銀行との違いは何?信用金庫のお金の借り方のポイントはコレ!

銀行や消費者金融でカードローン、キャッシングなどの個人向け融資商品があるのは有名ですし、愛好家も多いですよね。でも、信用金庫となると、あまり利用した人がいないかもしれません。

信用金庫は銀行と同じ枠で考えられる金融機関ですが、一般的な銀行とは少し違う性質を持っています。日常生活の中で利用する人が限られているかもしれません。

しかし、実は信用金庫にもおトクなローン商品があります。知っている人がトクをする信用金庫、お金を借りる時のコツを知っておきましょう。

銀行と違うの?信用金庫の特徴と利用方法

ライフスタイルによっては、普段の生活の中で信用金庫を利用するということが少ないかもしれません。特にお金を借りるとなると、銀行や消費者金融など、身近で手軽に利用できる金融機関を選ぶことが多いでしょう。

信用金庫は地域に密着した金融活動を行っています。簡単に言ってしまえば、銀行とほぼ同じ業務を行っているのです。

  • 銀行と同様に預金や借入が可能
  • 個人向けの貸付商品も用意されている
  • 営業地域が銀行よりも狭い
  • 原則として会員にならなければ利用できない
  • ただし非会員への貸付等も可能となっている

信用金庫は基本的に「営業地域が限定された銀行」と考えておいて差し支えありません。

一般的な企業融資はもちろんのこと、個人向けの少額貸付(カードローン等)も提供しています。

原則として、利用したい信用金庫の会員になり、出資金を納めた人に向けた金融機関ですので、条件によっては利用できない人もいるというウイークポイントがあります。

ただ、商品によっては出資金を出さなくても(会員にならなくても)利用できる商品があります。低額の個人貸付によく見られるシステムですので、カードローン商品を利用したい時には、まず条件を見てみるといいでしょう。

地域活性化のための金融機関!条件次第で銀行より使いやすい面も

信用金庫の目的は、金融機関として利益を上げることよりも、どちらかと言えば「地域の活性化」に重点を置いたものとなっています。

  • 地域の会員企業に運転資金を融資する
  • 低金利で地域の会員にローン資金の貸付をする
  • 個人の生計費等に利用できる少額貸付(カードローン)も取り扱う

地域の会員に様々な融資等をすることにより、地域の活動が活性化し、結果的に社会貢献をするという方針を取っているのが信用金庫です。

個人向けのカードローンもその理念にのっとっているため、低金利で返済をしやすい商品が多く、多くの人が使えるようなスペックを準備していることがほとんどです。

【例外アリ】利用の条件って何?会員になるには出資金が必要だけど

信用金庫を利用するには、まず会員になる必要があります。会員になるためには以下の条件を満たしていなければいけません。ただし、この条件の一部は「原則として」ということになっています。例外は後ほどご説明しますね。

  • 出資金(1万円程度~でOK)を納める
  • 信用金庫の営業地域に住居、または勤務先があること

出資金と生活圏内の住所が重要視された条件になっています。出資金は高額を用意する必要はなく、1万円程度からの出資でOKです。退会時には返金されます。また、配当金もあるため、場合によってはおトクな条件でしょう。

あくまで「原則として」となりますので、例外があるということになります。

商品によっては会員にならなくても利用することができるため、住居や勤務先の住所が信用金庫の営業範囲内であれば、出資の手間なく申し込むことができるのです。

どのような商品が対象となるかと言うと、「700万円以下の借入を希望する場合」です。借入希望額が700万円に満たないのであれば、会員ではなくても商品に申し込むことができます。

つまり、よほどの高額借入を希望するのでなければ、カードローンやキャッシングのような商品に申し込むことができるというわけなのです。

基本的に低金利!信用金庫のカードローンで計画返済

信用金庫には様々な商品があります。ほぼ銀行と同様です。住宅ローンやカーローン、教育資金ローンなどをはじめ、やはり人気があるのはカードローン。

信用金庫の金利は銀行同様に低めに設定されています。カードローンに関しては、少額借入であれば、やはり多少高いな…と感じることがあるかもしれませんが、それでも最大15%程度です。消費者金融よりもずっと低いことが分かります。

また、信用金庫の「地域活性化」という目的の恩恵として、「自営業の人も申し込みがしやすい」という点は見逃せません。

  • 低金利で借りられる
  • 会員なら自営業者でも個人向けカードローンに申し込みやすい
  • 利息分や出資金で地域貢献ができる

銀行や消費者金融の商品は、自営業者が申し込めなかったり、審査が厳しい、または提出書類が多くなってしまう等、少々面倒な性質を持っているものがほとんどです。

信用金庫のカードローン商品は、確かに証明書類等の準備はあるものの、基本的に自営業者に対して門戸を広く開いています。これで金利が低いとなれば、自営業者は積極的に信用金庫を利用しても良いと言えるでしょう。

申し込みができない人は?自営業者ならここをチェック

営業地域に住所さえあれば、非正規雇用を含む会社員、公務員、自営業者が低金利で利用できる信用金庫。ただ、自営業者でも以下の人は信用金庫を個人で利用することができません。

  • 反社会的理念を持つ組織
  • 個人事業主で従業員が300人以上いる
  • 法人事業主で従業員が300人以上、資本金が9億円を超える

反社会的理念を持つ組織とは、いわゆる暴力団等、社会的に歓迎されないカラーの人々のことですね。どのような金融機関でもお断りです。

個人事業主で申し込みができないのは、個人・法人を問わず、従業員を300人以上雇っている人です。法人の場合は資本金が9億円を超えたらやはり申し込めません。

とはいえ、従業員を300人以上抱えたり、資本金が9億円もある企業を経営している人なら、そもそも社会的ステータスは個人の幅を超えているでしょう。信用金庫以外の商品を利用することが充分に可能なはずです。
  • 小規模~中規模の自営業者
  • 営業地域に住居、勤務先がある会社員、公務員(非正規雇用含む)
  • 商品によっては専業主婦も可能

まとめてみると、信用金庫のカードローンを利用できるのは、このような人たちになります。住居のこと以外はやはりほぼ銀行と変わりません。専業主婦が利用できる商品があるのも嬉しいことですよね。

信用金庫ならではその1:審査スピードや利便性をチェック

信用金庫のカードローンは、銀行や消費者金融の商品とどのような違いがあるのでしょうか。金利や限度額、申し込み方法をチェックしてみました。

項目 内容
申し込み資格 ・20歳~65歳程度の年齢であること
※信用金庫、商品によって異なる
・700万円の借入なら会員以外でも可能
・安定・継続した収入がある
金利 平均11%~15%程度であることが多い
限度額 100万円~500万円前後となる
審査スピード 1週間~2週間以上はかかると考えた方が良い
※即日融資、短時間融資は期待できない
申し込み方法 インターネット、FAX等にも対応するが、
窓口まで直接出向く必要がある商品も多い

全国に多数ある信用金庫のカードローン商品を見てみると、このようなスペックを掴むことができます。金利は小規模~中規模の銀行程度、限度額はやはり小規模~中規模の銀行、そして消費者金融程度となっているようです。

人によって悩んでしまいそうなのは審査スピードかもしれません。最近の消費者金融では即日融資が当たり前のように採用されていますし、銀行でも数日程度でOKとなっています。

しかし信用金庫では審査スピードが期待できず、最短でも1週間程度、平均的には2週間程度かかると見ておいた方が良いようです。

また、土日祝日の申し込みは、翌営業日に審査が行われることがほとんどです。

スピード融資を求める人にはあまり向いていない金融機関になるでしょう。また、申し込み方法も、信用金庫によっては窓口まで直接出向かなければいけないことがあり、利便性という点では少し不満が出てしまいそうです。

それでも信用金庫での借入は、やはり低金利という魅力があります。多くの人が申し込みやすいという特徴も重視するべきです。利用まで急がないが確実に借入をする機会がある、と言う人には向いています。

信用金庫ならではその2:「保証料」が必要になる商品も!

銀行や消費者金融では聞かない「保証料」、信用金庫のカードローンでは、商品によっては必要になることがあります。商品概要に記載されていますので、申し込みをする前にチェックしておきましょう。

保証料とは、「しんきん保証基金」が申込者の保証人となるために必要な経費のようなものです。

しんきん保証基金は銀行や消費者金融で言うところの保証会社のことで、信用金庫が利用する保証会社だと理解しておけば問題ありません。また、しんきん保証基金以外の民間会社が保証会社となることもあります。

銀行や消費者金融では保証料不要となっていることも多いのですが、信用金庫のカードローンでは必要となるケースがあります。

ただ、カードローン商品はこの保証料が金利に含まれた上での利用になりますので、非常に分かりやすく便利に利用できます。

保証料という単独の項目で支払いをすることはなく、利用者としては面倒な計算などをする必要がなく、感覚的には一般のカードローン同様だと言えますね。

申し込み前に注意!やっておくと便利なこと

信用金庫のカードローンに申し込む時には、先にいくつかの手順を片付けておくと、スムーズに審査が進み、借入までの期間を数日だけでも短縮できる可能性があります。可能であれば以下のことを済ませておきましょう。

  • 信用金庫に口座を作っておく
  • 可能なら給与振込を信用金庫口座にしておく
  • 必要であれば出資金を出し、会員になっておく

はっきり言ってしまうと、信用金庫は事務手続きがそこまでスピーディではありません。利益重視ではないため、仕方のない一面だと言えます。

自行口座を持っていなくてはならないという申し込み条件があるカードローンに申し込みたい場合には、先に口座開設手続きを済ませておいた方が良いでしょう。

返済は口座振替のみということも多く、特に問題がなければ、給与口座を信用金庫口座に設定し、返済に滞りが出にくい状態にしておくのも良い方法です。

また、自行の口座を返済口座に指定すると、金利優遇などのサービスを行っている信用金庫も存在します。

気になったカードローンがそのサービスを行っているのであれば、絶対に開設した方がおトクですよね。

借入のダークホース!信用金庫でかなりおトクに借りられる!

信用金庫は営業地域に制限があるものの、地域内に住居や勤務先があれば、銀行同様に利用できる金融機関です。あまり営業熱心ではないイメージもありますが、最近では個人の低額貸付に積極的な信用金庫も増えています。

個人向けのカードローンは、銀行と比較しても遜色のない低金利であるものが多く、消費者金融を利用するよりもおトクに使える商品が用意されています。審査に時間がかかっても大丈夫な時には選択肢に入れるべきでしょう。

銀行や消費者金融と違い、信用金庫独特の特徴に戸惑うこともあるかもしれませんが、利用してみればすぐに慣れるものです。一度お近くの信用金庫を覗いてみてはいかがでしょうか。