金利がやばい!?リボ払いの思わぬ落とし穴と安全な使い方

リボ払いは利用者が多いものの、使い方を間違えると非常に厄介な事態にもなりかねない返済方法です。口コミなどを探してみても、困った経験談を話している人が少なくありません。

もちろん貸金業法に則った返済方法ですから、違法性は一切ありません。それでも失敗談が後を切らないのは一体どうしてなのでしょうか。

リボ払いはどのような危険性があるのでしょうか?リボ払いの性質や気を付けたいポイント、賢い使い方をマスターしましょう。

リボ払いは何がやばい?注目するのは手数料!

リボ払いの性質は、分割払いに非常によく似ています。しかし実は根本的に異なるものであり、その性質をよく理解しておかないと、支払い総額が思った以上に高くなってしまうことも珍しくありません。

リボ払いの代表的な特徴と、有名なメリット、デメリットを簡単にまとめると以下のようになります。

項目 内容
毎月一定の金額を返済する 利用残高に関わらず一定額の返済となる
追加で利用しても返済額は変わらない
手数料が発生する 利用残高に対して手数料が発生
毎月元金にプラスして手数料を支払う
メリット、デメリット 毎月の家計管理がしやすい
家計が厳しい時には支出を抑えられる
手数料が高く、返済総額が高くなる
返済期間が長くなりがち
返済額が低いため金銭感覚が狂うことも

手数料とは、いわば金利(年率)にあたります。キャッシングやショッピングの時にリボ払いを選択すると、手数料という名称で金利計算され、利息が算出されることになります。

返済額を一定にしやすいリボ払いは、家計の管理をしやすい返済方法だと言う人もいます。また、返済額を低額に設定できる商品も多いため、家計が厳しい時には助かるというメリットがあるでしょう。

しかし、リボ払いは返済期間が長くなりがちな特徴もあったり、毎月の返済額の低さのため、金銭感覚が狂ってしまう人があるという面も有しています。

2種類のリボ払い!どちらもよく管理して使うこと

リボ払いは2つの種類が用意されています。借入残高によって返済額が変わる残高スライドリボルビング払い(以下残高リボ)、借入残高に関わらず、返済額が一定である定額リボルビング払い(以下定額リボ)です。

  • 残高リボは借入残高の増減によって月々の返済額が変わる
  • 定額リボは借入残高に関わらず完済まで返済額が一定

残高リボの特徴としては、借入残高の増減により、返済額が変わってくるという点が最も有名です。例えば借入残高が10万円なら最低返済額が4,000円、20万円なら8,000円等、各社によってそれぞれ決められています。

対して定額リボの場合、借入残高によって返済額が変わることはありません。各社が規定している最低返済額を月々支払えば良いため、追加借入や返済によって利用残高が変わっても、家計からの支出は一定のままです。

リボ払いの注意点!金銭感覚が狂ったら利用をやめる勇気を!

リボ払いのメリットは、家計の管理が楽になりやすいという点にあるかもしれません。しかしデメリットも確実に存在している以上、利用には充分な注意が必要となります。

  • 返済額が低額、一定のため、利用残高について考えなくなることも
  • 利用残高を気にせず追加借入やショッピングをしてしまう
  • いつまでも返済が終わらない可能性がある
  • 他の返済方法より手数料が高く、完済時の返済総額が高額になる

返済額が毎月変わらなかったり、あるいは家計に対して低めの金額だった場合、つい利用残高について考えずに新たなカード利用をしてしまうかもしれません。実際、そのような体験談をよく目にします。

その結果、毎月返済しても利用残高が中々減らせず、返済期間が異様に長くなってしまうことも少なくありません。また、利用枠が一杯になってしまい、のっぴきならない借入状態になってしまうこともあるのです。

リボ払いは分割払いなどに比べ、手数料が高いことも要注意です。

完済した時に改めて考えてみると、手数料から算出された利息を加えた返済総額が、予想を遥かに超える高額になっていた、ということがほとんどなのです。

でもリボ払いにしないときつい…頑張れるなら繰上げ返済を!

返済総額などを考えると、リボ払いよりも他の返済方法を選択した方が良い場合があるかもしれません。しかし状況によっては、「リボ払いにしないと毎月の返済が厳しいんだよなあ」と悩む可能性もありますね。

そんな時にはリボ払いを選択するしかないわけですが、それでも少しでもおトクに返済できるよう、様々なポイントを考えてみましょう。

  • リボ払いでの返済期間が短くなる程度の利用を心掛ける
  • 繰上げ返済を積極的に行う
  • 可能になったら一括返済を目指す
最も気にかけておくべきことは、リボ払いで返済する期間を短くできるかどうかということでしょう。期間が短ければ短いほど、発生する手数料も低く抑えられます。結果として返済総額も低く抑えられます。

利用するカード会社によっては、月々の返済額を自分で決定することができます。カード会社が定めた「最低返済額」の設定のままではなく、家計が許す限り、高めの返済額に設定すると、早めの完済ができるようになります。

余裕ができたらすぐに!繰上げ返済と一括返済で手数料を大幅削減

リボ払いに関わらず、キャッシングやカードローン、その他の借入では、繰上げ返済や一括返済が可能です。家計に余裕ができた時にには積極的に選択しましょう。

特に一括払いが厳しいとしても、繰上げ返済を少額ずつでも行うと、最終的にはメリットを感じることができます。

  • 繰上げ返済は全額利用残高に充てられる
  • 繰上げ返済を繰り返すことにより、利用残高の減りが早くなる
  • 可能なら一括返済を目指す

月々の返済額の内容は、利用残高+手数料となっています。例えば4,000円を返済しても、そのうちのいくらかは手数料となるため、利用残高が直接4,000円減るわけではありません。

しかし繰上げ返済で入金したお金は、全額が利用残高に充てられます。

1万円を入金すれば、次回から手数料計算の対象となる利用残高が1万円減っていることになるのです。

利用残高が早めに減るにこしたことはありません。完済までの期間を短くすることができます。また、可能であれば一括返済をしてしまうことが最もお勧めです。返済総額を一番低く抑えることができます。

変則的な返済で気を付けるべきことは?入金のタイミングに注意!

繰上げ返済をしなくても、少し余裕がある時、「今のうちに次の返済分も返入金してしまおう!」と考えることがあるかもしれません。これは非常に良いことですが、実は注意しておくべきポイントがあります。

  • 入金日を間違えると月々の返済分ではなく繰上げ返済として扱われる
  • 結果として従来の返済日にいつも通りの金額を返済しなければならない
  • 遅れると延滞扱いとなり、信用情報にマイナスがついてしまう

返済金が銀行などの口座振替になっている人にはあまりこの危険性がないのですが、振込などを利用している人は気を付けておきたい部分です。

振込の場合、返済日が特定されているわけではなく、例えば「毎月5日から15日までに振り込んで下さい」という指定があることが多いでしょう。

この場合、「余裕があるから5日に2ヶ月分を振り込もう!」としてしまうと、「今月と来月の返済分」ではなく、「今月の返済分+今月の繰上げ返済分」となってしまうのです。

来月分をまとめて振り込んだつもりが、実際は繰上げ返済分となり、来月は再びいつも通りの金額を準備する必要が生じます。準備できれば問題ないのですが、予想外に厳しい家計になる可能性があるということですね。

こういったことが原因でも、次回の返済日に遅れてしまうと、無情に延滞扱いとなります。信用情報に残念な影響が出てしまいますので、返済の日程や繰上げ返済の性質をしっかり抑えておきましょう。

もう無理だと感じたら?思い切っておまとめや法的整理を!

使い方さえ間違えなければ便利なリボ払いなのですが、実際問題として、返済に行き詰まり、毎日借金のことでストレスを抱えてしまっている人が増えているのも事実です。

利用残高や今後の返済状況を見て、「もう無理だ」と感じるようになったり、毎日お金のことばかりを考えるようになる前に、借金の整理を行う勇気を持ちましょう。

  • 返済が不可能になる前に借金を整理する
  • 借金の一本化や低金利の借り換え商品を検討する
  • 延滞などの返済事故を起こす前に申し込みをするべき

家計的にも精神的にも、もうリボ払いは無理だ、と思ったら、すぐに行動に出ると良いでしょう。最近では銀行、消費者金融などから、借金返済のための借り換え商品が提供されています。「おまとめローン」等が有名ですね。

借り換え商品は、一度全ての借金を一括で返済できる金額を借入し、今後は借り換え商品の返済を行う性質の金融商品です。月々の負担が減ることが多いため、現状の借入で困っている人は一度チェックしてみると良さそうですね。

ただ、借り換え商品にも信用情報に基づいた審査があり、通過できなければ利用することができません。

リボ払いをしている間に延滞や滞納などの返済事故を繰り返していると、借り換え商品の審査に通過できなくなる可能性があります。

返済事故を起こす前、少しでも「今のままでは返済が厳しい、来月は滞納してしまうかも」と感じたら、その場で借り換え商品に申し込んでも良いくらいのタイミングです。すぐに行動を起こして下さいね。

借り換え商品も無理だった…思い切って法的整理もアリ!

借り換え商品に申し込みをしたものの、審査に通過できないこともあるでしょう。かと言って、そのままではいられません。生活が破綻してしまう前に、思い切って法的な債務整理を検討することをお勧めします。

整理方法 特徴
任意整理 借金の減額が期待できる
裁判所の手続きが不要
個人で借入先と交渉する
弁護士や司法書士に頼んでも良い
民事再生 借金の減額が期待できる
裁判所の手続きを必要とする
弁護士を代理人として手続きをする
個人でも手続きができる
自己破産 借金が全額免除される
裁判所の手続きを必要とする
債権者(借入先)の同意が不要
官報や破産者名簿に記載される

債務整理は簡単にまとめると、上記の3種類になります。それぞれ内容が異なっていますが、借金のストレスが軽減される可能性が非常に高いことが分かるのではないでしょうか。

ただし、借金のストレスが減るということは、金銭的な信用が落ちるということに他ならず、信用情報機関には数年間、債務整理の記録が残されます。

もしも債務整理が完了し、ストレスが軽減しても、二度と同じような状況にならないよう、お金には気を付けていきたいものですね。

借り過ぎ注意!使い方を間違えなければリボ払いも怖いくない!

手数料が高い、返済に困る人が多いなど、少々ならず心配になってしまうリボ払いのお話をしてきましたが、使い方さえ間違えなければ、そこまで怖い返済方法でもありません。

実際、家計管理がしやすくなるという点はメリットですし、繰上げ返済や一括返済もしっかり視野に入れた上で借入をするのであれば、最終的には通常の返済よりもおトクになることもあるのです。

できれば借入した分を全額返済してから、次の借入を心掛けていきたいものです。リボ払い特有の返済額の低さや一定であることに金銭感覚を惑わされず、しっかりした返済計画を立てることにより、安全に便利に使うことも可能でしょう。