審査に通らない!消費者金融の申し込みは慎重に!

何度申し込んでも審査に通らない。消費者金融も銀行のカードローンも駄目。一番に考えるべきことは何でしょう?審査に落ちる心当たりがあるのなら、それを解消して行くしかありません。

考えたいのは信用情報のことです。信用情報に問題があれば、どんな金融機関もお金を貸してくれません。また、申し込みの時にも注意しておきたい点がいくつかあります。

どんなことに気を付ければ審査に通りやすくなるのでしょうか?気を付けておきたいこと、注目するポイントを知っておきましょう。

信用情報が最重要!借入初心者も経験者も必ず見られる!

信用情報という単語は有名ですが、借入初心者が意識しないものでもあります。実はこの信用情報、審査においては職業や勤務先、収入よりも最重要視されるものなのです。

  • 本人特定情報や過去の金融商品の利用履歴を指す
  • 特に利用履歴(クレジットヒストリー、クレヒスとも)は重要視される

名前や年齢などの個人情報に加え、過去にどのような金融商品を利用したのか、その借入額や返済状況など、全て詳細に記録されるのが信用情報です。この信用情報を保管しているのが信用情報機関になります。

信用情報を信用情報機関に登録するのは、銀行や信販会社、消費者金融といった、金融商品を提供している金融機関自身になり、信用情報機関そのものは、情報を管理するだけとなっています。

信用情報機関に登録されている情報は、金融機関が審査の時に自由に閲覧できることになっており、審査に大きな影響を与えます。

尚、情報は金融機関の他、本人であれば、手続きの上で閲覧することが可能です。他人の情報を閲覧することはできません。

把握は絶対必要!借入先で異なる登録先

信用情報機関は日本に3社存在し、金融機関の種類によって利用する信用情報機関が異なっています。大きく分けると銀行、信販会社、消費者金融が、それぞれ適した信用情報機関を利用し、審査などで情報を参照します。

信用情報機関 利用金融機関
全国銀行個人信用情報センター 銀行、信用金庫、信用組合、農協系
株式会社 シー・アイ・シー 信販会社系
株式会社日本信用情報機構 消費者金融

それぞれの金融機関は上記の信用情報機関を利用しています。あなたが自分の情報を見たいと思った場合には、利用した商品がどの金融機関から提供されたものであったかを考えなければいけません。

信用情報機関は何のために存在するのでしょうか。それは審査するための情報管理という点もありますが、最大の特徴としては、「利用者に負担が大きすぎる借金を背負わせない」という一面が挙げられます。

既に多額の借金があったとしても、信用情報機関で情報が参照できなければ、金融機関側は「うちでは全然貸したことがないから」という理由で、大きな金額を更に貸してしまうかもしれません。

健全な社会生活を送るためには、返済しきれない借金を背負うべきではありません。生活が脅かされるような返済に明け暮れ、自己破産などを選ぶ人を少なくするためにも、信用情報機関は絶対に必要な存在なのです。

健全な業者ほど守る!貸金業法で義務付けられている情報登録

キャッシングを主軸とした金融商品を提供する消費者金融は、貸金業という分類になります。貸金業が守るべき法律として貸金業法というものがあり、この中には信用情報の取り扱いについての項目が定められています。

  • 貸金業法内には「指定信用情報機関制度」がある
  • 消費者金融は信用情報を信用情報機関に登録しなければならない
  • 登録された情報に基づいた貸付判断を行う義務がある

消費者金融をはじめ、貸金業と呼ばれる種類の会社は、必ず信用情報機関を利用します。参照だけではなく、登録も行わなければいけません。これは法律で決められたことであるため、例外はないものとされています。

審査の際には過去の利用履歴、申し込み履歴などが全て知られると考えておいて差し支えありません。

特に貸金業からお金を借りる時、年収の三分の一以上を借入することができない(総量規制)という法律もあり、これを超えた貸付は業者が処罰されるため、どの貸金業者も神経質にならざるを得ないのが信用情報なのです。

審査に落ち続ける人は、この信用情報に問題があると考えるべきです。では実際、どのような内容が、どのような影響を及ぼすのかを見ていきましょう。

初心者ならここに注意!申し込み前に最終チェック!

まず、「今まで消費者金融も銀行カードローンも使ったことがないのに審査に通らない!」と言う、いわゆる借入初心者のケースについて考えてみましょう。何度も審査に落ちてしまう人は、以下のことを思い出してみて下さい。

  • 申し込み書類に記入ミスはないか
  • 必要書類は指定されているものを送っているか
  • 同時に、あるいは近い期間に複数の消費者金融へ申し込みをしていないか

ここで信用情報が関わって来るのは、最後の「同時に、あるいは近い期間に複数の申し込みをしている」という項目です。心当たりはありませんか?実はこれが、初心者がやりがちな、かつ最大に「まずいこと」なのです。

短期間の複数申し込みは「多重申し込み」と呼ばれます。もっと物騒な呼び方としては「申し込みブラック」というものになります。

「悪いことをしたわけでもないのにブラック扱いなの!?」と驚くかもしれません。ブラックと呼ばれてしまう理由を次項で詳しくご説明します。

申し込みブラックはヤバい?多重申し込みが嫌われる理由

申し込んだだけでブラックと呼ばれるなんて、心穏やかではいられませんね。ブラックと言えば、返済態度が悪かったり、もう借りられないくらいいっぱいいっぱいな人を想像するものです。

多重申し込みが「申し込みブラック」と呼ばれてしまうのは、複数の会社からお金を借りまくっても、返済ができないのではないかという心配を持たれるからです。

そして、「返済ができないのでは?」と心配されるだけならともかく、「借りるだけ借りて逃げるつもりでは!?」と警戒される理由になるということも確かなのです。

  • 複数の同時申し込みは絶対に避けるべき
  • どうしても申し込みたければ審査の結果が出てから次を申し込む

多重申し込みをしても分からないのでは?と思いそうですが、「申し込んだ記録」も信用情報機関に登録されることになっています。複数の申し込みをすれば、それぞれの消費者金融がほぼ同時に情報を登録することになりますよね。

そして審査の段階で信用情報機関に情報を参照すると、あなたが複数の消費者金融に申し込みをしていることがその時点で判明してしまうわけです。

ほとんどの人が悪意を持って多重申し込みをするわけではなく、単に「A社に落ちた時の保険のためにB社も申し込んでおこう!」程度の気持ちでしょう。しかし、金融業界ではご法度の申し込み方であることを覚えておきましょう。

多重申し込みが原因だった!半年ほどは新規申し込みを控えよう

審査に落ちてしまった理由が多重申し込みだと分かったら、次は同じことをしないようにするだけで、審査の通過確率がぐっと上がることは間違いありません。

ただ、申し込みのタイミングを間違えると、再び審査に落ちてしまう可能性があります。

  • 多重申し込みが原因での審査落ちの後は半年ほど新規申し込みを控える

多重申し込みが原因で落ちた人は、既に「申し込みブラック」という状態になっているわけです。そしてこの申し込みブラックの内容、つまり「多重申し込みをした」という情報は、前述の通り信用情報機関に登録されています。

いわゆる申し込みブラックの情報は、半年ほど信用情報機関に保管されることになっているため、この間に新規で申し込みをしても、審査に悪影響が出て再び落ちる可能性が非常に高くなっています。

信用情報は永遠に残されているわけではなく、情報の種類により、保管の期間が決まっています。申し込みブラックに関しては、「最後の登録から半年」が目安です。

確実に落ちると断言できるわけではありませんが、落ちる可能性が非常に高い、ということは覚えておきましょう。確実に借入をするために、半年ほどは我慢が必要です。

その他の注意点は?シンプルだけど重要、でもやってみれば簡単

その他の注意点としては、申込書の記入ミスや、提出するべき必要書類の取り違えなどになります。これは申込書を送付する前に確認すれば、ミスを防ぐことができますよね。

細かい注意点を見てみましょう。

項目 内容
申込書の記入ミス ・(手書きなら)不鮮明な文字、誤字脱字、記入忘れ
・(web画面なら)入力ミス、入力忘れ
必要書類の送付ミス ・消費者金融が指定する書類以外の送付
・コピーされた文字や写真が不鮮明
・(写真アップロードなら)ピンぼけ、光の映り込みなど

最近ではwebから手軽に申し込める消費者金融が増えています。証明書類も写真撮影の後、アップロードすれば良いというブランドもあり、かなり簡単に提出できますね。

その写真で一番多いミスが、ピンぼけや光の映り込みなどによる不鮮明な画像を送ってしまうことです。本人としては大したことがない、注意して見れば分かる、と思っても、重要書類なのでそうもいきません。

申込書の書き間違いなどはもちろん、写真送付の時にも充分気を付けましょう。これで審査に落ちてしまうのはかなりもったいないですよね。「審査に落ちた」という信用情報が、信用情報機関に2ヶ月程度残ることになってしまいます。

経験者なら自分で参照!こんな経験が審査落ちを招く

ここまでは初心者の注意点でしたが、ここからは経験者が注意するべきことについて見ていきましょう。経験から「多分これが原因だろう」と予想がついている人は改善を、「なぜか分からない」という人はぜひ参考にして下さい。

初心者がやりがちな多重申し込み等の他の理由で審査落ちになるとすると、以下のようなことが考えられます。

  • 総量規制に達している、もしくは近い借入状況
  • 他社からの借入と合わせると100万円を超える
  • 過去に金融事故を起こしている

経験者の人ならよくご存知かもしれない総量規制、年収の三分の一以上は借りられないという貸金業法の一項目ですね。既に総量規制に達している、もしくは今回の借入希望額で達する可能性があれば、審査には通りません。

また、既に他社からの借入があり、今回の借入で100万円を超えるという場合には、消費者金融ごとの判断によりますが、大抵は審査に落ちる傾向にあります。先に他社の借入を減らしておくことが一番です。

そしてここでも信用情報が関わって来るのですが、過去に返済遅延や滞納などの金融事故を起こしている場合には、かなりの確率で審査に悪影響を与えることになってしまいます。

返済遅延や滞納の記録があるからと言って、必ずしも審査に落ちるというわけではありません。ただ、記録がない人よりも、かなり不利になることは間違いありません。

審査に落ちると再び「審査落ち」という記録が信用情報機関に登録され、その後の申し込みに影響する可能性があります。信用情報機関から記録が消去されるまで、申し込みを控えることが一番でしょう。

具体的に消えるのはいつ?信用情報の保管期間

消費者金融が利用している信用情報機関は、「日本信用情報機構」です。略称をJICCといい、金融庁の許可を受けて経営する正規の消費者金融は、JICCで顧客の情報管理を行っています。

信用情報は、項目によって保管の期間が異なっています。JICCに登録された情報は、以下の年月で保管されます。

情報種類 内容 登録期間
本人特定情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証情報 他の情報が登録されている期間
契約内容に関する情報 登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額 完済日から最大5年
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞 完済日から最大5年
※ただし延滞は延滞解消日から最大1年※
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡 発生日から最大5年
※ただし債権譲渡は最大1年※
申し込みに関する情報 本人特定情報、申込日、申込商品 申し込み日から最大6ヶ月

金融事故に関わって来る情報としては、「返済状況に関する情報」が該当します。完済日から最大5年の保管となるとされています。

ただ、延滞記録の場合、延滞が解消された日(延滞分を返済した日)から1年の保管となっているため、延滞経験者の人は申し込みの時に意識してみると良いでしょう。

予想外に既に情報が削除されている可能性がありますよね。

法的整理経験者注意!自己破産は扱いが違う

金融事故の他、信用情報でチェックしておきたいのは、「取引事実に関する情報」になってきます。ここでは主に債務整理等の経験者が情報を登録されます。

いずれの情報も最大5年、債権譲渡に関しては1年で記録が消去されるため、人によってはそれほど焦る必要がないと考えるかもしれません。しかし、自己破産をした人は話が変わって来ます。

  • 自己破産は信用情報機関の他、官報にも個人情報が記載される
  • 免責されない限り最大10年は削除されない

自己破産を申し立てると、国が発行する機関誌である官報に情報が記載されます。現在はインターネットでも閲覧が可能です。

信用情報機関の情報が消えても、免責されない限り、官報には10年ほど自己破産者の個人情報が記録され続けることになります。

※免責されればすぐに削除されます。

官報を参照する人は滅多にいませんし、官報から自己破産の経歴が知られる可能性は低いのですが、気になる人はチェックしておきましょう。また、官報を審査に使う消費者金融はまずありません。この点は安心できる点です。

信用回復は誠実な利用のみ!信用情報の積み重ねこそが借入の近道!

消費者金融の審査に落ちる人は、必ず何か理由があるものです。審査に落ちた理由は教えてもらえませんので、自分で原因を探し、解消するしかありません。その時に考えられるのは信用情報です。

信用情報は金融商品を利用する限り、逃れられないものだと言っても過言ではありません。住宅ローンも車のローンにも関わって来ます。どうせ一生付き合うのなら、有効に利用できるようになった方がおトクですよね。

そのためには信用情報を綺麗にすることが一番です。方法はとても簡単。借入をしたら遅れなく返す、ただそれだけで大丈夫。まず落ちることはないだろう!と思えるくらいの自信を持って、申し込みができるようになるといいですね。