キャッシング審査は甘くない!気を付けておきたい信用情報

キャッシングの申し込みをすれば、すぐに審査が始まります。ブランドによって審査時間は変わりますが、その審査内容には共通点があると言っても良いでしょう。

審査に通過するかどうかは、全てあなたの信用が物を言います。スコアリングされた点数、精査される情報など様々ですが、中でも気になるのが信用情報ではないでしょうか。

そもそも信用情報とは?審査にどんな影響が出るの?キャッシングの申し込み前に抑えておきたいポイントをご紹介します。

審査は2段階!多くのブランドで使われる仮審査、本審査

キャッシングブランドのみならず、最近では銀行カードローンの審査でも、仮審査、本審査という二段階に分かれています。仮審査では機械的に申込者の情報をチェック、本審査で細かい点まで見て行くという形になります。

審査段階 内容
仮審査 申込者の個人情報を点数化する
スコアリングシステムと呼ばれる
機械的に判別、通過の是非を判定する
本審査 仮審査を通過した申し込みを精査する
仮審査よりも情報が掘り下げられる
個人情報に加え、信用情報も見られる

仮審査ではスコアリングシステムと呼ばれる審査方法が採用されています。個人情報を点数化し、合計点数によって、仮審査を通過するかどうかを決定します。年収や職業など、基本的な情報がチェックされることになります。

算出された合計点数は「属性」と呼ばれます。少し分かりにくい呼称ですが、要は合計点数だと考えておけば差し支えないでしょう。点数が高ければ高いほど、属性が高い=審査に通過する可能性が高い、と言われています。

ただ、属性が低いということになっても、すぐさま審査に落ちるというわけではありません。各ブランドによって審査通過の基準が異なりますので、年収が低いし職業もちょっと…と言う人でも、申し込んでみる価値はあります。

情報精査!本審査ではかなり深い情報も見られている!

仮審査を通過すれば、次に行われるのは本審査です。この本審査を通過すれば、ほぼキャッシング審査は完了していると考えて良いでしょう。本審査では以下のようなことがチェックされると考えられています。

  • 他社からの借入状況、返済態度を更に深くチェック
  • 年収と総量規制の兼ね合い
  • 過去に法的整理の経験があるか否か
  • 多重申し込みを行っていないか

他社からの借入状況や返済態度は、新規の借入審査に非常に重要な影響を与えます。ここで総量規制を超えそうな借入残高や、他社への返済の滞りが発見された場合、本審査に通過することが難しくなってきます。

また、過去に法的整理の経験や、現状での多重申し込みが発覚することも、あまり良い影響には繋がりません。

特に法的整理でもいまだ返済中であったり、多重申し込みがあれば、やはり本審査の通過は難しいでしょう。

こういったことに問題がなければ、借入限度額などが決定され、本審査を通過できます。あとは在籍確認など、最終段階のチェックを完了すれば、晴れて契約が成立し、決められた範囲内でのキャッシングが可能となります。

消費者金融は審査が緩い?絶対そんなことはありません!

一部では、消費者金融は審査が緩い、甘いと言われています。過去の借入や返済に多少問題があっても、とにかく簡単に貸付してくれるというイメージを持っている人もいるようです。

しかしこれは完全な間違いで、消費者金融の審査は、はっきり言って銀行並の厳しさで臨んでいると言っても過言ではありません。

消費者金融の審査がスピーディで、申し込みから契約成立まで最短で数時間で終わるため、このような噂が出回っているわけですが、実際は消費者金融各社が長年積み上げた審査のノウハウにより、スピーディであるだけなのです。

中にはろくな審査もせず、簡単にお金を貸してくれる業者がいるかもしれません。しかしあまりにもいい加減な審査だと感じた時には、契約を控えておいた方が良いでしょう。違法業者の可能性がないとは言い切れません。

信用できる、安全に借りられる消費者金融ほど、誠実な審査を行っています。あなたが望まない結果になったとしても、それは最終的にあなたのためになるとうことも覚えておきましょう。

がっつり見られる信用情報!過去の借入以外も注意

過去の借入や返済態度、法的整理、多重申し込みの状況が本審査でチェックされるわけですが、こういった情報は「信用情報」と呼ばれます。プライバシーに深く関わる内容、一体どこでそんな情報を得られると思いますか?

  • 信用情報は信用情報機関で閲覧可能
  • 本審査で信用情報機関に照会、チェックされる
  • 最大で過去10年の金銭取引が記録されている

信用情報は、キャッシングやカードローン、ショッピングローン、その他銀行の大型ローンなども含め、申し込みから利用状況、返済状況などが信用情報機関に全て登録されています。

自分で信用情報を登録するのではなく、申し込み、利用などをしたキャッシング会社、カードローン会社、銀行などが必ず登録することになっており、登録した金融機関以外、基本的に編集や削除ができません。

キャッシングなどの融資商品の審査の時には、金融機関が信用情報機関で申込者の信用情報をチェックし、審査結果に反映させることになっています。

特に過去に融資商品を利用した経験があった人は気にするべき点です。問題なく返済を終えている、あるいは返済しているというケース以外、延滞や滞納があれば、審査に悪影響が出ることは間違いありません。

初めてキャッシング人も注意!多重申し込みがチェック対象!

今まで融資商品を一切使ったことがなく、信用情報をチェックされても大丈夫!という初心者さんももちろんいるでしょう。ところが、そんな人でも信用情報が原因で審査に通過できないケースが頻発しています。

  • 信用情報機関には現状での申し込み状況が登録されている
  • 申し込みが他社に多数ある場合は審査に悪影響が出る
  • 多重申し込みと呼ばれ、ブラック扱いとなることもある

金融商品に申し込みをすると、金融機関の担当者によってほぼすぐに信用情報機関に登録されます。審査が終わっていなくても同様です。この時に問題になるのが多重申し込みです。

多重申し込みとは、同時期に複数の金融商品に申し込みをしている状況を指します。金銭的に逼迫しすぎていると受け取られ、審査に落ちる原因となります。

それだけならまだしも、多重申し込みをしたという情報が信用情報機関に登録されてしまうことになります。金融機関によってはブラックリスト扱いとなり、登録された情報が消えるまで、審査に通過することが難しくなります。

多重申し込みの登録情報は半年ほどで消去される決まりです。たった半年と考えるか、半年も審査が厳しくなると考えるかは個人の感じ方次第ですが、あまり名誉な情報ではないということも知っておくべきでしょう。

全てチェックされる!信用情報機関はごまかせない!

信用情報機関に登録されていることを知らず、申し込みの際、ついつい下駄を履かせた情報を書き込んでしまうかもしれません。年収を少し高めに書いたり、他社からの借入を少し低く見積もったり。

ところが、信用情報機関では、先にも言った通り、金融機関によって情報が登録されているため、審査の際には事細かな参照が可能になります。

年収は昇給などで変わることもあるため、多少の変化はそれほど重要視されませんが、勤務先情報などが過去の金融商品の利用時と一致していないと、鋭くチェックされることになります。

  • 意図的な誤情報は通用しない
  • 審査に悪影響が出ることもある
  • 確認のために連絡(電話)が来ることもある

信用情報機関に登録された情報と、申込書に記入された情報が異なっていると、確認のために電話がかかってくることもあります。

ここで正当な情報に訂正できない場合、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

本審査はそれほど細かくチェックされる段階です。悪気はないとはいえ、誤った情報を提出すること、ましてや意図的に審査で騙そうということは決して行わないようにしましょう。

信用情報機関はこの3つ!自分でも閲覧可能!

信用情報機関は日本に3つ存在し、金融機関のジャンルにより、登録・利用する信用情報機関が異なっています。銀行、信販会社、消費者金融ごとに以下の様に分かれています。

金融機関 信用情報機関 略称
銀行、信用金庫等 全国銀行個人信用情報センター KSC
信販会社 株式会社シー・アイ・シー CIC
消費者金融 株式会社日本信用情報機構 JICC

銀行はKSC、信販会社はCIC、消費者金融はJICCです。キャッシングを考える時気にするべきなのはJICCということになりますね。

過去にキャッシングを利用したことがある、申し込みをしたことがあると言う人の信用情報は、一定期間の間はほぼ例外なく保管されています。

保管している間に新規の申し込みを行うと、信用情報機関で参照されることになります。

ジャンルが違っても誤魔化せない!信用情報機関同士で情報共有も

例えば、銀行カードローンではもう借りられないという人が、消費者金融でキャッシングをしようとするかもしれません。銀行が参照するのはKSC、消費者金融はJICCですから、信用情報の参照のしようがなさそうですよね。

ところが、各信用情報機関では、信用情報の共有システムを採用しています。ジャンルの違う金融商品でも、審査の段階で情報を参照できることになるのです。

共有システム 共有信用情報機関
CRIN(クリン) JICC、CIC、KSC
FINE(ファイン) JICC、CIC

CRINではJICC、CIC、KSCの全ての信用情報機関が、FINEではJICCとCICが参加しています。それぞれシステム名、参加信用情報機関は異なっているものの、申し込み者の信用情報を参照できる点は変わりません。

他のジャンルでの金融トラブルは、結局のところ、新規の申し込み先にも知られてしまう結果となるわけです。

もしも悪質な騙し方をしようとすれば、審査に落ちるだけではなく、その行為も信用情報機関に登録されかねません。

過去に審査の不利になるようなマイナスな経験があっても、新規申し込み時には誠実に申告することが最善だと言えるでしょう。

心当たりがあっても思い出せない!本人の閲覧も可能です

いざ新規で申し込みをする時、「過去の申し込みや借入、返済でトラブルがあったかな…?」と迷ってしまう人もいるかもしれませんね。そんな時には自分で自分の信用情報を閲覧することができます。

閲覧には手数料がかかりますが、申し込み前に不安を払拭するためにも、気になる人はぜひ自分の信用情報を照会してみましょう。

信用情報機関 申請方法、手数料 手数料、必要書類
KSC
(銀行カードローンなど)
申請書類の送付のみ:1,000円 登録情報開示申込書
1,000円分の定額小為替証書
CIC
(割賦販売など)
パソコン、スマートフォン:1,000円
郵送:1,000円
窓口:500円
・パソコン、スマートフォン:
→契約時に利用した電話回線
・郵送、窓口
→信用情報開示申込書、本人確認書類
JICC
(消費者金融)
スマートフォン:1,000円
郵送:1,000円
窓口:500円
・スマートフォン
→身分証明書
・郵送
→信用情報開示申込書、本人確認書類
・窓口
→信用情報開示申込書、本人確認書類

KSCは郵送のみの申し込みとなります。CIC、JICCはインターネットからの申し込みも可能な他、直接信用情報機関に足を運び、必要書類さえあれば、手数料500円で自分の情報を参照することができます。

直接足を運ぶ以外の手数料は1,000円となっています。支払い方法は小為替、またはクレジットカードが利用できることもありますので、使いやすい方法で支払いましょう。

参照の結果、問題がないと分かればキャッシングの新規申し込みに挑んで下さい。少なくとも金銭的な信用は保証されていることになりますから、自信を持って審査が受けられます。

一方、問題があると思った人は、その情報が登録されている間は申し込みを控えるか、高額の申し込みをやめておくといった方針を取ることが必要になってくるでしょう。

記録はいつまで保管される?最低半年~最大で10年

各金融機関が信用情報機関に登録した情報は、最低で半年間、最大で10年間ほど保管されることになります。編集や削除は本人であってもすることができません。各信用情報機関の登録期間、内容は以下の通りになります。

空白 登録情報 照会記録情報
KSC 最大で5年
※破産等の官報情報は最大で10年
最大で6ヶ月
CIC 最大で5年
※破産等の官報情報は最大で5年
最大で6ヶ月
JICC 最大で5年
※破産等の官報情報は最大で5年
最大で6ヶ月

登録情報とは、氏名や年齢などの個人情報に加え、借入や返済状況の情報になります。照会情報は申し込み時に情報を照会した時の記録です。多重申し込みはここで分かります。

自己破産などの法的な債務整理に関しては、KSCが最大で10年、その他は最大で5年ほど記録が残ります。思ったより長いと思うか、短いと思うかは個人の考え方、状況によるでしょう。

申し込みのタイミングは?控えた方が良いケース

信用情報を照会すると、あなたの過去の信用情報が、現在どのように扱われているかが分かります。それをもとに、新規のキャッシング申し込みをした場合、どのような影響があるかも予想できるかもしれません。

一定の期間が過ぎていれば記録は消去され、審査には影響がなくなると考えられます。しかし、あまりにも重大な延滞記録や破産記録が残っている場合、心象は悪くなるかもしれませんね。

駄目で元々、審査に申し込むのも良いかもしれませんが、実は「審査に落ちた」という記録も登録され、保管されることになります。あまり名誉な情報ではありません。

審査落ちを避けるため、または落ちたという記録をできるだけ残さないため、信用情報を先に参照し、今後の申し込みについて考えることも重要だと言えそうですね。

審査通過への近道は自分を知ること!信用情報を意識しよう

金銭関係の信用情報は、キャッシングやカードローンに申し込もうと思わない限り、あまり意識しないものかもしれません。それでも審査に直結する重要な情報ですから、気になった時には照会してみるのも良いでしょう。

照会の結果、自分が審査に通過しやすい、しにくい状況のどちらにあるのかが分かりやすくなります。無理な借入をしないことにも繋がりますし、今後のあなたのために有効な結果が得られるでしょう。

もちろん、照会の上で自信を持って申し込みができることが一番です。信用情報開示と言うと何となく難しそうですが、実際はそうでもありません。時間が取れるのであれば、活用していくと便利な存在が信用情報機関です。