というスピードを誇ることもあるほどです。大抵は数時間を見積もるべきですが、それでも早いと言わざるを得ません。

店頭での借入、電話での借入依頼は、昔ながらの方法と言えます。時間に余裕のある人や、インターネットやATMがあまり好きではない、得意ではないと言う人に向いていますね。

現代ならもはや常識?インターネットが利便性を高めて行く!

インターネットは今や、金融業界でも絶対に外せない借入方法です。借入だけではなく、申し込みや返済まで、全てをネット上で済ませられることも少なくありません。忙しい現代人にはぴったりの方法です。

  • 24時間いつでも申し込みや借入、返済ができる
  • 操作も簡略化されていることが多く、作業時間を短縮できる

銀行やATMに行けない時間帯でも、ネットを通じて手続きを済ませることができるため、返済遅れの可能性を極限まで減らすことができます。

また、最近では操作も少なく、利便性が高いため、ネットが苦手な人でも使いこなしやすくなって来ているという特徴もあります。

ただ、業者によっては申し込みのみネットOK、あるいは借入のみ、または返済のみ、といった条件が付くこともあります。上手に使いこなしていきたいツールのひとつですね。

返済日には注意!各商品で違う特徴あり!

利便性が高まっているのは申し込みや借入方法だけではなく、返済にも様々な特徴が生まれています。ただ、返済は少し、他の方法よりも気を付けておきたいポイントがあります。

  • 業者や商品によって返済日の設定が異なる
  • 同じ商品でも自分で返済日を設定することができる
  • そのため、複数の借入があると混乱しやすい

A社では5日返済、B社では10日返済など、様々な返済日があります。また、自分で好きな日にちを設定して良いという商品もあり、人によっては混乱の元になるかもしれません。

かと言って、返済遅れの言い訳にはなりません。

返済日を知らせるメールサービスなど、サポートしてくれる業者もありますので、自信がない人は積極的に使って行きましょう。

借入と返済の関係は?発生する利息に注目!

借入には必ず返済義務が発生します。返済することを前提に商品の利用契約を結びますので、返済をしなければ契約違反となってしまい、ペナルティがつけられてしまうことを覚えておきましょう。

と言っても、最初から返済しないつもりで借入をする人は滅多にいないでしょう。事前に計画を立てておけば、そこまで返済に困ることもありません。また、おトクな借入方法を利用すれば、発生する利息を減らす工夫も可能です。
  • 商品によっては利息がかからない期間を設定している
  • 期間内に返済できる金額を借入する工夫もできる

商品の申し込みをする時に、可能な限りおトクな借入をしたいと言う場合には、こういった特徴を持つ商品を探すことも賢い手段です。返済計画によっては利息が一切発生しないまま完済できることもあります。

また、返済に遅れそうになったら、金融機関、業者に素直に相談することも大切です。

相談することにより、別のメリットを受けられる可能性もありますので、無理をせずに相談してみましょう。

返済方法は進化している!好きな方法でスムーズ返済!

返済方法は年々多様化し、進化していると言う言葉がぴったりです。ただでさえストレスに感じやすい返済ですが、返済方法をよりライフスタイルに一致させることで、そのストレスが軽減されることが期待できます。

  • 振込による返済
  • 口座振替による返済
  • インターネットバンキングを利用した返済
  • 追加返済も随時可能

返済方法も利用者が自由に選べることが多く、日常の予定を圧迫しない返済計画を立てることが可能です。提携ATMなどを使えば、買い物ついで、散歩のついでに返済を完了させることもできますね。

また、約定返済以外にも、お金に余裕がある時には追加返済がいつでもできるという商品も少なくありません。

元金が減れば減るほど利息もおトクになっていきますので、積極的に返して行きたいですね。

リボ払いは危険?かなり便利だけど計画性を持った利用が必要!

借入の時、毎月いくら返済するかを知らされます。その額を毎回返済していけばいいだけなのですが、少し注意が必要なのはリボ払いを選んだ時です。

リボ払いは非常に便利なものですが、無計画に利用していると、利息が膨らみやすいという特徴があります。返済しきれずに債務整理などを考える人もいるようです。

リボ払いに関しては、利用前に念入りな返済計画を立てる必要があると言えます。逆に言えば、理解し、計画的に返済できる自信がある人にはかなり便利でおトクです。ぜひ知識をつけておきたい返済方法ですね。

出来る限り考えよう!借入前を制する者が借入を制す

急いでお金を借りる時なら、返済計画を完璧に立てられないこともあるかもしれません。しかし先々の返済を想像してみれば、ほんの少しでも時間を割いて、しっかりした返済計画を立てた上で借入した方が良いと言えます。

借入も返済も、それ自体は一切怖いものではありません。現代では利用者に有利なように設定することが義務付けられていますので、過剰は心配は必要ないでしょう。

ただ、事前に知識をつけ、計画を立てられる余裕を持てば持つほど、おトクにキャッシングライフを楽しめることは間違いありません。借入前に考えられることは、できるだけ意識しておきたいですね。

借入とは何かの基礎知識

まさかの口座差し押さえ!?解除するまでの手順を徹底説明!

借金の返済が滞れば、業者の手続きによっては口座の差し押さえが行われます。キャッシングやカードローンでの返済遅れも当然適用されますので、事情によっては差し押さえの可能性に溜息をつくことがあるか...

jiccの記録はいつまで残る?信用情報機関の賢い使い方

JICCは消費者金融を利用する人に必ず関わって来る機関です。信用情報機関と呼ばれるものであり、消費者金融の利用状況の全てが記録され、一定期間保管されることになります。 保管された情報は、J...

消費者金融の時効って何?借入と返済は無理のない範囲で!

あまり考えたくないことですが、返済に行き詰って「踏み倒したい…」となってしまう将来があるかもしれませんよね。ネットで検索してみると、「消費者金融の借金は踏み倒せる!時効を狙え!」という記事も...

【総量規制】適用されないケースあり!緊急時の除外・例外とは

消費者金融などの貸金業者からお金を借りる時、必ず考えてなくてはいけないのが総量規制です。貸金業法で決まっている法律ですので、全ての人が守る必要があります。 総量規制は年収の三分の一以上を借...

借りる時に関係するの?カードローンと住宅ローンをおトクに使う方法

夢のマイホームをいざ購入!そんな時に選ぶ住宅ローンですが、もちろん審査が待っています。よく聞くのが、「カードローンを使っていると住宅ローンの審査に通らないの?」という心配事。 実際のところ...

銀行との違いは何?信用金庫のお金の借り方のポイントはコレ!

銀行や消費者金融でカードローン、キャッシングなどの個人向け融資商品があるのは有名ですし、愛好家も多いですよね。でも、信用金庫となると、あまり利用した人がいないかもしれません。 信用金庫は銀...

高齢者ならリバースモーゲージ!土地を担保にお金を借りる方法

歳を重ねれば中々お金が借りにくくなるものです。比較的余裕のある年金生活のシルバー世代でも、まとまった現金が必要になる時はありますよね。 そんな時に考えて欲しいのはリバースモーゲージ。持ち家...

【信用情報の開示方法】キャッシング審査が不安な人は試してみて!

キャッシングやカードローンだけではなく、お金に関することなら確実に関わって来るのが信用情報です。信用情報の重要さはよく言われていることですが、自分には関係ないし…と甘く見ている人はいませんか...

クレジットカード現金化は大損!?困った時でも避けるべき

クレジットカードもキャッシングも便利なものですが、事情があってもう借りられない時があるかもしれませんね。そんな時、ついつい考えてしまいそうなのが「現金化」ではないでしょうか。 クレジットカ...

借りるも返すももう限界!債務整理でお金に楽な生活を!

お金を借りる前には考えない人がほとんですが、最悪のケースを想定する人なら一度は思いを馳せるのが「返済ができなくなってしまった時」のこと。人生は何があるか分かりませんし、もしかするとそんなこと...