借入金利は利息に直結!使い方次第で断然お得に!

借入をすれば必ず発生するのが利息。その利息を計算するのが、借入金利というものです。金利がなければ利息が発生することはありませんが、それでは金融機関が利益を出すことができません。

人によってはこの金利に頭を抱えることがありますが、借入をする以上、絶対に避けて通れないものです。健全な返済計画のためにも、金利について知っておくことは重要だと言えるでしょう。

金利で利息を出す方法や、低い金利の商品を利用するためにはどうすれば良いのか。よりおトクな借入をするためにも、抑えておきたいポイントです。

金利で利息を計算する!法定金利で安心安全!

金利は利息を計算するために設定される数値です。金利が高ければ利息も高くなると言う、分かりやすい関係になります。この金利は法律で設定範囲が定められているため、利用者は安心して借入をすることができるのです。

  • 金利は法律で上限が決まっている
  • 上限金利以上での金利を用いた貸付は法律違反となる

法定金利は借入額によって厳密に決められており、違反した金利を設定する業者は法律違反とされ、国に厳しいペナルティを課せられることになります。

このため、どの業者も真剣に金利を守っています。守っていない業者は違法業者、闇金だと言っても差し支えありません。

ただ、いくら業者側が金利を守っていたとしても、利用者が返済能力を超えた無謀な借入を繰り返せばトラブルになりかねません。金利と利息の関係を理解し、上手に借入をしていくことが重要ですね。

利息はどうやって計算するの?簡単な計算式で事前チェック可能

借入をする前に金利を知り、発生する利息を知っておくと、より安定した返済をして行くことができます。返済計画を立てるためにも、利息の求め方を知っておくと良いでしょう。

【借入金額×金利(実質年率)÷365日×借入日数=利息】

利息はこのような計算式で導き出すことができます。うるう年の時には366日で計算をする必要があります。

借入日数とは、一ヶ月ごとに返済日が来るのであれば、30日、あるいは31日で計算します。最近ではそれ以上、またはそれ以下の日数のサイクルで返済日を設定できる商品もありますので、各自で必要な日数を入れて下さいね。

利息がもったいないと思うのなら、前倒しでどんどん返済し、元金と借入日数を減らして行くという手段もあります。理解と使い方次第でおトクに借入ができるのが、この金利計算と言えそうですね。

低金利商品だけが魅力?借入額と借入日数によっては話が変わる!

お金を借りるなら、低金利の商品を求めるのは自然な考え方です。おトクに借りたいと言う人なら、まず低金利商品を探すことでしょう。しかし、借入日数によっては、必ずしも低金利商品だけが魅力ではないとも言えるのです。

  • 低金利が適用されるのは高額借入であることが多い
  • 返済日数によっては高金利でも低金利商品と利息が変わらないことも

低金利商品は確かに魅力的ですが、実は借入総額が低ければ低いほど、金利は高く設定されるようになっています。これも法律で許可されていることですので、違法だと考える必要はありません。

もし低金利の商品でも、借入額によっては高額の金利になる可能性があります。対して高金利の商品でも、やはり借入額によっては、低金利の商品と同程度の金利となり、利息の総額が同じ程度になることがあるのです。

あなたが借入したい金額の高低や予定返済日数によっては、金利計算をもう一度試してみてもいいかもしれません。意外にも高金利の商品もおトクに使える可能性がありますよ。

低金利で借りるには?商品選びが最初の一歩!

それでもやっぱり低金利の借入商品は魅力的です。まず、低金利のカードローン商品、キャッシング商品を探してみる人も多いのではないでしょうか。もちろん、それもおトクの第一歩ですよね。

  • 低金利商品は銀行カードローンに多い

銀行は低金利の商品が多く、カードローンもその代表格です。消費者金融でキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠と比較すると、数%もの差がついていることがあります。

ただ、銀行のカードローンは審査が厳しいと有名です。また、営業地域によっては申し込みができないこともあります。自分に合った低金利のカードローンを見付けるには、少し努力が必要になるかもしれませんね。

低金利でも要注意?銀行カードローンも高い利息になる可能性

低金利が魅力の銀行カードローンですが、借入額や借入期間によっては、予想外に高い利息が発生することも考えられます。先に少し触れた通り、金利は借入額の高低で左右される性質があるからです。

あまりにも利息が高くなってしまいそうな時は、無理に銀行のカードローンを求めなくても良いかもしれません。

高金利と言われがちな消費者金融のキャッシングでも、借入額等によっては銀行カードローンと同等になることもあるのです。

  • 必ずしも消費者金融を避ける必要はない
  • 借入額と返済日数を比較し、差がなければ消費者金融も選択肢に入れる
  • 消費者金融は利便性が高く、商品によっては即日融資ができるメリットも

消費者金融と言うと、古い時代のイメージから、何となくハードルが高そうな印象を持つ人もいるようです。特に高齢者にはそんな人も多いでしょう。

しかし最近の消費者金融は、利用者側の負担にならない方法で貸付をし、場合によっては銀行カードローンよりもおトクに使えるケースが少なくありません。

高金利でも借りたい理由は?消費者金融の利便性に注目!

金利が高いと言われているのに、消費者金融で借りたい人は後を絶ちません。その理由のひとつとして、消費者金融には銀行などにない利便性が期待できるという点が挙げられます。

  • 消費者金融は利便性が高く、借入、返済がしやすい
  • 高金利は利便性の手数料だと考えることもできる
  • 借り方によっては銀行カードローンと変わらない利息

消費者金融は貸付専門の企業だけあって、利用者が借入や返済をしやすい環境を整えています。銀行のカードローンよりも利便性が高いと言われるほどです。

金利が高いことは確かに事実ですが、利便性の手数料として考える人も多く、無理のない範囲で利用するのであれば、ストレスなくキャッシングをすることも可能なのです。

そして先にも触れている通り、借り方によっては銀行カードローンと同程度の利息で収めることもできます。

こうなってくれば、高金利商品、低金利商品ということだけで選ぶのではなく、ライフスタイルや好みと照らし合わせて考えて行くことができそうですよね。

金利以外で注目するべきポイントも!無利息期間は絶対使う!

商品を選ぶ際、絶対に抑えておいた方がおトクだという項目として、「無利息期間」が挙げられます。広告などで目にしたことがある人も多いでしょう。近年、かなり人気を集めているおトクなサービスです。

  • 商品によっては借入から一定期間利息が発生しないサービスがある
  • サービス期間中は元金だけを返済すれば良い
  • 期間中に元金を完済すれば完全に利息ゼロで借入したことになる

全ての金融商品ではないものの、一部のキャッシング商品、カードローン商品では、企業側が決めた日数の間であれば、金利を0%として計算し、一切の利息を取らないというものがあります。

決められた日数を過ぎれば借入残高に対して規定の金利がかかることになりますが、それまでに借入金額を全額返済するなり、元金を減らすなりしておけば、最終的にかなりおトクに使うことができますね。

この無利息期間サービスは、各企業によって日数や適用条件が異なります。気になる人はぜひ細かくチェックしていきましょう。

無利息期間がある商品は?多くはキャッシング商品で!

無利息期間サービスを提供している商品の多くは、2019年現在、消費者金融のキャッシングで見かけることができます。特に大手のキャッシングブランドでは積極的に宣伝し、力を入れている分野です。

  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • レイクALSA

この4つのキャッシングブランドは、無利息期間を提供する商品の中でも特に有名で、初めてお金を借りるならまずはここで!と言われるくらいにおトクな商品となっています。

ただ、無利息期間の適用には、それぞれのブランドで決められた条件を満たす必要があります。いずれも難しいことではないのですが、不注意で適用を逃してしまうこともあるため、情報収集は必須だと言えるでしょう。

少数でも銀行カードローンで発見?これからの期待大!

ほとんどの無利息期間サービスは消費者金融で提供されているのですが、最近では銀行カードローンでもぽつぽつと見られるようになっています。大手銀行よりは中小の地方銀行での試験的な取り組みのようです。

また、無利息とする方法が消費者金融とは少々異なり、後日該当金額分をキャッシュバックするという方法が用いられています。

銀行カードローンのメリットは、使い方次第で低金利の借入ができると言う点にあるのですが、ここに無利息期間がプラスされたら信じられないくらいのおトクな借入が可能になりそうです。

まだまだ試験的な段階ではありますが、これからの展開に期待したいところですね。

情報収集が命!借り方次第で高金利でもおトクになる!

結局のところ、高金利商品も低金利商品も、それぞれに魅力的な特徴があることが多く、どちらが良いとは一概に言いにくい状況です。様々な条件から選んで行くことがベストと言えそうです。

ただ、金利から利息を計算する意識だけは、いつも持っていた方が良いでしょう。よりストレスのない、スマートな借入をすることに繋がります。

借入額と金利の関係、返済日数の予定の立て方など、多くの条件を考えて、あなたが一番便利に借りられる方法を探して行きましょう。

借入金利の考え方、計算方法

すぐ返すほどおトクになる?キャッシングの賢い返済方法とは

キャッシングをはじめ、お金を借りれば必ず利息が発生します。これが金融業者の利益となるわけですね。ところが借りる側としては、この利息に案外頭を悩ませるものです。 「利息を安くするなら金利が低...

消費者金融は利息のみ返済でもOK?困った時の乗り切り方!

今月の返済がどうしても苦しいと思った時、あなたはどんな手段を取りますか?返済のために他社から借入するのは多重債務への第一歩だし、かと言ってお金はないし…。 そこで非常手段として考えてみたい...

フリーローンは計画借入に最適!キャッシングとの違いとは

フリーローンは借入方法のひとつです。キャッシングやカードローンもフリーローンの種類に入りますが、元々は銀行の限定的な商品として取り扱われていました。 従来のフリーローンの性質は、何度も借入...

気が付けば大損に?遅延損害金は予想以上のペナルティ!

決められた返済日までに入金ができなければ、残念ながら遅延損害金が発生してしまいます。契約約款に記載されていますので、どんな場合でも免れることができません。 借入金額によっては、ほんの数百円...

低金利?スピード審査?銀行のお金の借り方にはコツがある!

お金を借りる時、重視するのは何ですか?低金利でしょうか、それとも即日融資融資でしょうか。どちらも事情やライフスタイルによって正しい選択になるでしょう。 低金利を求めるのなら、やはり銀行で借...

無利息期間を使いこなせ!おトクなキャッシングのコツをチェック!

キャッシングの利息、地味に高い!と思う人はいませんか?ほとんどの人が感じていることでしょう。「できれば無利息、できるだけおトクに借りたい!」と考えるのも当然です。 最近では、消費者金融のキ...

質屋のお金の借り方は?利息計算に要注意!

カードローンやキャッシングを使う気分ではない、でもすぐに現金が必要…。そんな時、あなたが考えるのはどんな方法でしょうか。 最近では銀行や消費者金融がメインになっている借入ですが、昔ながらの...

キャッシングの金利は変わらない?返済方法で選べる負担の度合い

キャッシングの金利は最大で18%。この上限金利で借りている人も、もしくはもう少し低い金利で借りている人も、やはり金利から発生する利息や月々の負担には悩むものですよね。 銀行では変動金利制が...

金利がやばい!?リボ払いの思わぬ落とし穴と安全な使い方

リボ払いは利用者が多いものの、使い方を間違えると非常に厄介な事態にもなりかねない返済方法です。口コミなどを探してみても、困った経験談を話している人が少なくありません。 もちろん貸金業法に則...

借金踏み倒しのデメリットと確実にローンを完済するコツ

消費者金融のキャッシングも銀行のカードローンも、申し込みの時には様々な条件があります。特に金利面を気にする人も多いでしょう。でも、納得したからこそ申し込んでいるということが大前提ですよね。 ...