使いやすさ抜群!人気カードローン「バンクイック」は絶対オススメ!

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、金利面、使いやすさなど、全てにおいてかなりのハイスペックを誇ります。人気商品であることも頷ける内容は、さすがメガバンクの目玉商品だと言えますね。

銀行カードローンは金利が低いことがよく知られていますが、バンクイックはその中でも群を抜いた低さです。利用限度額も非常に高く、ぜひとも一度は使ってみたいもの。

バンクイックはどのような人に向いているのでしょうか。おトクなカードローンを選びたい人は必見です。

三菱UFJ銀行の目玉商品!バンクイックのスペックはかなり高い!

バンクイックはメガバンクの三菱UFJ銀行がリリースしているだけあって、日本でも有数のハイスペックカードローンです。使いやすいとの口コミも多く、内容が気になるところですよね。まずはスペックを見てみましょう。

項目 内容
商品名 三菱UFJ銀行「バンクイック」
金利 1.8%~14.6%
限度額 10万円~500万円
自行口座 不要
即日融資 不可

バンクイックが支持される最大の理由は、1.8%~14.6%と言う、銀行のカードローンの中でも低い金利だと言えます。通常の銀行カードローンでも、最低金利が2%、最大金利が15%を割る商品は滅多にありません。

限度額に関しても10万円~500万円と幅広く、必要な分を必要なだけ、自分の信用に合わせた無理のない借入をすることが可能です。返済計画を立てやすい商品だと言えますよね。

銀行のカードローンは自行口座が必要な商品も多いのですが、バンクイックの場合、事前に三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても、問題なく利用することができます。

即日融資は不可能ですが、これは銀行の商品としては割り切るべき部分です。とはいえ、審査結果次第では翌営業日からの融資が可能ですので、急ぎの際に役に立ってくれるカードローン商品であることは間違いありません。

安定した収入があればOK!幅広い人が使えるバンクイック

次に申し込み資格を見てみましょう。基本的に銀行のカードローンは審査が厳しめで、申し込みの段階で利用できる人、できない人が分かることも少なくありません。バンクイックではどのような人が対象となっているのでしょうか。

  • 20歳以上65歳未満
  • 安定した収入がある人
  • パート、アルバイト等、非正規社員でも申し込み可能
  • 専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込み可能
  • 担保・保証人不要

バンクイックの申し込みは、上記の条件を満たしていれば問題ありません。信用情報の内容次第では審査に通らないこともありますが、特に事故の経験がないのであれば、審査に通過する可能性が高いと言えます。

以前は非正規社員や専業主婦はカードローンの審査に通らないと言われていましたが、働き方が多様化している現代はそうでもありません。やはり信用情報次第で審査に通過することができます。

特に専業主婦は無収入であるため、審査の心配をする人も多いのですが、バンクイックでは「配偶者に安定した収入があれば申し込める」という規定を定めていますので、安心して申し込んでみましょう。

持っていて損はない!バンクイックは三菱UFJ銀行の自信作!

三菱UFJ銀行では以前、「三菱UFJ銀行のフリーローン(目的別ローン)」という商品を展開していました。バンクイック同様、低金利で利用できる便利な商品だったのですが、現在は廃止されています。

現在ではフリーローンに代わり、バンクイックをメインとして、カードローン業務を展開しています。

元々あった人気商品を廃止し、バンクイックに注力するほど、三菱UFJ銀行はバンクイックに力を入れているわけですね。

申し込みから借入、返済まで、バンクイックは痒いところに手が届くスペックを持っています。メガバンクならではのカードローン商品をとことんまで使い倒してみてはいかがでしょうか。とことんまで使い倒してみてはいかがでしょうか。

メリットは?デメリットは?幅広い人が手軽に使える嬉しさ!

「カードローンなんてどれも同じでしょ?ちょっと金利が低いくらいでしょ?」と言いたくなるほど、最近はカードローン商品が溢れています。しかしバンクイックはメリットとデメリットがはっきりしているため、選びやすさが高いのです。

カードローンを選ぶ時、人によって条件は異なって来ることでしょう。金利の低さや限度額を重視するか、借入のしやすさ、返済方法など、ライフスタイルで選んで行くことも多いはず。

バンクイックの場合、メリットもデメリットもしっかりと分かる商品内容となっています。メリットを受けられる人が積極的に申し込めて、デメリットが大きいと思った人は避けられるということも、ある意味ではメリットですね。

【メリット】利便性は随一!低金利でスピード融資を実現

バンクイックのメリットは、何と言っても利便性、低金利です。素っ気ないようにも思えますが、お金を借りる時にはこの2つがかなり重要ではないでしょうか。

  • 低金利で利用できる
  • 審査が早く最短で翌営業日に利用可能
  • 三菱UFJ銀行の口座があれば振込融資も可能
  • 提携ATMの手数料が無料
  • 返済方法が選択できる

低金利で利用できることがまず最大のメリットですが、銀行カードローンの中では審査が早いことも特徴的です。三菱UFJ銀行内のテレビ電話窓口でローンカードを受け取れば、審査通過次第、すぐに借入をすることができます。

郵送でローンカードを受け取る場合、最大で一週間程度かかってしまうため、テレビ電話窓口で受け取れない人は口座の振替融資を利用すると良いでしょう。三菱UFJ銀行の口座が必要ですが、申し込み時に開設手続きをすればOKです。

また、提携ATMの手数料が無料ということも嬉しいポイントです。自行ATMの手数料は無料でも、提携ATMでは所定の手数料が必要となる銀行カードローンが多い中、バンクイックは例外的に提携ATMも手数料無料です。

提携ATMは日本全国に設置されています。現代で特に活躍するのはコンビニATMではないでしょうか。メンテナンス時間以外は365日24時間利用できる最強の存在です。

返済方法が選択できることも大きなメリットです。振込や口座振替、ATMからの返済を選べます。自由度が高く、都合に合わせた返し方ができるのは地味に嬉しいことでしょう。

また、バンクイックでは所定の35日ごとの返済日の他、利用者が返済日を自由に設定できるシステムを採用しています。給料日に合わせた返済計画を立てやすく、健全な借入と返済ができる優れた方法です。

35日ごとの返済を選択した場合、見逃せないメリットとしては、「一年間の返済回数が11回になる」という部分でしょう。

家計と相談し、上手に使って行きたいサービスのひとつです。

【デメリット】人によっては困るかも…在籍確認や証明書類について

メリットだけではなく、デメリットもしっかり把握しておきましょう。以下は公式サイトで確認できる情報から分かるデメリットです。

  • 電話による在籍確認が必ず行われる
  • 利用できる収入証明書が限定されている

デメリットとして考えられるのはこのような項目になります。まず在籍確認ですが、これは嫌がる人も多いですね。職場に銀行からの電話がかかってくるため、腰が引けてしまうようです。

とはいえ、電話を掛けて来たスタッフが「借金のお申し込みの件で」と言うわけではありません。本人以外にはカードローンの申し込みだと分からない会話で在籍確認が行われますので、デメリットと言うほどではないかもしれませんね。

50万円以上の借入を希望する人は収入証明書が必要となります。

他行なら給与明細も利用できるのですが、バンクイックでは給与明細を収入証明書として提出しても無効となってしまいます。

バンクイックで利用できる収入証明書は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書

申し込みの時に給与明細しかない!と言う場合には、役所で住民税決定通知書を発行してもらうことが最善です。当日中に入手できますので、仕事の昼休みにでも足を運べますよ。

源泉徴収票は会社の経理さんに言えば発行してもらえますが、プライバシーを気にする人は避けておいた方が賢明かもしれませんね。

困った時にスピード対応!申し込みから返済まで簡単にできる!

バンクイックの申し込み方法から返済方法までをチェックしてみましょう。申し込みの段階から利便性が高いことが分かります。

申し込み方法 メリット デメリット
web申し込み 24時間いつでも申し込みができる ローンカードの受け取りが基本郵送になるためスピード融資が難しい
テレビ電話窓口 その場でローンカードが発行される(要運転免許証) 運転免許証がなければローンカードが受け取れない
電話申し込み 分からない点をその場で解決してもらえる ローンカードは後日郵送となる

申し込み方法はweb申し込み、テレビ電話窓口からの申し込み、電話申し込みの3種類が用意されています。書類郵送による申し込みは受け付けていませんので注意しましょう。

いずれもメリット、デメリットがあります。特にローンカードがすぐに受け取れるかどうかを重視する人は、運転免許証を持ってテレビ電話での申し込みを選択することが一番です。

ローンカードがなくても、審査に通過すれば、振込融資が受けられることは先にご説明しました。三菱UFJ銀行の口座が必要となりますので、融資を急ぐ人は口座開設手続きも申し込み時に行っておくと良いでしょう。

審査結果そのものを当日に知ることはできません。早くても翌営業日となりますので、急ぎの場合には週末や連休を避けたタイミングを狙いましょう。

借入はどうやるの?ATMか振込で手軽にスピーディ!

バンクイックの借入方法は2種類です。ローンカードを使ってATMから借入をする方法、インターネットの会員ページから振込依頼をして口座に入金してもらう方法です。

利用できるATMと利用可能時間帯は以下の通りです。

項目 銀行ATM 提携ATM
利用可能ATM 三菱UFJ銀行ATM セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、e-net
利用可能時間帯 0時10分~23時50分
※毎週月曜日の1時~5時、毎月第2土曜日の21時~7:00は不可
0時10分~23時50分
※毎週月曜日の1時~5時、毎月第2土曜日の21時~7:00は不可
利用手数料 全日・全時間帯無料 全日・全時間帯無料

三菱UFJ銀行をはじめ、主要なコンビニATM全てで利用することができます。メンテナンス時間以外はほぼ24時間利用が可能ですし、手数料も一切かかりません。

気を付けておきたいことは、「上記のATM以外では利用できない」と言う点です。提携ATMと言うと、つい他行のATMも使えるような気になりますが、バンクイックでは三菱UFJ銀行以外の銀行ATMを利用できないことになっています。

口座振込サービスも便利!入金タイミングに要注意

次に口座振替ですが、ATMに足を運ぶ人時間がない人に最適です。ネットからの手続きと電話での手続きが可能ですが、少し注意するポイントとして、入金のタイミングについてチェックしておきましょう。

  • 平日14時以降の振込依頼は翌営業日の入金となる
  • 振込サービスを初めて使う場合は入金までに時間がかかる
  • 2回目以降は約30分以内に入金される

ネットからの手続き、電話からの手続き共に、このような注意ポイントがあります。

平日14時以降に振込依頼をすると、口座への入金が翌営業日になる点は最大の注意点だと言えますね。

土日や祝日、連休を挟むと、入金までにかなりの時間を要することになります。この場合はローンカードでATMからの借入をした方が良いでしょう。

また、初回の振込依頼は入金までに時間がかかります。平日の午前中に申し込みをしても、何時に入金されるかは断言できません。ただ、14時前であれば当日中に振り込まれますので、余程の急ぎでなければ問題なさそうです。

尚、2回目以降の振込依頼は、審査に問題がなければ30分以内に入金されます。

返済方法は3種類!ATM手数料はやっぱり無料!

バンクイックの返済方法は3種類用意されています。それぞれのメリット、デメリットを見て、ライフスタイルに合わせた方法を選択しましょう。

返済方法 メリット デメリット
自動支払い
(口座引き落とし)
毎回の支払い忘れを防ぎやすい 申し込み時、別途で引き落とし手続きが必要
ATM返済 時間帯を気にせず返済しやすい コンビニATMでは硬貨の入金ができない
三菱UFJ銀行ネットバンキングから振込 時間帯を気にせず返済しやすい 他行のネットバンキングからは入金できない

毎月決まった日に必ず入金がある口座(給与口座など)を持っているのであれば、自動引き落としが便利です。別途で引き落とし手続きが必要ですが、バンクイック申し込みの時に並行して行うことができます。

ATM返済は借入と同様、時間を気にせず、手数料無料で利用できることがメリットです。ただ、コンビニにある提携ATMでは硬貨を入金することができません。端数はお釣りとして返って来ますので、一括返済以外は問題なさそうですね。

三菱UFJ銀行のネットバンキング(三菱UFJダイレクト)を利用した返済も便利です。こちらも時間や日にちを気にする必要がありません。

しかし、他行のネットバンキングから返済できないことだけは注意しておきましょう。

初心者でも安心!使いこなせばメリット大のバンクイック!

バンクイックは日本の三大メガバンクである三菱UFJ銀行がリリースしているだけあって、非常に充実したスペックを持っています。申し込みから返済まで選択の幅が広く、理解した上で利用すれば、かなりおトクな借入ができるでしょう。

特にテレビ電話窓口での申し込みは、その場でローンカードが発行されるというメリットがあります。カードを自宅に届けられたくない人や、審査に通り次第すぐにATMから借入をしたい人には最適です。

他にも様々なメリットがあるバンクイック。メリットだけではなく、デメリットにも目を向けて、ぜひ便利に、おトクに使いこなしてみて下さいね。