低金利?スピード審査?銀行のお金の借り方にはコツがある!

お金を借りる時、重視するのは何ですか?低金利でしょうか、それとも即日融資融資でしょうか。どちらも事情やライフスタイルによって正しい選択になるでしょう。

低金利を求めるのなら、やはり銀行で借入をするのが一番です。消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠とは段違いの低金利を満喫することができるのが、銀行で借りる最大のメリットでしょう。

ただ、即日融資となると話は変わって来ます。銀行で賢くおトクにお金を借りる時にはどんなコツが必要でしょうか?

条件で選ぶ!銀行で借りるメリット&デメリット!

現金が必要な時、銀行で借りるとしたらやっぱりカードローンを選択する人が多いですよね。少額からそれなりの高額まで、個人で利用する分には充分な融資を受けられる商品です。

現金を借りるだけなら消費者金融のキャッシングもあるのですが、銀行のカードローンの人気があるのは以下のようなメリットが魅力的だからと考えられます。

  • 銀行カードローンは低金利のものが多い
  • 銀行が発行しているという安心感が得られる

消費者金融の金利は一般的に高めです。もちろん法的に問題はありませんが、やはり少しでも金利が低い商品を使いたいと思うのは当然でしょう。銀行カードローンはその点、低金利という最大の魅力があります。

また、銀行の商品は社会的に信用度が高く、トラブルが少ないのでは?という安心感を得ることができます。

審査も厳しいため、一定の社会的信用を獲得している人が利用できるというイメージも安心材料としてプラスに働きますね。

他の商品での優遇アリ?人生計画に意外な影響も!

銀行の場合、大手銀行、中小銀行に関わらず、提供している商品はカードローンだけではありません。住宅ローンを代表とする大型ローンも取り揃えています。

意外なことですが、銀行カードローンをトラブルなく利用していると、銀行内でのあなたの信用が独自に積み重ねられ、他の大型ローンを申し込んだ時、審査に良い影響を与える可能性が高くなるのです。

  • カードローンの利用により銀行内の信用を上げられる
  • 他の商品の審査時に有利に働くことがある
一部では、カードローンやキャッシングを利用していると、大型ローンの審査に悪影響があるという噂があります。心配な時には大型ローンの申し込み前に完済・一時解約、または担当の行員に相談してみると良いでしょう。

また、銀行によって異なりますが、同じ銀行内で複数の対象商品を契約すると、一部の商品の金利が低くなったり、おトクな優遇サービスを受けられるケースもあります。ここはぜひ、申し込み前に調べておきたいですね。

デメリットはスピード性…即日融資はまず無理な時代に

少し前までは、銀行カードローンでも即日融資が可能な商品が相当数ありました。むしろ即日融資が当然だという風潮すらあったほどです。しかし、2019年3月現在、銀行カードローンの即日融資はまず無理な状況にあります。

  • 銀行側の自主規制により審査に時間をかけるようになった
  • 特に法的規制はないが実質的に即日融資は不可能
  • 審査結果通知は最短でも翌日、基本は数日かかると考えておくべき

カードローンやキャッシングで生活が圧迫される人が近年増加し、貸付にはより厳しい審査を行うことにしよう、という銀行側の自主的な規制が2017年より行われるようになりました。

日本のメガバンクと言われる超大手銀行が真っ先に意思表明したということも追い風になり、今では日本のほとんどの銀行で、即日融資を回避する方針を取るようになっています。

どうしても即日融資を受けたいと言うのであれば、銀行カードローンは不向きな時代です。申し込みには時間の余裕を持つことが大切ですね。

今すぐ借りたい!という時に備え、先に契約だけを済ませておくのも良いかもしれません。いつでも借りられる状態にしておくということも、デメリットに対する予防策と言えるでしょう。

長期借入は絶対銀行!低金利が最大の力を発揮する

即日融資ができない以外にデメリットを感じないのであれば、銀行カードローンに申し込むこともおトクなカードローンライフの賢い手段です。特に長期借入をする予定の人は、やはり銀行カードローンがオススメです。

銀行カードローンは以下のような借り方をしたい人に向いています。

  • 長期借入をしたい人

長期借入とは、要は返済回数が多く、完済までに何年も必要とする借り方です。短期間、長期間のいずれでも、家計を圧迫しなければどこから借りても自由なのですが、銀行カードローンは低金利というメリットがあります。

低金利であれば、長期間に発生する利息も高金利より安く抑えることができるため、返済総額が低くなり、結果としておトクな借入となるわけです。

利息は日割で見てみると、実はそれほど高いという気持ちにならないかもしれません。しかし長期間の返済を考えると、塵も積もれば何とやら、数万円やそれ以上の金額になることも少なくないのです。

借入額で考える?100万円以下の借入はどこも一緒という噂

100万円以上の借入を希望する人にも、銀行カードローンがオススメです。100万円以下でももちろんおトクさを感じられるのですが、「100万円以下の借入なら金利は消費者金融と変わらない」という噂もあります。

確かに、借入金額が少額の場合、金利が高くなるのはカードローンやキャッシングの宿命です。しかし本当に、100万円以下なら銀行カードローンと消費者金融のキャッシングのおトク度は変わらないのでしょうか?

例として銀行カードローンの一部商品と、消費者金融のキャッシングブランドの一部商品の金利を比較してみましょう。まずは人気の銀行カードローンを2種類見てみます。

カードローン名称 100万円未満金利 100万円以上金利
三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5% 4.0%~10.0%
イオン銀行カードローン 11.8%~13.8% 3.8%~8.8%

三井住銀行カードローンは、100万円未満の借入は12.0%~14.5%、イオン銀行カードローンは11.8%~13.8%となっています。対して、有名消費者金融のキャッシングブランドを見てみましょう。

ブランド 100万円未満金利 100万円以上金利
アコム 7.7%~18.0% 3.0%~15.0%
アイフル 15.0%~18.0% 4.5%~15.0%

アコムは7.7%~18.0%、アイフルは15.0%~18.0%となっています。銀行カードローンと比較すると、やはり高いことが分かりますね。

こう見るとアコムも中々おトクでは?と思えそうですが、これは借入限度額が高額の契約者に向けられた金利のため、100万円以下の限度額の人はほぼ高い金利が適用されることになります。

「100万円以下の借入なら銀行カードローンも消費者金融のキャッシングも変わらない」という噂は、利用限度額が高い人に対して信憑性があるものであり、低い人はあまり関係がないものだと言えるでしょう。

銀行カードローンの弱点!営業地域に要注意

銀行は大手消費者金融と違い、営業地域が限られていることがあります。三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行と言ったメガバンクであれば全国展開も有り得るのですが、ほとんどの銀行はそこまでの展開を果たしていません。

多くの銀行は「店舗の営業地域に自宅や勤務先の住所がある」人に対して、カードローンを含めた融資商品を提供しているため、条件を満たさない場合、気に入った商品でも申し込みができない可能性が出て来るのです。

この銀行カードローンなら使ってみたい、できるだけ早く使いたい…と言う時、これは本当に困ってしまいますよね。そんな時こそ消費者金融の出番なのです。

銀行は難しい?こんな時には消費者金融もおトク!

銀行カードローンが様々な事情ですぐに利用できない時こそ、消費者金融が力を発揮します。消費者金融の利用はハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

しかし、現代の消費者金融は非常にクリーンな営業をしているため、銀行カードローンと同様、計画的に借入や返済ができる自信のある人なら、トラブルなくスムーズに利用することが可能になっています。

  • 銀行よりも営業地域が広い
  • 即日融資が可能な消費者金融も多い
  • 銀行と関わりのある消費者金融なら初心者でも安心しやすい

消費者金融は営業地域にほぼ制限がなく、最近ではインターネットを活用し、どこに店舗があっても全国から申し込める会社が増えています。即日融資が可能な場合も少なくありません。

金利は確かに銀行カードローンよりも高いという事実があります。しかし、営業地域の広さや審査の速さを考えてみれば、利便性は銀行カードローンよりも高い面があることも事実です。

高めの金利はその利便性への手数料だと割り切り、急ぎの時、事情がある時、または消費者金融ならではの利便性を最大限活用したい時には、銀行カードローンにこだわらず、利用を検討してみるのも良い手だと言えそうです。

賢くおトクな使い方!スパっと借りてスパっと返す!

消費者金融のおトクな使い方としては、「少額を借入し、短期間で集中的に返済してしまう」という方法があります。余裕がある時には追加で返済をしたり、一括返済で完済をしてしまうのも良い手段でしょう。

  • 短期間で返済すれば利息は安くなる
  • 結果として銀行カードローン同様に返済総額が低くなる可能性も

銀行カードローンはそもそも金利が低いため、返済総額が消費者金融よりも安くなることがほとんどです。しかし消費者金融のキャッシングも、返済方法によってはほぼ同様の金額に抑えることも不可能ではありません。

まず短期間で返済を行えば、当然ですが利息は安くなります。また、追加返済や一括返済で、更に利息を減らすこともできるのです。

積極的に返済のために動ける人であれば、銀行カードローン同様に低い金利で利用したケースと変わらない結果が期待できるでしょう。

そして高額の借入なら、大手の消費者金融を利用すれば、適用金利が銀行並に低くなります。商品によっては銀行よりもおトクなものもあるほどです。

あなたのライフスタイルや返済計画次第で、消費者金融も銀行並に便利でおトクな借入先に早変わりしますよ。

短期間なら絶対おトクに!無利息期間を狙う!

最近の大手キャッシングブランドでは、銀行と最大の違いを前面に打ち出すことが多くなっています。利便性の向上はもちろんですが、ダイレクトに返済計画に関わる目玉サービスを導入していることも少なくありません。

その中でも最も人気を集めているのが「一定期間無利息」、大抵は30日間無利息サービス、利息ゼロ円といった名称で提供されています。

  • 大手消費者金融の中には一定期間を無利息とするサービスがある
  • 適用期間中は利息が発生しない
  • 適用期間中に完済すれば完全に利息が0円となる
  • サービス適用条件は各社で異なるため確認が必要

アコムやアイフル、プロミス、レイクALSAなど、大手キャッシングブランドで採用されている無利息期間サービスは、適用条件や無利息期間は各社で異なっているものの、確実に短期間で完済を目指す人には絶対におトクです。

期間中に完済ができなくても、適用期間中の利息は一切発生しません。返済計画によっては確実に、銀行カードローンよりもおトクな結果になるでしょう。

長期借入は銀行で!スパっと短期は消費者金融で!

低金利の銀行カードローンは、どのようなシーンでもおトクに利用することができます。特に長期間の借入を計画している人なら、銀行カードローンが最もおトクさを感じられるでしょう。

対して短期間で、または繰上げ返済などで計画的に返済をして行く予定であれば、消費者金融の様々なサービスを駆使し、おトクに利用できることは間違いありません。リボ払いの返済額をアップするのも良い方法です。

銀行でお金を借りるなら?消費者金融とどっちが良いの?迷った時にはあなたの返済計画を改めて考えてみてはいかがでしょうか。銀行カードローンならでは、キャッシングならではのメリットを見極めて借入をしてみて下さい。