【在籍確認の方法】専業主婦や派遣社員はどうするの?

在籍確認はどんなキャッシング、カードローンでも、必ず行われる審査項目です。審査の最終段階にあたりますので、これを無事クリアすれば審査に通過する可能性が高いと言われています。

職場に電話をかけての在籍確認が一般的ですが、ここで気になるのが専業主婦や派遣社員と言った、一定の勤務先を持たない人です。このような人たちの在籍確認はどうなっているのでしょうか。

もちろん、専業主婦でも派遣社員でも、お金を借りることはできます。在籍確認で心配する人も多いようですが、ポイントさえ押さえておけば、スムーズに在籍確認を済ませることができますよ。

心配の理由は?一体どこが勤務先に当たるのか

ひと昔前は、専業主婦や派遣社員はお金を借りることができないと言われていました。しかし時代の変化や、法律がより安全に整備されることによって、今ではキャッシングやカードローンの申し込みが可能になっています。

専業主婦、派遣社員といった人の最大の懸念は、審査で必ず行われる在籍確認でしょう。

  • 返済能力を測るために行われる
  • 申込書に記載された勤務先に確認の電話をかける
  • 審査の一項目で必ず行われる
  • 専業主婦、派遣社員も例外ではない

専業主婦はそもそも職場を持ちません。ご家庭が職場のようなものですが、社会的に「在籍」と言う見方はしないでしょう。

派遣社員は派遣会社に登録の後、様々な会社に出向いて働くことになります。派遣先は職場という扱いにはならず、在籍確認には役に立たないと考えられることが一般的です。

しかし在籍確認は審査で必ず必要な項目とされ、多くの銀行カードローン、消費者金融のキャッシングで、例外なく行われています。

でもこれじゃ専業主婦も派遣社員も結局お金が借りられないのでは?と心配する人もいるでしょう。実際はそんなこともなく、在籍確認に該当する確認もきちんと取ることができるのです。

申し込みが可能なら望みアリ!商品説明は要チェック

あなたが専業主婦や派遣社員の場合、どこからお金を借りようとしますか?この時にチェックすると良いのは、各商品の紹介文章です。公式サイトやパンフレットなら、必ず書かれていることがあります。

  • 希望の商品の申し込み資格をチェックしてみる
  • 「専業主婦、派遣社員はダメ」という文言がなければ申し込み可能
  • 本当に無理であれば商品説明に明記してあることがほとんど

特に銀行のカードローン商品では顕著に見られる傾向なのですが、「申し込めない人の条件」も、申し込み資格と一緒に説明されていることがほとんどで、専業主婦の方はご遠慮下さい等、丁寧に書かれています。

逆に言えば、書いていない商品であれば自由に申し込めるということになります。必ず審査に通過できるわけではないのですが、信用情報に問題がなければ、良い結果が待っていることがほとんどでしょう。

消費者金融は注意!専業主婦は審査に通りにくい!

一定の条件を満たした派遣社員なら、消費者金融でも銀行カードローンでも特に心配することがないのですが、専業主婦が消費者金融のキャッシングに申し込む時には、少々注意が必要です。

消費者金融のほとんどでは、商品説明に「専業主婦はNG」と明記していることはありません。しかし様々な口コミや経験談を総合すると、「専業主婦は消費者金融の審査に通りにくい」という傾向があるのも事実のようです。

  • 専業主婦は消費者金融の審査にほとんど通らない
  • 法的には問題ないが消費者金融側の方針であると考えられる
  • 借入が必要なら銀行カードローンの方が現実的

消費者金融でお金を借りる際、やはり返済能力は重要です。専業主婦でも世帯主に収入があれば問題ない、と法律で明言されています。

しかし消費者金融は金利が高い分、万が一返済に困った時、貸し倒れや任意整理になる可能性が銀行カードローンよりも高いと考えられます。できれば収入のある個人に貸したい、と思うのは仕方がないことかもしれません。

審査に通らず、信用情報機関に審査落ちの結果が記録されるよりは、専業主婦は銀行カードローンを狙った方が得策だと言えるでしょう。

専業主婦の在籍確認は最も簡単?自宅に電話がかかってくるだけ

専業主婦も派遣社員もお金を借りることができると分かりました。では実際、在籍確認について考えてみましょう。まずは専業主婦から見ていきます。

専業主婦の場合、勤務先を持たないため、在籍確認を取ることが難しいと思われがちです。しかし実のところ、もしかすると一番気楽に在籍確認を終えられる立場だとも考えられるのです。

  • 専業主婦の在籍確認は自宅への電話で行われる
  • 返済のメインとなる配偶者等への職場へ電話がかけられることはない

専業主婦の在籍確認は、申込書に記載した自宅への電話番号への架電で完了します。会社にお勤めの人よりも簡単だと言えるほどですし、プライバシーもずっと守りやすいですよね。

また、申込書には返済のメインとなるご主人の名前や収入、勤務先も記載することでしょう。しかしこれはあくまで「返済能力を測る情報の一つ」としてチェックされるだけで、ご主人の職場に電話がかけられることもありません。

もしダンナの会社に電話をかけられたらどうしよう?ダンナの評価が下がらないかしら?という心配も一切ありませんよね。ご主人に心配をかけることもなく、スムーズに申し込みと審査に臨むことができるでしょう。

今の時代にありがち?家に電話がなければ携帯でもOK!

今の時代、携帯電話しか持っていない、家に電話がない、というご家庭も多くなっています。専業主婦の在籍確認は家への電話になるのですが、家に電話がない人はどうすれば良いのでしょうか。

  • 家の電話がなくても携帯電話での確認でOKとする金融機関もある
  • 商品説明や申込書をチェックすると分かりやすい

携帯電話の普及と家の電話の減少に合わせ、金融機関等では在籍確認を携帯電話でも可能とするケースが増えています。家の電話よりも都合がつきやすく、在籍確認を取りやすいというメリットもありますね。

ただ、全てのキャッシング商品、カードローン商品でOKであるわけではなく、商品によっては家の電話が必要なこともあります。

在籍確認を携帯電話でできるかどうかは、申込書等をチェックすると分かりやすくなっています。

申込書の項目で、家の電話番号を記入する欄に「必須」という言葉があれば、必ず家の電話が必要になり、逆に必須でなければ、携帯電話だけでも良いということになります。

今はネットから手軽に申し込めますので、まずは申込書の画面で確認してみると良いでしょう。特に大手企業が提供している商品なら、携帯電話でも可能となっていることが多いようですので、商品選択の参考にしてみて下さいね。

携帯で在籍確認のメリットは?プライバシーを守りやすい!

携帯での在籍確認には、実は人によって大きなメリットが含まれています。家に電話をかけられるより、携帯電話にかけられる方が良いと言う人もいるほどです。

  • 携帯電話での在籍確認はプライバシーを守りやすい
  • 家族に知られずに在籍確認を終えられる可能性が高い

専業主婦でも、在籍確認を家族に知られたくないことがあるでしょう。家の電話の場合には、自分以外の誰かが出て、在籍確認だと分かってしまうケースを心配してしまいます。

しかし携帯電話での在籍確認なら、ほぼ確実に本人が出ますよね。家族に在籍確認を知られずに、在籍確認を終えられる可能性が非常に高くなります。

お金を借りることは、できれば家族、少なくとも配偶者と相談しておいた方が良いのですが、在籍確認が終わるまでは知らせたくないという人は、携帯電話での在籍確認にメリットを感じることでしょう。

派遣社員はどこに電話?昔より多少面倒になっている可能性

では派遣社員の在籍確認を見ていきましょう。まず、派遣社員は「毎日働いている場所と在籍確認を行うべき在籍場所が違う」という、少々複雑な立場となっています。

派遣社員の人が間違えやすいのは、申込書に派遣会社の名前ではなく、現在働いている場所(会社)の名称を記入してしまうことで、これは審査において誤りだと判断されてしまいます。

  • 派遣社員の在籍確認は派遣元(登録派遣会社)に行われる
  • 派遣元の記載がなければ在籍確認の不備だと取り扱われる可能性がある

派遣社員の人が申込書の勤務先に記載するべき情報は、「派遣会社の名前」であり、派遣されている会社(派遣先)の名前ではありません。

この点を間違えてしまうと、在籍確認で不備として取り扱われ、審査に通過できないことがあります。充分な注意が必要な項目です。

最近は両方に?商品によっては派遣先の記入も必要

しかし、最近では派遣元だけではなく、派遣先の名称や情報の記入が求められる商品も増えているようです。銀行も消費者金融も、在籍確認をより強化していると言えるでしょう。

と言うのも、派遣社員の人は、言葉は悪いのですが、審査で重要視される勤続年数を誤魔化しやすい立場であるとも言えるからです。意図的ではなくても、勘違いで勤続年数を間違えてしまうこともあります。

  • 派遣社員の勤続年数は派遣会社への登録年数ではない
  • 現在の派遣先での勤務履歴が勤続年数として取り扱われる
例えば、現在の派遣会社に登録して2年が経過しているとします。2年という年数は、勤続年数として考えると、審査に通過するには充分な長さですが、実際に現在の派遣先で働いているのはほんの1ヶ月にも満たないこともありますね。

派遣社員は正社員よりも、職場が変わったり失職する可能性が高いため、審査ではより長い勤続年数が求められます。「現在の派遣先で働いている月数、年数」が長ければ長いほど、金融機関側は安心できるというわけです。

このような間違いを防ぎ、より確実に返済能力を把握するため、派遣会社だけではなく、派遣先へ電話をし、在籍確認に念を入れている商品も増えているということは覚えておきましょう。

派遣先によっては確認が難しい?事前に相談しておくべき!

派遣社員の人は、様々な分野で活躍する就労形態です。一日中オフィスにいる人もいれば、逆にほとんど外回りなどの現場にいる人もいます。在籍確認の時、この点にも注意しなければいけないでしょう。

  • 職種によっては派遣先への在籍確認の電話に対応できないことがある
  • 在籍確認先の人が電話に出ても問題ない
  • どうしても電話が繋がらない職種の人は事前に金融機関に相談する

在籍確認は本人が電話に出なくても、他の誰かが在籍を証明してくれれば問題ありません。例えば「(申込者)はいますか?」「今は外出中です」でも良いのです。とにかく「その場で働いている」ということが分かればOKなのです。

ただ、派遣先の職種によっては、誰もオフィスにいない瞬間があるかもしれません。こうなると在籍確認はどうなるの?と心配になりますね。

誰も電話に出られない可能性がある派遣先にいる人は、申し込みをした直後に、申込先の金融機関に連絡をすると良いでしょう。

事情を説明れば、各社で融通を利かせてくれることがほとんどです。中には書類証明に対応してくれる会社もあります。

また、派遣元への在籍確認の場合、登録者が多い派遣会社では、すぐに申込者が在籍していると分からないケースがあります。こちらは派遣会社に「何日あたりに在籍確認の電話が来る」と知らせておくと安心です。

終われば審査通過の可能性大!在籍確認は安心材料!

専業主婦や派遣社員の在籍確認は、ついつい心配してしまう材料が多いものです。お金のことはデリケートですから、次から次へと疑問が出てしまうのも仕方ありません。

しかしどのような立場でも、商品説明でお断りの文言がない限り、申し込みは可能ですし、返済能力があると判断されれば、無事に審査を通過できるはずです。

特に在籍確認は審査の最終段階。これが終われば審査にほぼ通過したと考えても良いほどです。色々と面倒だと感じてしまうかもしれませんが、むしろ在籍確認が来た!審査に通過できそうだ!と、プラス方向に考えたいですね。