在籍確認なしはダメ!お金を借りるときの基本的知識

キャッシングやカードローンの審査で、多くの人が何となく敬遠したくなるのが在籍確認だと言われています。勤務先に連絡をするという内容の審査の一環ですが、プライバシーに対する不安を持つ人も少なくないようです。

できれば在籍確認なしで審査を終えたいかもしれません。しかし、消費者金融も銀行も、ほぼ確実に在籍確認を行います。これが原因でキャッシングの申し込みを躊躇っている人はいませんか?

最近はプライバシーに配慮し、様々な在籍確認事情が展開されています。躊躇っている人はぜひ、一度確認してみて下さい。

在籍確認はなぜ必要?あなたの信用の最終確認

ネットで検索してみると、「在籍確認なしで借りたい」「在籍確認をされたくない」と言うコメントを多く見かけるかもしれません。これはプライバシーを重視する人なら最もな要望です。

  • 勤務先に金融機関から電話が来るのが恥ずかしい
  • 勤務先の人や家族に借金の申し込みが知られてしまうのでは?

在籍確認を嫌がる人は、このような心配をしていることが多いようです。

しかし、在籍確認はキャッシングやカードローンの審査において、非常に重要な意味を持つプロセスのため、どの金融機関でも必須となっています。

と言うのも、在籍確認には以下のような意味があるからです。

  • 本当に在籍しているかどうかの証明
  • 本人以外が偽造書類や盗難書類で申し込みをしていないかの確認

まず、本当に在籍しているかどうかを証明するということが第一の理由です。もしも無職の人が勤務先を偽って申し込みをしていたら、安定した収入が期待できず、貸し倒れになってしまうかもしれません。

もうひとつは犯罪防止のための手段として使われます。身分証明書やその他の書類を偽造したり、もしくは盗んだりして身分を偽り、他人名義で借金をしようとする犯罪がないとは言えないからです。

特に後者の犯罪防止は重要です。もしも他人に名義を使われて借金をしても、それが証明できない限り、あなたに返済義務が発生してしまう可能性が高くなってしまいます。

このような危険性を避けるためにも、職場への在籍確認は絶対に必要なのです。

プライバシー厳守はお約束!安心して電話を待とう

犯罪防止のためには仕方ないとしても、でもやっぱり職場に電話がかかってくるのは…とまだ悩む人は、金融機関を少し信用してみましょう。在籍確認は長い間行われて来たことです。金融機関側も最大の配慮をしてくれます。

  • 本人以外が電話に出ても金融機関名を名乗ることはない
  • 銀行では名乗ることもあるがカードローンとは言わない
  • 消費者金融のほとんどが個人名で電話をかけてくる
  • 本人以外に用件を聞かれても内容を話さない

職場への電話は、申し込み者本人以外が出ることもありますよね。そんな時、電話のオペレーターは決して金融機関名を名乗ることはありません。ほとんどが個人名で電話をかけてくれます。特に消費者金融では徹底されています。

銀行カードローンの場合、もしも銀行名を名乗られてもカードローンの在籍確認とは言いませんし、銀行からの用件は他にも多いため、邪推する人も少ないはずです。また、銀行によっては個人名で対応してくれるようです。

中には気を利かせて(?)オペレーターに用件を聞いてくれる人がいるかもしれませんが、そんな時でもオペレーターは在籍確認であると告げることはなく、上手に対応してくれます。

このように、在籍確認の電話が来ても、プライバシーに関して心配することは全くと言って良いほどありません。これで「借金の申し込みだ!」と勘付く人は、常人離れした勘を持っているか、もしくは経験者のどちらかでしょう。

派遣の人はどうなるの?在籍確認先は「派遣元」です

派遣会社に登録し、それぞれの派遣先で働いている人は、どこに在籍確認をされるのでしょうか。たまに間違える人がいるのですが、これは派遣先ではありません。

  • 派遣社員の在籍確認は派遣元に行われる

派遣社員の場合、在籍確認の電話は派遣元、つまりあなたが派遣スタッフとして登録している人材派遣会社にかけられることになります。

もちろん、この時にもオペレーターが在籍確認であると言うことはありません。派遣会社のスタッフの人が電話に出ても、安心していられますよね。派遣社員の人でも在籍確認に対して心配することはほとんどありません。

ただ、派遣会社によっては在籍確認などの外部からの電話に対し、一定のルールを設けていることがあります。登録人数が多い大手派遣会社などでは、事前に外部からの電話が来ることを申請しておかなければならないことも。

外部からの電話の申請が必要な派遣会社に登録している人は、この点に注意しておきましょう。申請をしなかった場合、電話がかかって来ても派遣スタッフが対応してくれないことがあるようです。

それでも嫌なら相談を!融通が利くこともある在籍確認

プライバシーが守られることは分かりましたが、それでもどうしても不安と言う人は、何とか融通を利かせてくれる借入先を探した方が良いでしょう。中には在籍確認に対し、かなり柔軟な金融機関があります。

  • 銀行カードローンの在籍確認はあまり融通が利かない
  • どちらかと言うと消費者金融の方が融通が利く
  • 融通を利かせてもらうためには事前に相談する必要がある

銀行のカードローンは、銀行というお堅い性質上、あまり融通が利かない部分があります。はっきりと在籍確認です!と言うわけではありませんが、電話以外の在籍確認を基本的には認めていないことがほとんどです。

対して消費者金融のキャッシングでは、銀行よりも柔軟な対応をしてくれることが多くなっています。

在籍確認の相談って?在籍確認がなくなるわけではありません!

口コミ等をチェックすると、電話以外の方法での在籍確認をしてくれるキャッシングブランドもある、というものを見かけます。職場への電話を避けたいという人には嬉しい情報ですよね。

ただし、これは申し込み者が自分で申請する必要があります。キャッシングブランドの公式サイトなどでチェックすれば分かるのですが、在籍確認について要望がある人は、大抵は申し込み直後に直接電話をする必要があるとされています。

また、ここで最も重要なのは、いくら相談したからと言っても、在籍確認そのものがなくなるわけではなく、あくまで「融通を利かせてくれる」ということに過ぎません。

とはいえ、職場への電話をされるよりはずっと気分は楽になるはずです。どのような方法で在籍確認の相談に応じてくれるのか、次項で詳しく見てみましょう。

大手キャッシングブランドの在籍確認は?電話以外はコレ!

在籍確認の相談に応じる、と公式サイトで明言しているのは、ほぼ大手消費者金融のキャッシングブランドになっています。多くの要望に対応できるのは、やはり体力のある大手が有力のようですね。

在籍確認の相談をすると、電話以外での在籍確認方法を教えてもらえます。あなたが対応できるのであれば、その方法を選択すると良いでしょう。

ブランド名 相談のタイミング 在籍確認方法
アコム 申し込み直後に電話 在籍を証明できる書類の提出
アイフル 申し込み直後に電話
※ネット申し込みは折り返しの電話があるため、そこで相談することができる
在籍を証明できる書類の提出
プロミス 申し込み直後に電話
※「カンタン申し込み」は折り返しの電話があるため、そこで相談することができる
相談時に指定される方法での確認
SMBCモビット 申し込み直後に電話 ・「web完結」申し込みは元から電話での在籍確認なし
・その他の申し込みは相談時に指定される方法での確認

いずれも有名なキャッシングブランドですが、在籍確認に対して、どこも柔軟な姿勢を打ち出していることが分かります。共通の最重要ポイントは「申し込み直後の電話」ですね。

ブランドや申し込み方法によっては、表にある通り、申し込みの後にブランド側が電話をかけてきてくれますが、それ以外は自分から電話をする必要があります。

また、SMBCモビットの「web完結」からの申し込みであれば、電話への在籍確認が行われないようになっています。とはいえこの申し込み方法は準備書類が非常に多く、結果として電話で相談する手間と変わらないかもしれません。

いずれにせよ、在籍確認は決してなくなりません。電話で相談するのも気が重いと感じる人もいるかもしれませんが、これで融通を利かせてもらえるのなら、勇気を出して相談してみてはいかがでしょうか。

他の消費者金融は無理?ダメで元々、事前に相談もアリ

ご紹介した大手のキャッシングブランド以外の消費者金融で、電話以外の在籍確認はできるのでしょうか。これに関しては、それぞれの消費者金融で異なるとしか言いようがありません。

一番良いのはご紹介したブランドに申し込むことなのですが、別の消費者金融を利用したいという場合には、質問、確認してみることが最も安心できる方法だと言えるでしょう。

確認するのであれば、申し込みの「前」に質問すると良いでしょう。申し込みの後では間に合わず、勤務先に既に電話をかけられているかもしれません。他にも分からないことがあれば、そこで質問できる良いタイミングだとも言えますね。

これで在籍確認も安心?場合によっては電話必須になることも

消費者金融の大手ブランドでは、ご紹介した通り、在籍確認について相談できることが分かりました。これでほとんどの人は、職場への電話でプライバシーが脅かされることがないと安心できたことでしょう。

しかし、いくら相談に応じてもらえたとしても、実際には職場に電話がかかってくることがあります。

  • 審査の内容次第では最終的に電話での在籍確認が行われることもある
  • 他社からの借入が多い人、信用情報が思わしくない人は特に注意
  • その他の人はほぼ心配する必要はない

審査の内容としては、在籍確認の前に様々な個人情報をチェックすることになります。この時に問題がなければ在籍確認に入る、というキャッシングブランドが多いようです。

しかし、もしも個人情報の審査で、他社からの借入が多すぎたり、信用情報で過去にトラブルを起こしているということが明らかになれば、相談した方法での在籍確認ではなく、職場に電話をせざるを得ないという状況が発生します。

心当たりがある人は注意しておきたい項目ですね。ただ、心当たりがない人であれば、その心配は全くありません。相談した通りの方法で在籍確認をすませることができるでしょう。

在籍確認は怖くない!事前の情報収集と相談で何でも解決!

嫌がる人が多い在籍確認ですが、このように、相談次第で融通を利かせてもらえるキャッシングブランドは多々あります。

相談のタイミングさえ逃さなければ、即日融資にも対応してもらえることがほとんどです。

最初から電話での在籍確認を行わない申し込み方法を採用しているブランドもありますし、事前に情報収集をすることによって、悩みはほとんど解決できるのではないでしょうか。

もしも不明な点があれば、申し込み前に質問をしてみるのも建設的、効果的だと言えます。質問や相談は、人によっては勇気が必要かもしれませんが、必ずあなたの不安を解消してくれます。ぜひ実行してみて下さいね。