借入の最大関門!審査を通過するための重要ポイントとは

借入先を決めたら早速申し込みをしたいですよね。でも、ちょっと待ちましょう。あなたの申し込み、それで審査に通る自信はありますか?

近年、金銭関係の審査は細かい情報を求められる傾向にあります。信用情報はもちろん、申し込み内容の不備がひとつでもあれば、容赦なく審査で落とされてしまうことも。

申し込みをするなら確実に審査通過を目指したいものです。審査通過のためにはどのような準備やコツ、条件が必要なのでしょうか。

審査ってどういうもの?社会的信用にも繋がる申し込みとは

借入の申し込みをした時には、必ず審査が行われます。新規申し込みは当然ですが、実は借入のたびに、そして増額申請の時にも、金融機関、金融業者は必ず審査を行っています。借入と審査は切っても切れない関係です。

審査では提出された個人情報をチェックし、様々なことを判断します。

  • 返済能力
  • 貸付限度額

個人情報を審査する理由は、まずこの2つを判断するためです。お金を貸しても返済能力がなければ貸し倒れて、金融機関側は大損をしてしまいます。また、無理な貸付限度額を設定すると、法に抵触してしまう可能性もあるのです。

特に貸付限度額(利用限度額とも)に関しては、かなり神経質になっている金融機関がほとんどです。返済能力を超えた貸付は法律違反となり、金融機関側が行政に処分を受けてしまう可能性があるからです。

このような事態にならないよう、審査はしっかりと、そして利用者が思っている以上に頻繁に行われています。

何を見るの?重視される個人情報の種類とは

個人情報を審査すると言っても、全ての金融機関が同じ項目を重要視しているわけではありません。その金融機関、そのブランド独特の判断材料として、社内で決めたルールに則った審査が行われています。

ただ、その中でも、以下の項目はほぼ共通して重視されると考えられています。

  • 申込者の年収
  • 勤務先、勤続年数
  • 就労形態
  • 他社からの借入の有無、あればその借入残高

これらの項目は返済能力を導き出すために有効だと言われ、審査の際には重要視している金融機関がほとんどです。スピード審査を誇る消費者金融でも、特にこれらの項目を念入りにチェックしていると言われます。

しっかりチェックするのは、やはり貸し倒れを避けたいという企業方針の表れですが、しかし、利用者のためでもあります。企業にとっての貸し倒れは、利用者にとって社会的な信用を落とすことに繋がりかねません。

このような事情から、企業、利用者双方のためにも、審査のための個人情報提出は必須となっていると言えるため、申し込みの際には誤魔化さず、誠実に提出するように心掛けましょう。

就労形態に不安?最近は非正規でもOKです!

個人情報で重要視される就労形態ですが、中には「正社員や公務員じゃないと審査に通らない」と心配する人もいるようです。確かにひと昔前はそのような傾向もありましたが、最近ではそんなこともありません。

  • 就労形態は幅広く認められている
  • アルバイト、パート、契約社員、派遣社員等の非正規雇用も申し込み可
  • ただし正規雇用の人よりも利用条件が下がることがある

近年、就労形態は多くの種類が増えています。アルバイトやパートをはじめ、契約社員や派遣社員といった働き方を選択する人も多い時代です。また、それぞれの地位が上がり、安定した収入を得られることが多くなっています。

返済能力には安定した収入が必須ですが、その点、現在は非正規雇用の人でもクリアできている人が多くなっているという傾向があり、必ずしも申し込めないということはなくなりました。

ただ、やはり契約期間などの観点から、正規雇用の人よりも利用限度額が低くなったりすることがあるようです。その点は割り切るべき部分なのかもしれません。

信用情報は大丈夫?必ず参照される金融的個人情報!

審査では申込書に記入された項目の他、信用情報をチェックされます。これも申込者全員がチェックされることはほぼ確実です。

信用情報とは、過去の借入や返済、現在返済中の借入があるか、債務整理などの経験があるか等、主にお金に関する個人情報を示します。

この信用情報は信用情報機関に保管されており、審査の際には金融機関が閲覧した上で、貸付の是非を判断されると考えておきましょう。この情報に問題があれば、審査通過が難しくなることが否定できません。

銀行が駄目なら消費者金融で?信用情報機関の情報共有とは

金融関係に詳しい人であれば、信用情報機関が3種類あり、銀行、消費者金融、信販会社で利用する信用情報機関が異なっていました。つまり、銀行で借りても消費者金融には分からない、あるいはその逆の時代があったのです。

昔はそれを利用し、銀行で借りられなければ消費者金融で、という、少々無理な借入もできなくはありませんでした。しかし、今はまず無理だと考えられています。

  • 現在は各信用情報機関で情報共有が行われている
  • 他分野の金融機関に新規申し込みをした場合、他社借入が容易に分かる

銀行のカードローンで返済能力ギリギリまで借りている人が消費者金融に新規で申し込んだとしても、返済能力に疑問を持たれ、審査に通過できないと言うことも珍しくない時代です。また、その逆もあり得ます。

「どうせ分からない」と高をくくり、新規申し込みの際に他社借入を申告しなかったとしても、すぐに分かってしまうことです。

むしろ誠実な申告をしなかったという理由で心証が悪くなり、審査に通過できなくなることも。

信用情報は思った以上に借入に影響します。日頃から誠実な利用を心掛けるのが一番だと言えますね。

諦めなくても大丈夫!登録情報はいつか消える!

過去に滞納や延滞を繰り返してしまったり、債務整理の経験がある人なら、信用情報機関は心が沈む存在かもしれませんね。困った時にちょっとしたお金を借りられないことは、思った以上に不便なことです。

とはいえ、信用情報機関に登録された情報は、永遠に保管されているわけではありません。

  • 登録された信用情報は一定期間を経過すれば削除される
  • 削除までの期間は情報の種類によって異なる

信用情報機関に登録された情報は、一定期間が過ぎれば消去される決まりになっています。過去に金融事故を起こしてしまっても、消去されてしまえば審査に影響が出ることはありません。

ただ、削除されるまでの期間は、情報によって異なります。

重大事故と思われる情報であればあるほど登録されている期間が長く、審査にも影響を及ぼすでしょう。

手数料を払えば自分でも登録情報をチェックできますので、不安な人は申し込み前に見てみると良いですね。ここで心配がないと判断できれば、安心して新規申し込みができることでしょう。

その個人情報は正しいですか?細かい部分も気を付けて

自分は誤魔化しなんかしない、誠実に個人情報を提出する!だから申し込みは完璧!と思っても、提出には一息置いてみましょう。意外なところで意外なミスがあるかもしれませんし、そのミスが審査に直結するかもしれません。

  • 個人情報の書き間違い、記載抜けがないか

たったこれだけのことですが、実際には審査結果を左右することになりかねません。

具体的には誤字脱字や、必要な記載事項の記入忘れが多く見られるミスで、審査落ちの原因のトップクラスに入るものだと言われています。

明らかに単なる誤字だと分かっていても、金融機関側が確認や修正のための連絡をくれないことも多々あります。むしろ連絡がないと考えておいた方が良いかもしれません。

こんなことで審査に落ちるなんて残念すぎますよね。申込書を送信、提出する前に、もう数分だけかけて最終チェックをしてみましょう。

本当にそれでいい?必要書類も要チェック!

次に気を付けたいのは必要書類についてです。証明書類と言われるものですが、申し込みの際には必ず提出しなければいけないことになっています。本人確認書類、求められるのであれば収入証明書が必要です。

この2種類の書類は、運転免許証や保険証などを利用することができますが、会社によっては「この書類が証明書として使えます!」と指定している場合があります。

  • 証明書類として利用できる書類は各社によって異なる
  • 申込書や公式サイトに記載してあるので必ずチェックする
  • 間違えた場合には高確率で審査落ちする

指定した種類以外の書類を提出してしまうと、こちらも不備として扱われ、審査に通過することができなくなります。

申込書の誤字脱字等と同様、提出書類を間違えていても、わざわざ連絡をくれる金融機関は非常に少ないと考えられます。こんなことで審査に落ちるのはやはりもったいないことですから、提出前に再確認をしておきましょう。

別書類が必要なことも!自営業や外国籍の人はプラスで注意!

会社員や公務員は本人確認証と収入証明書で申し込みを終えることができますが、自営業や外国籍の人は、更に別の書類を求められることがほとんどです。こちらも申し込み前によく確認しておく必要があります。

自営業の人の場合、安定した利益を上げられているかどうかが審査で重要視されます。経営状態が分かる書類が求められるでしょう。外国籍の人は在留許可証など、公的な書類を用意する必要があることがほとんどです。

いずれも証明書として利用できるものは、申込書や公式サイトに必ず明記されています。少々準備が面倒な書類もあるかもしれませんが、そこは快適な借入ができるためと割り切って、もうひと頑張りしていきましょう。

審査通過は難しくない!申し込み前の最終チェックが物を言う!

信用情報によほど大きな傷がなければ、審査通過そのものは決して難しくありません。注意して申込書を記入し、誠実な個人情報を提出すれば、あとは良い結果を待つだけだと言っても過言ではないでしょう。

審査を通過するためには、就労形態や収入より、いかに決められた情報を正しく提出できるかにあると言えます。また、審査に通過できる状態であることも大切ですね。

信用情報の取り扱いや申し込みのコツは、借入を考える限り、絶対に着いて回ることです。注意して取り扱えば有利に働く情報もたくさんありますので、これを機会に知識を増やしてみてはいかがでしょうか。

借入の審査で重要視される事

他社の借入は誤魔化せない!審査の時には必ずばれる!

家計の都合は人それぞれ。ちょっと苦しい時、メインで借りている金融機関以外を使ってみたくなるかもしれません。そこで気になるのは審査のことですね。 他社からの借入がある時、審査は厳しくなると言...

怖いイメージは昔の話!サラ金を使いこなして生活に潤いを!

サラ金という言葉、少し昔によく聞きましたよね。特に一定の年齢以上の人なら、あまり良いイメージがないことでしょう。しかし本来、サラ金は悪いものではありません。れっきとした貸金業です。 サラ金...

就職内定者は消費者金融で借りられる?審査の不安はここで解消!

就職の内定が取れた!万歳!次に心配することは何でしょう。新生活に向けてあれこれ必要な費用、もしかしたら目の前の生活費。初給料までちょっと厳しければ、消費者金融でキャッシングを考えるかもしれま...

審査に通らない!消費者金融の申し込みは慎重に!

何度申し込んでも審査に通らない。消費者金融も銀行のカードローンも駄目。一番に考えるべきことは何でしょう?審査に落ちる心当たりがあるのなら、それを解消して行くしかありません。 考えたいのは信...

楽天も参入中!審査不要のデビットカードのメリットを追究する!

海外では広く普及しているデビットカード。地域によってはクレジットカードよりも利用率が高いと言われています。日本でも利用者が増加傾向にあり、注目している人も多いのではないでしょうか。 デビッ...

【在籍確認の方法】専業主婦や派遣社員はどうするの?

在籍確認はどんなキャッシング、カードローンでも、必ず行われる審査項目です。審査の最終段階にあたりますので、これを無事クリアすれば審査に通過する可能性が高いと言われています。 職場に電話をか...

アリバイ会社の利用は審査で落ちる!危険なキャッシング

キャッシングやカードローンの審査の時、必ずチェックされることと言えば、勤務先や勤続年数です。お勤めの人なら簡単に証明できるのですが、開業届を出していない自営業の人、月給制ではないフリーの人は...

在籍確認なしはダメ!お金を借りるときの基本的知識

キャッシングやカードローンの審査で、多くの人が何となく敬遠したくなるのが在籍確認だと言われています。勤務先に連絡をするという内容の審査の一環ですが、プライバシーに対する不安を持つ人も少なくな...

マイナンバーはOK?消費者金融で使える証明書類と注意について

消費者金融に借入の申し込みをする時、必ず様々な証明書類を求められます。特に本人が確認できる身分証明書、収入証明書については、各消費者金融によって詳細に決められていることが多いようです。 証...

消費者金融の審査って何するの?借入でチェックされる情報とは

キャッシングが便利な消費者金融。多くのブランドがありますが、実は審査のシステムや内容はそれほど差がないと言われています。 もちろんブランドによって独特のルールや制限があると予想できますが、...