借入金利を計算する!計画的返済こそが一番のおトク道!

借入をすれば利息が発生します。この利息は金利(利率)を元に計算され、借りた元金の利用料として、返済額に組み込んで返済を行っていくことになります。

キャッシングの金利は法律で定められた範囲内で、各社が独自の判断で決定し、利用者は納得した上で借入をすることになりますが、金利についてよく知らないままに借入をしてしまうと、返済計画が上手く立てられないかもしれません。

金利の性質や利息の計算方法を知り、活用することが、スムーズでストレスのない計画的返済に繋がります。

キャッシングの金利は最大20%!これ以上は違法です

金利は各業者が自由に決めているわけですが、これは貸金業法に定められた上限金利の範囲内での数値になります。貸金業法は消費者金融などの貸金業者が必ず守る法律で、提示される金利には法的根拠があるというわけですね。

  • 消費者金融のキャッシング金利は上限を20%とする
  • 20%を超えた貸付は違法となり、業者は罰則が適用される

現在の貸金業法が施行される以前は、今よりも高い金利が設定されることも珍しくありませんでした。トラブルが頻発したため、現在の貸金業法が緻密な内容で施行されることになったのです。

現在、ほとんどのキャッシングブランドでは、最大金利を18%前後に設定しています。

これにも理由があり、やはり貸金業法に関連しています。

貸金業法には総量規制があり、利用者は年収の三分の一以上を借りることができません。最大金利を18%よりも大きい数値にすると、借入額や利用の仕方によっては、総量規制を超えてしまう危険があるのです。

金利の18%前後が高い、と思う人もいるかもしれませんが、結果的には利用者の健全な生活を守るための法律を遵守した上での最大金利だと考えられます。

細かい金利の決まり!借入額で最大金利が変わる

貸金業法の範囲内であれば消費者金融の裁量で決められる金利ですが、かと言って何もかも自由に決定できるというわけではありません。借入額ごとに設定して良い金利の上限が、やはり貸金業法で定められています。

借入額 最大金利
10万円以下 20%
100万円未満 18%
100万円以上 15%

消費者金融が利用者に融資を行う場合、上記のように金額と金利の関係が定められています。消費者金融はこの範囲内で金利を設定し、公式サイトやその他の媒体、広告などで告知しているわけです。

これはあくまで「この金額の範囲内ならこの金利を設定しても良い」という話で、ほとんどの消費者金融では、この最大金利を適用することは滅多にありません。前述した通り、総量規制との絡みを考えると難しいからでしょう。

金利と利息は絶対重要!知っているからこそのメリット

はっきり言ってしまえば、金利や利息のことが漠然としか分かっていない、実は全然分かっていない、となっても、審査に通りさえすれば借入をすることは可能です。計算も請求も、全て業者がやってくれるわけですから。

しかし、金利と利息を理解していると、以下のようなメリットを受けることができるのです。

  • 返済計画が立てやすい
  • 無理な借入を避けるようになれる

金利から利息を算出し、毎月の返済予定額を考えれば、家計との兼ね合いが分かりやすくなり、スムーズな返済計画を立てられる可能性が高くなりますね。

また、返済が厳しくなりそうな無理な借入を避けるようになれるでしょう。

金利を知ることは身を守ること!闇金を見抜く材料になる

漫画のような話ですが、違法業者(闇金)を見抜くことにも繋がります。最近は健全な経営をしている小規模な消費者金融会社の中に、違法業者が紛れていることがあります。こんな時、金利の知識は非常に役に立ちます。

  • 金利と利息の関係を知っていれば違法業者を見抜きやすい

法的な最大金利は「10万円以下の借入が20%まで」ですが、例えば利用者がこれを知らなければ、「100万円以上を20%の金利で貸付する」という、利用者の知識不足を突く金利を吹っ掛けてくるかもしれません。

一見、貸金業法で定められた「20%」を守っているように見えますが、実際は「10万円以下に対して最大20%」という法律を破っているのです。そして違法な高金利を適用し、厳しい返済を迫ることになります。

自分の身を守り、健全な借入のためにも、金利と利息の関係、貸金業法の基本を知っておくにこしたことはなさそうですね。

借入前に計算してみよう!金利から利息を算出する方法

消費者金融の公式サイトや広告では、金利は書いてあるものの、利息が書かれているわけではないため、一ヶ月の利息が少し分かりにくくなっているかもしれません。

一ヶ月分の利息を算出したい時には、以下の計算式を使えばすぐに分かります。

【借入金額×金利%÷365日×一ヶ月(30日、または31日)=1か月分の利息】

なぜ365日で割って一ヶ月分を掛けるのだろう?と考えそうですよね。これは消費者金融の利息の加算方法に基づきます。

  • 消費者金融では利息を日割り計算にしている
  • 一ヶ月いくらではなく、一日でいくらという考え方になる
  • 返済が月に一度なら一ヶ月分の日数で利息を計算することになる

同じ借入ができる業者でも、例えば質屋さんなら、借りた翌日に返済をしようとも、利息は一ヶ月分になります。しかし消費者金融は完全に「借りていた間(消費者金融を利用していた間)」のみの日割り計算となるのです。

日割り計算のメリット大!返済総額が安くなるかも

利息が日割り計算でも、結局は返済回数が変わらなければ何もおトクじゃないのでは?と思う人がいるかもしれませんね。実際にその通りです。しかし、ここで注目したいのは「返済回数が変わらなければ」という点です。

  • 繰上げ返済で前倒し返済をしていけば早く返済が終わる
  • 利息計算の元となる借入金額が減って行く
  • 結果的に利用日数(利息発生日数)が少なくなる
  • 総合的に利息が安くなり、返済総額も安くなる

大抵の消費者金融では、通常の返済の他に、任意の金額を別口で返済していくことができます。これを繰上げ返済、追加返済と呼びます。

繰上げ返済分は借入金額(借入残高)に充てられ、次回の返済時の利息計算では、当初の予定よりも少ない借入金額からの算出になり、もちろん利息も減るわけです。

また、繰上げ返済をしていくことにより、借入している日数=利用日数も短くなります。日割り計算のため、やはり利息が安くなることに繋がります。

結果として、利息の日割り計算は返済総額が安く抑えられるというメリットがあるのです。それなら繰上げ返済も頑張ろうかな?と思える材料になるのではないでしょうか。

自分で計算が面倒くさい!そんな人にはシミュレーターがオススメ

借りる前に金利と利息の計算をしたいけど、実際に自分で計算するのは面倒くさい!間違えていたらどうしよう!と、色々と心配事が出て来るかもしれませんね。

そんな人に断然オススメしたいのが、各消費者金融ブランドの公式サイトに設置されている返済シミュレーターです。

名称は各ブランドで異なりますが、借入希望額と金利を入力すれば、すぐに利息を計算してくれる優れものです。

例えばアコムから借入を希望しているのであれば、アコムの公式サイトを覗けばすぐに解決です。「ご返済シミュレーター」というコンテンツが用意されていますので、借入希望額、金利など、必要項目を入力しましょう。

適用される金利は同じページに表記されていますので、わざわざ調べる必要がないのも便利です。ぜひ利用してみて下さいね。

返済日厳守!高金利の遅延損害金が発生するかも

金利がかかってくるものは、毎月の返済金だけではありません。経験する人が少ないにこしたことはないのですが、やむを得ない事情で返済日を大幅に遅れてしまう時があるかもしれませんよね。

この時、ほとんどの消費者金融では遅延損害金が発生します。返済が遅れた罰金のようなものです。

  • 返済遅れには遅延損害金が発生する
  • 最大で20%の金利で遅延損害金を請求される
  • 返済日翌日から遅延解消日(実際に返済した日)まで日割りで計算される

遅延損害金は、通常の返済金額とは別での発生となります。金額の計算は借入金額に対しての金利計算となりますが、ここで注意したいのは、「遅延損害金は借入金額の利息ではない」ということです。

つまり、借入金額が10万円以上(上限金利が18%)でも、遅延損害金は20%の金利で計算される可能性があります。これは利息ではなく、あくまで損害金のため、違法ではありません。

遅延損害金は利息ではありませんが、計算方法は利息と同様で、日割りで算出されることになります。

もしも延滞してしまったら、できるだけ早く返済してしまった方が絶対におトクですね。

金利を制す者がキャッシングを制す!簡単計算でおトクな借入を

キャッシングやカードローンのCMを見ていると、金利は当たり前のように表示されていて、つい目が慣れてあまり考えなくなって来ることがあるかもしれません。しかし実際は、金利がキャッシングの中で最も注目するべきポイントなのです。

金利が設定される根拠や法律、計算方法が分かっていれば、計画的に借入をし、スムーズな返済をしていくことができます。繰上げ返済や一括返済も視野に入れられるようになるかもしれません。

利用するからには少しでもおトクに返済していきたいもの。金利の知識を身に付けることこそ、スマートなキャッシング利用への近道です。