探しても絶対無理!?ブラックでもお金を借りる方法

過去の借金のせいで、今はおそらくお金が借りられないだろう…という状況の人、いませんか?いわゆるブラックという状態ですね。この立場でお金を新規で借りることは、非常に難しいと言えます。

それでもどうしてもお金が必要な時、何とかお金を借りることができないだろうか?と考えることでしょう。しかしどれだけ手を尽くしても、どこの銀行も消費者金融も審査に通ることができません。

なぜブラックはそのような扱いになるのでしょうか。違法業者に手を出す前に、改めて考えてみるべきでしょう。

【通称ブラック】心当たりがありますか?対象者はこんな人

ブラック、ブラックリストという名称は有名ですが、実は正式な呼び方ではありません。あくまで利用者や業界関係者の中での通称です。とはいえ、状態を表すにはとても分かりやすいため、一般的に知られるようになりました。

ブラックリストに載っている人=ブラック状態にある人は、主に以下のような理由でブラック扱いされることになります。

  • 短期間に何度も返済に遅れている
  • 数ヶ月以上の滞納をしている
  • 返済が厳しいと予想される多重債務状態になっている
  • 自己破産などの重大な債務整理の経験がある
  • 公序良俗に反する態度を過剰に取る

他にも細かい項目が業者ごとにあるようですが、共通でブラックと考えられるのは、大抵はこのような理由になっています。どんな事情があったとしても、これは納得の内容ですね。

返済に関することはもちろんですが、「公序良俗に反する態度」も重要です。あまりにも態度が粗暴であったり、借入金の使途が法律に反するものだった場合には、業者の判断でブラックリストに入ることになるでしょう。

ブラックで困ることは?新規借入はかなり厳しい

ブラックになってしまうと、人によってはとても不自由を感じることになるかもしれません。特にキャッシングを頻繁に利用したい人にとっては、かなりの痛手になることでしょう。

  • ブラックになると新規借入や追加借入ができなくなる
  • 業者によっては一括返済を求めることがある
  • 強制解約になり、二度と同じ業者を利用できないこともある

ブラックになると、新たな借入はほぼ絶望的となります。消費者金融のキャッシングも、銀行のカードローンも、いずれも審査に通らなくなることは疑いようがありません。

また、借入残高の一括返済を求められる時も。

特に銀行のカードローンは返済遅れ等に厳しく、この可能性が高いと言われています。

契約約款にも書いてありますので、心当たりがある人は急いで見直してみてはいかがでしょうか。

ブラック内容の度合があまりにも悪質だと判断された場合には、強制解約(業者による一方的な契約破棄)になるケースも考えられます。ブラックが解除されても同じ業者や同業会社からの借入が難しくなるかもしれません。

就業制限もアリ?ブラックだけなら大丈夫、自己破産なら要注意

「ブラックになると就職できない仕事がある」という噂を聞いたことがある人がいるかもしれません。これは一部が正解で、一部が間違っています。

  • 自己破産すると一部の職業に一定期間の就職が不可能になる
  • その他のブラック理由で制限されることはない

自己破産をすると、免責決定が通るまで、一部の職業に就職することができません。

逆を言えば、自己破産以外のブラック理由で職業が制限されることはない、という答えになります。

自己破産をすると制限がかかる職業は以下の通りです。お金や安全、公的な仕事に関する制限が多いようです。

種類 職業
士業 弁護士、公認会計士、税理士、弁理士
司法書士、公証人、行政書士
公務員 国家公安委員会委員、都道府県公安委員会委員
公正取引委員会委員、検察審査員
建築業 建設工事紛争審査委員会委員、不動産鑑定士
土地家屋調査士、宅地建物取引業者、建設業者
金融関連 日本銀行役員、貸金業者、古物商、質屋
生命保険募集員、損害保険代理店
その他 警備員、旅行業者、卸売業者、風俗店経営者

いずれも重い責任を職業、社会的地位であることが分かります。ただし一部を除けば、経営者のみが制限されるものも多いため、既にこの職業で働いている経営者以外の人が仕事を辞めるように指導されることはありません。

どこの審査も絶対無理?信用情報機関の登録期間について

「A社でブラックでもB社なら平気のはず!」「消費者金融は無理でも銀行なら!」と、つい考えてしまうかもしれません。そんな甘い考えは捨てましょう。全ての情報は信用情報機関に登録されています。

  • 信用情報機関には過去の金融商品の利用履歴が記録されている
  • 最低半年、最長で10年、記録が保管されている
  • 各金融機関は自由に閲覧することが可能
  • 記録の保管期限は信用情報機関、内容によって異なる

信用情報機関は日本に3つあります。銀行、貸金業(消費者金融)、信販会社の3種類の会社がそれぞれ利用しています。信用情報機関には、過去の金融商品の利用履歴が必ず登録されています。

この利用履歴にブラックとされる内容が登録されていれば、記録が保管されている期間の間、金融商品の審査の際には必ず分かることになってまうということです。

A社でブラックになってB社に申し込んだとしても、B社が審査の時に信用情報機関で過去の記録を参照すれば、ブラック状態であることはしっかり分かり、審査に通過できなくなるでしょう。

記録の保管期限は信用情報機関や内容によって異なりますが、最低で2ヶ月、最長で10年となっています。ブラックになってしまうような内容では、半年から2年を考えておくと良いでしょう。

完済した!信用情報機関から情報を消したい!これが結構難しい

何とか返済を終え、見事完済となると、ブラック状態からの回復を考えたくなりますよね。また、人によっては信用情報機関に個人情報が一定期間でも残されることを嫌がるかもしれません。

そんな時に考えるのは、「もう完済したんだから信用情報機関から情報を削除して欲しい!」。ところが、やはり一定の保管期限が過ぎない限り、ほぼ不可能だと言われています。

  • 完済しても一定期間(2年~5年)は個人情報が残る
  • 個人が申請してもまず消去されない
  • 弁護士等に依頼することが一番だが成功率は低い

自己破産以外は債務の返済義務があります。完済をしても、完済日から2年~5年程度(信用情報機関によって異なる)は個人情報に過去の記録が残されています。

この情報を消すために個人で消去を信用情報機関に申請しても、まず聞き入れられることはありません。信用情報の保管は法律で義務付けられているため、非常に複雑な交渉となるためです。

弁護士に依頼するケースも過去にありましたが、法律の専門家である弁護士でも成功率が非常に低く、情報が削除されたケースはほぼありません。

どうしても消去したい理由があったとしても、要望が通ることはかなり難しいと考えておきましょう。一定の期間がすぎれば必ず消去されますので、それまで待っていることが最善だと言えそうです。

ブラック逃れは結婚すればOK?今の時代はまず無理です

もしかすると、過去に「結婚すれば姓が変わるからブラックだと分からなくなる」という情報を聞いたことがある人はいませんか?確かに結婚して改姓し、データ上では別人となると、過去の記録から逃れられる時期がありました。

しかし今の時代、マイナンバーが国民全員に割り振られています。これが過去の借金逃れから難しくなる理由になると言われています。特に銀行関連は要確認だと考えられます。

2018年現在では、まだマイナンバーと金融関連商品を紐付ける法律はありません。しかし、今後はかなりのペースで紐付けの法律が制定されると予想されています。

ブラックじゃないはずなのに落ちた!ケータイの支払いに注意!

返済遅れや滞納、他社でのトラブルの経験もないはずなのに審査に落ちた、ということもあるかもしれません。そんな時には以下の理由が考えられます。

  • 申込書や証明書類に不備があった
  • 機種分割払いを含んだ携帯料金の支払い遅れが多い

まず、申込書や証明書類の不備を第一に考えましょう。これはよくあるミスです。そこまで重要なブラック要素にはなりませんので、次回は気を付けて申し込むことにしましょう。

次に考えられるのは、携帯料金の支払い遅れです。この時チェックしておきたいのは、「毎月の支払い料金に携帯電話の機種分割払いが含まれているかどうか」ということです。

携帯電話の機種分割払いは、一般的に割賦契約となり、信販会社を通すことになります。つまり、支払い状況が信用情報機関に登録されるのです。携帯料金の支払いが遅れると、信販契約の返済が遅れたと判断されます。

つまり、携帯料金の支払い遅れは、「滞納」「返済遅れ」といった、マイナス要素の情報として信用情報機関に登録され、キャッシングやカードローンの審査の際に悪い影響が出る可能性が高くなるのです。

尚、毎月の携帯料金の中に機種代の分割払いが含まれていなければ関係ありません。とはいえ、支払いに遅れれば携帯会社からの印象が悪くなりますので、できれば遅れずに支払っていきたいものですね。

間に合わない!そんな時には必ずケータイ会社に連絡を

これは携帯料金に限ったことではないのですが、どうしても支払いに間に合わない時、無断で放置してはいけません。例え再引き落とし等に間に合うとしても、毎月決められた支払い日は必ず意識する必要があります。

  • 無断の支払い遅れは信用情報機関にマイナス情報として登録される
  • 不誠実な利用者として今後の審査に影響が出る可能性がある

携帯会社のほとんどは、規定の日に支払いが滞っても、利用者に親切な再引き落としや直接振込の案内を後日送るようです。このサービスに甘え、つい規定の日を過ぎてしまう人もいるかもしれません。

しかし、確実に後日支払えるとしても、規定の支払わなかったという記録は信用情報機関に登録されます(携帯機種代の分割払いを含んでいる場合)。今後の金融機関商品の審査に影響が出てしまう可能性が非常に高くなります。

身近すぎてつい軽く考えてしまいがちな携帯電話ですが、あなたの信用に深く関わる存在であることは間違いありません。万一支払い日に間に合わない時には、支払い日の前に携帯会社に連絡をしておきましょう。

ブラック情報が消えた!すぐに借りるコツはあるのか

借りていたお金を全て返済してから一定期間が経てば、ブラックだった人も、その記録は綺麗に消去されます。これは信用情報機関が公式サイトを含め、公的な場所で明言していることですので、信用できる情報ですよね。

ブラック情報が消えれば、新規のキャッシング、カードローンをはじめ、金融商品に申し込みをしても、他の通常の利用者と同様の審査が行われるようになります。

  • ブラック情報が消えれば新規で借入申し込みが可能
  • 申し込み先には特に制限がなく、通常の審査が行われる
  • ただし過去にブラックとなった原因の業者は避けた方が良い

申し込み先に関しては、特に制限をかけられることもありません。あなたがブラックだったという記録は既になく、自己申告をしない限り、知られることもないでしょう。

しかし、過去にブラックとなった原因を作ってしまった業者からの再度の借入は避けた方が無難です。

  • 信用情報機関の情報が削除されても業者で情報が保管されていることも
  • ブラック経験の情報が審査に悪影響を及ぼすことが考えられる

いくら信用情報機関から情報が削除されても、業者で保管されている可能性は否定できません。これは業者の方針によりますので、どれくらいの期間が過ぎれば大丈夫、と言うことも難しい項目です。

業者としては「二度と取引はごめんだ!」と考えたくなるのがブラック対象者です。いくら完済して数年が経過していても、改めての利用は審査に通らない可能性が高いと考えておきましょう。

信用を積み重ねよう!中小の消費者金融で誠実な借入と返済を

ブラック経験があり、再度のキャッシング生活を考えている人にお勧めなのは、大手の消費者金融ではなく、中小の消費者金融です。特に大手の消費者金融でブラック経験があるのなら注目の存在でしょう。

  • 中小は大手よりも借入額が低くなる
  • 返済に困りにくいため、順調に返済できる
  • 結果として信用情報を積み重ねることができる
  • 将来的には大手に再度申し込めるほどの信用情報が築ける

最初に理解しておきたいのは、「中小消費者金融の審査が大手より甘いわけではない」ということです。

ネット情報などでは審査に甘いと書かれることもあるようですが、それは間違いだと認識しておきましょう。

中小のメリットは、利用限度額、借入額が大手よりも低く、借り過ぎを防げると言う点にあります。返済額も借り過ぎの状態よりは低額に抑えられるため、順調な返済が期待できますよね。

計画通り、遅れなく返済を続けて行くと、あなたの信用情報はプラス情報が積み重ねられて行くことになり、今後の審査でもかなり有利になることが考えられます。

プラス情報で埋め尽くされた信用情報を見れば、大手のキャッシング会社も審査に通しやすくなることは確実です。ブラック情報が消去されたら、まずは中小の消費者金融を狙ってみてはいかがでしょうか。

中小消費者金融の選び方は?口コミや公式サイトで絶対チェック

中小の消費者金融となると、大手と違って中々宣伝などを見かけないかもしれませんね。そこで活躍するのがインターネットです。「キャッシング」「中小」などで検索をすると、様々な情報が得られます。

  • 中小消費者金融を探す時は口コミサイト等の情報をチェックする
  • 公式サイトを持っている業者ならサイトもチェックする
  • 怪しいと思ったら関わらない

最近では、中小の消費者金融もネット上に公式サイトを開設し、質問や申し込みなどがしやすくなっています。口コミサイトなどで集めた情報と併せて、自分に合う業者を探していきましょう。

中には闇金と呼ばれる違法業者が混ざっている可能性もあります。そういった業者は大抵、見抜くポイントがありますので、そういったこともしっかりチェックして下さいね。

ブラック期間は我慢の時間!今後は更に計画性を

ブラック状態でも、特定の職業を除き、基本はお金が新たに借りられないだけです。確かに不便ではありますが、誠実とは言えない利用をしてしまったことへのペナルティだと諦めるしかありません。

しかし、ブラック期間が終われば、また普通にお金を借りることができます。自己破産以外はそこまで長い年月でもありません。今後は誠実な利用を心掛け、信用情報を積み重ねて行けば、不便は必ず解消されます。

とはいえ、一度は苦しんだブラック期間です。ストレスも相当なものだったはず。二度とそんなことにならないよう、今後はよりしっかりした計画を立てて借入をしていきましょう。