お金の借り方に不安?初心者向けの業者がベスト!

初めてのキャッシング!となると、どこで借りるべきでしょうか。初心者には少々ハードルが高いと思われがちな消費者金融や銀行カードローンですが、選び方によって満足度や不安の解消度が全く変わって来るかもしれません。

まず、キャッシングでも業者によって性質が違うものです。銀行カードローンも様々な種類があります。どこを選べばいいの?とりあえずCMでよく見かける大手?と悩んでしまいそうですよね。

初心者が借入先を選ぶ時にはどのようなことを重要視すれば良いのでしょうか。消費者金融と銀行の商品の違いを見ながら考えてみましょう。

消費者金融と銀行の違いは?どちらもメリット・デメリットあり

消費者金融では主にキャッシング商品を取り扱い、銀行はカードローン商品になります。どちらも個人向けの小口融資という分類になり、性質も非常に似ています。

しかし消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは、似ているとは言え異なる部分ももちろんあり、それぞれのメリット、デメリットが見受けられます。

金融機関 メリット デメリット
消費者金融 審査が速く利便性が高い 金利が高く利息が膨らみがち
銀行 金利が低く返済総額を低くできる 審査に時間がかかる

シンプルですが、上記の2項目が消費者金融と銀行の代表的なメリット、デメリットです。多くの人が注目するポイントだと言えるでしょう。

比較してみると面白いのですが、消費者金融のメリットは銀行のデメリット、銀行のメリットは消費者金融のデメリットとそれぞれ対照的な項目になっていることが分かります。

つまり、金利面(利息面)での利便性を取るか、利用開始(審査時間)までの利便性を取るか、いずれかの条件を選ぶ必要性が出て来ることがあるわけです。

申し込むならどっち?あなたの都合に合わせた借入がベスト!

もちろん、この他にもそれぞれのメリットやデメリットは存在します。結局は申し込みをするあなたが、どのような利用方法を希望しているかが問題になってくると言えるでしょう。

  • 即日融資を目指すなら消費者金融のキャッシングが向いている
  • 時間がかかっても低金利を希望するなら銀行のカードローン
  • その他で気にすることをピックアップしてみる

審査にかかる時間や金利面の他にも、気になることがあるかもしれません。例えば「初めてでもスムーズに申し込めるのだろうか?」という不安があれば、接客態度の良い金融機関を選ぶべきです。

また、「いつでもどこでも借入をしたい」となると、消費者金融でも銀行でも、全国に利用できる店舗やATMがある大手の業者が良いと言えるでしょう。

消費者金融も銀行も、大手から中小まで、様々な規模で経営しています。ただ、初心者は分からないことや戸惑うことが多く、どうしてもスタッフと接触したいと思うかもしれません。

スタッフと接触する機会が多いと予想するのであれば、まずは大手の消費者金融や銀行の商品を選ぶと良いでしょう。いずれも接客レベルが高く、満足のいく対応をスピーディにしてもらえるはずです。

返済が気になる!自分でも調べてみることが最善

初心者が気になる他のポイントと言えば、やはり返済についてのことではないでしょうか。少しネットを調べてみると、返済が苦しくなった、どうしよう…という悩みを見かけることも多いはず。これでは不安になりますよね。

  • 借入前に返済回数や月々の返済額を算出してみる
  • 納得がいく金額でなければ利用計画を変更する

借入前にそこまで考えるべきことなの?と言われれば、必ず考えるべきことだと断言できます。返済は多くの初心者が考えるより、重要で厳しい面が出るものだからです。

計画通りに返済できれば良いのですが、つい返済を忘れてしまうことがあるかもしれません。その月の出費が予想外に多く、返済金を用意できない可能性がないとは言えません。

借入前に自分なりに計画を立て、いざ返済トラブルの時にはどうすれば良いのか、事前に対策を練っておいても悪いことはないでしょう。そしてこういう疑問こそ、借入前にスタッフに質問してみることをお勧めします。

大手?中堅?それとも小規模?初心者向けの消費者金融の選び方

消費者金融で借入をする時、どの業者を選ぶべきなのでしょうか。大手から中小、中には学生専門の学生ローンもあるわけですが、あまりの数の多さに迷ってしまいそうです。

初心者には大手が良いとお勧めしましたが、実際には中小にもメリットがあります。もちろんデメリットもありますので、その点は気を付けていきましょう。

学生ローンは学生専門の消費者金融です。規模としては小規模に入る業者がほとんどで、大学がある学生街の近くにあることが多い傾向があります。

学生専門とはいえ消費者金融ですので、金利や申し込み資格は一般の消費者金融と変わりません。

初心者以外にも大人気!大手のメリット&デメリット

大手の消費者金融が手掛けるキャッシングブランドと言えば、アイフルやアコム、プロミスなど、テレビや雑誌、インターネットで大々的に宣伝している企業を思い浮かべるでしょう。

大手には大手のメリット、デメリットがあります。メリットの方に注目しがちなのですが、デメリットもしっかり知っておきましょう。

メリット デメリット
消費者金融の中でも審査が速い
全国展開のためどこにでも店舗がある
24時間利用できる提携ATMが多い
スタッフの教育レベルが高い
店舗に入ると目立つかも…と思う人もいる

しっかり知っておきましょう、と言う割には、デメリットにはこの程度のものしかありません。キャッシングをするということを他人には知られたくない人であれば、有名すぎる消費者金融の店舗に入るのは気が引けるかもしれませんよね。

しかし、このデメリットもしっかり解消できます。大手の消費者金融は、ほぼ確実にインターネットでの申し込み、借入ができるようになっています。誰にも見られずに、申し込みから借入までを終えることが可能なのです。

メリットはやはり、規模が大きく、全国展開をしているため、多くの土地に多くの店舗(自動契約機含む)があるということでしょう。

旅行先や出張先で急に現金が必要になっても安心ですよね。

提携ATMの多さやスタッフの教育レベルの高さも、初心者には嬉しいものです。大手に人気が集中するのは、デメリットよりもメリットが大きいという点に尽きると言えるでしょう。

中小だって負けてない!大手にはないメリットとデメリットとは

消費者金融初心者の人では、中小の消費者金融を知っていることはあまりないでしょう。よほど熱心にインターネットなどで調べれば別ですが、やはり知名度は大手にかないません。

しかし、中小でも有名な消費者金融がありますし、利用も大手に負けないレベルの高さを誇ることも珍しくありません。特にセントラルやフクホーといった業者は、中規模ながらもかなりの人気を集める業者です。

それでは中小消費者金融のメリット、デメリットをチェックしてみましょう。

メリット デメリット
借入額が少額でも対応してくれることが多い
少額借入=返済しやすく信用情報を積みやすい
店舗数が少ない、または1店舗のみ
大手ほど対応が優しくないことも

大手の消費者金融では、一部を除き、最低借入額が1万円~となっていることが多く、数千円だけ必要な時に困ることもあります。それに対し、中小では数千円に対応してくれることも。

借入額が少なければ、返済もすぐに終えやすいということもメリットですね。借入額に関わらず、しっかりと期日を守って返済をすれば、あなたの信用情報はかなり高くなっていくことになります。

デメリットとしては、大手と比較すると圧倒的に店舗数が少ないということです。小規模の場合は1店舗のみということも少なくありません。

店舗が自宅や行動範囲から遠くても、インターネット申し込みに対応していれば問題ありませんが、対応していなければ諦めざるを得ない時もあるかもしれませんね。

借入先の銀行口座が必要なことも!銀行カードローンの選び方

銀行のカードローンは、消費者金融と同様、やはり大手や中小の違いを意識して選んでいく方法があります。しかしその他にも、銀行独特の特徴から選んで行くのも悪くないかもしれません。

  • 銀行口座を開設しなければ申し込めないカードローン商品がある
  • 申し込み資格に制限が設けられていることもある

銀行のカードローンの目立った特徴としては、この2点があります。銀行口座の開設は必須ではないという商品が増えてはいますが、銀行としては自行口座を増やしたい気持ちがあるのも確か。

特に中小銀行のカードローン商品では、自行口座開設が必須となっている商品が多いようです。

既に自行口座を持っているのであればその必要はないのですが、もしも未開設であれば、カードローン申し込みと同時に開設申し込みもしてしまいましょう。

申し込み資格に制限?商品案内でしっかりチェックしよう

申し込み資格と言うと、銀行だけではなく消費者金融もあるのですが、銀行の場合は特に明記される立場の人がいます。商品によって申し込めるもの、申し込めないものが分かれていることが多くなっています。

  • 専業主婦は申し込めない商品がある銀行も

銀行の中には、専業主婦が申し込めないカードローン商品を取り扱っていることがあります。大抵は利用限度額が高く、社会的地位が高い申込者を集めたい商品です。

専業主婦が申し込めないカードローン商品では、商品説明で「専業主婦の方は申し込めません」等、分かりやすい一文が添えられています。消費者金融では特に明記されない項目です。

専業主婦の人は、利用してみたい商品に申し込めるかどうかを確認しておく必要があります。これと言って明記されていない場合には、申し込みをしても問題ありません。

銀行ならでは!利用実績で今後の大型ローンが有利になるかも!

銀行のカードローンを選んだ場合、将来的に大きなメリットが発生することも考えられます。特に長く同じ銀行を使っていきたい人であれば、カードローンもその銀行で選ぶと良いかもしれません。

  • カードローンの利用実績が良いと大型ローンの審査で良い影響がでる

大型ローンの代表格と言えば住宅ローンなど。銀行で長期的なローンを組む人も多いですよね。

この時、同じ銀行のカードローンを利用していて、返済態度などに問題がなければ、大型ローンの審査でプラスの影響をもたらします。

逆を言えば、カードローンの返済に遅れたりしていると、大型ローンの審査で悪影響が出る可能性が高くなると言うことですね。その点はしっかり気を付けて行かなければいけないポイントです。

銀行によっては、大型ローンの申し込みの時にカードローンの利用に難色を示されることがあると言います。申し込みの前に行員さんに確認し、必要であれば利用を控え、利用残高は完済しておくと良いでしょう。

消費者金融も銀行も便利!使い過ぎには要注意

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローン、メリットとデメリットやそれぞれの特徴を見て行くと、どちらに申し込むのかがおのずと決まって行くのではないでしょうか。

メリット、デメリットをご説明してきましたが、結局は人によって何がメリット、デメリットになるか違うかもしれません。金利面を重視する人もいればサービスの質にこだわる人、専業主婦なら申し込みができるかどうかが重要です。

最近のキャッシングとカードローンはいずれも便利で、どちらにしても生活に潤いを出してくれることには変わりありません。しかし使い方を間違えれば大変なことになる可能性もあります。自分に適した商品をしっかり選んでいきましょう。