キャッシング枠の変更希望。増やしたい時はどうすればいい?

キャッシングを利用しているうちに、利用限度額を増やしたいと感じることがあるかもしれません。金融機関では「枠を増やす」という言葉でも取り扱われます。逆に減らしたい時は「枠を減らす」と言うことが多いようです。

要は利用できる枠の増額、減額となるわけですが、これはどのような条件でキャッシング会社が認めてくれるのでしょうか。増額、減額したい時には即日対応してくれるかも気になりますね。

キャッシング枠の増額や減額の条件、方法、即日対応が可能なのかを調べてみました。

利用限度額の特徴は?何度も使えるキャッシングの魅力

キャッシングもカードローンも、利用限度額(契約極度額)が個人ごとに設定されます。この限度額内であれば、何回でも借入ができることになっています。

  • 利用限度額内なら契約期間中何回でも借入ができる
  • 前回以前の借入の返済が終わっていなくても追加で借りられる
  • 業者や銀行の審査によっては利用できなくなるケースもある

前回以前の借入を完済していなくても、限度額内なら借入回数に制限はありません。ただ、返済遅れなどが見受けられれば、消費者金融や銀行の判断により、追加借入が停止される可能性もあります。

万一突然追加で借入ができなくなった時、利用限度額を超えていないという自信があれば、返済遅れなどの原因を考えてみると良いでしょう。

業者側に理由の説目を求めても返答されないことが多いため、その点は気を付けて下さい。

総量規制に注意!利用限度額を増やす前に自分の借入可能額を知ろう

そして、中には利用限度額をもっと増やしたい人もいるのではないでしょうか。利用態度に問題がなければ、利用限度額の枠の増額を希望することができるキャッシング、カードローンがほとんどです。

ただし、消費者金融のキャッシングで枠を増やしたい時には、総量規制に気を付けた上で希望する必要があります。

  • 年収の三分の一を超える利用限度額を設定することはできない

キャッシングに詳しい人の間では有名な総量規制。利用者が借り過ぎて返済に困らないようにする法律ですが、利用者によっては不便を感じる人もいるようです。ただ、これは法律ですので、どう頑張っても例外はありません。

以前は「銀行なら総量規制は関係ないからいくらでも借りられる」という話もありましたが、最近はそのようなこともなくなっています。銀行でも年収の三分の一以内を目安とした貸付にシフトしていると覚えておきましょう。

年収の三分の一以内、総量規制内であれば、利用限度額の枠を増やすことに問題はありませんし、業者側の審査に通れば、現状よりも多くの金額を借入することが可能になります。

枠を増やす方法は?業者のお誘いか自分で申請!

利用限度額の枠を増やす方法は、大きく分けて2つあります。

  • 業者側からの勧誘
  • 自分で申請する

利用が一定の回数を超え、返済態度に問題がなければ、業者側が優良な顧客と判断し、利用額の増枠を案内してくることがあります。あなたの金銭的な信用が社会的に上がったという証明にもなりますね。

また、業者側からではなく、自分から申請をすることも可能です。また、ずっと増枠したいわけではなく、旅行などで多めに予算が必要と言う時など、一時的な増枠が可能な業者もありますので、臨機応変に使い分けましょう。

どちらの方法でも、業者側が改めて様々な審査をします。在籍確認をするほどの詳細な審査ではないと言われていますが、申し込みの時と異なる情報になっている人は、増枠申請の前に個人情報を修正しておくと良いでしょう。

尚、利用限度額を減らす場合には、ほぼ審査は行われません。減枠の申請の時には、増枠よりも短い時間で手続きを終えることができます。必要な時になったらまた増枠申請を行いましょう。

即日で増枠は可能なの?あなたの信用情報次第で決められる

銀行はほぼ無理ですが、消費者金融のキャッシングなら、増枠申請を当日中に対応してくれることがあります。

様々な業者がありますが、やはり大手消費者金融の方がスピード性に長けていると言われています。

  • 即日で増枠対応してくれる消費者金融もある
  • 中小よりは大手の消費者金融の方がスピーディ
  • 急いでいる時には大手の方が良い

大手の消費者金融は、即日の増枠申請に対応してくれるかどうかを公式サイトなどでアナウンスしています。急ぎの時にはまず公式サイトや公式アプリからチェックしてみると良いでしょう。

対応してくれるのであれば、そのまま申請をしてしまってもほぼ問題ありません。ただし先にも触れましたが、契約当初と環境が変わっている人は、申請前に個人情報を書き換えておきましょう。

即日増枠のポイントは?ここでも関わる信用情報

即日で増枠に対応してもらうためには、あなたが信用できる人物だという証明が必要です。その証明のほとんどは、各業者がチェックする信用情報が材料となります。

  • 増枠の審査では信用情報が参照される
  • 過去の返済態度に問題がないことが第一
  • 他社からの借入が多額だと審査に通りにくい

増枠の審査では、新規申し込みの時と同様、信用情報を参照して利用者の信用度を測ります。この時、過去の返済態度に問題があると、増枠が不可能かもしれません。

また、他社からの借入があると、借入残高によってはやはり増枠審査に通らなくなります。

総量規制に触れそうになったり、あるいは返済能力に見合わない借入をする可能性があると判断されると、増枠は難しいでしょう。

増枠審査で減額の可能性も?日頃の返済態度は絶対重要

増枠申請をすれば必ず増枠できるわけではありません。審査の結果によっては増枠が不可能であると判断されます。以降は以前通りの利用可能額でキャッシングが可能です。

しかし、審査の結果によっては、増枠どころか減額になってしまうケースもあるのです。

  • 審査の結果、過去の利用状況に問題があると判断された
  • 年収が下がり、返済能力や総量規制に問題が発生すると判断された

減額になってしまうことはそう頻繁ではありませんが、全くないとは言えません。過去の利用状況に問題があった(返済遅れなどが頻繁にあった)場合には、審査に通らないどころか、悪質であれば減額になることも。

また、転職などによって年収が下がってしまっていると、返済能力や総量規制の点で、以前よりも問題が出ると判断されることがあります。やはりこれも減額される可能性が否定できなくなります。

業者側が一方的に減額を通告してくることは滅多にないのですが、増枠申請がきっかけで改めて審査をしたら…という状況も考えられます。過去の利用状況や現状の収入などに自信がない人は、申し込まない方が賢明かもしれません。

即日増枠のコツは?早め早めの申し込みがポイントに!

即日に増枠の審査を済ませ、当日中に借入をしたい時には、増枠申請の受付時間と審査可能な時間帯の兼ね合いに気を付けましょう。

  • 増枠の申請は基本的に24時間できる業者が多い
  • ただし営業時間外の申請の審査は翌営業日になる
  • 当日中に利用したい時には早めの時間に申請手続きを済ませること

増枠の申請の方法は業者によって様々ですが、最近ではインターネットの公式サイトから、増枠申請専用のコンテンツを案内していることが多くなっています。ここから申請手続きを行えば、あとは結果を待つだけです。

インターネットでは24時間、申請の受付が可能です。しかし、受付はできても、時間帯によっては営業時間外となり、審査ができる社員がいないため、審査そのものは翌営業日に回されることになります。

どうしても当日中に増枠の審査を終えたい場合には、営業時間内に間に合う時間帯に申請手続きを終えなくてはいけません。

業者によっては最終受付時間を明記していることもありますので、ぜひチェックして下さいね。

土日祝日の申請は?自動契約機で対応が可能なことも!

土日祝日に増枠申請をしたくても、目当ての消費者金融は営業日じゃないし…と諦める必要はありません。一部の大手消費者金融になりますが、土日祝日(あるいは土日)に営業している自動契約機があれば対応可能なのです。

自動契約機は新規申し込みや借入・返済に利用するイメージが強いものですが、実は個人情報の書き換え、その他の手続きも可能なのです。もちろん増枠、減額の申請手続きもできてしまいます。

  • 土日祝日の申請は自動契約機からできる業者がある
  • 自動契約機の営業時間内に手続きを終えれば大抵は当日審査になる
  • 不安な場合にはやはり早めの時間に行くと良い

自動契約機は完全に無人のブースですが、別の場所に消費者金融のスタッフが待機しています。すぐに審査をすることに加え、質問やトラブルがあればいつでも対応できるシステムというわけです。

増枠申請の審査も、自動契約機で申し込みをすればその場で審査が始まります。審査が完了するまでブースから出られませんが、それで増枠できるのなら楽しみな時間にできそうですよね。

ただ、自動契約機は時間帯や日程によって混雑する時間帯があります。

順番待ちの間に営業時間外になってしまうと、ブースに入ることもできなくなりますので、不安な場合にはやはり早め早めの時間帯に行くべきでしょう。

自動契約機ならこの業者!大手はやっぱり対応済み

当然ですが、自動契約機は全ての消費者金融が持っているわけではありません。しかし、日本で有名な大手消費者金融のキャッシングブランドであれば、大抵は日本全国に自動契約機を用意しています。

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

この5つのキャッシングブランドは、全国的に店舗と共に自動契約機を展開しています。営業時間は各ブランド、各営業所によって異なってきますので、公式サイトや情報サイトでチェックしてみて下さい。

大手の良いところは、自動契約機のような便利なツールを設置する体力があるということです。また、対応するスタッフの教育も行き届いており、普段自動契約機を利用しない人でも安心して使うことができます。

尚、自動契約機のブースには、契約者本人しか入れません。ご家族やお友達でも一緒には入れませんし、審査が終わるまで30分から1時間はかかりますので、時間を潰せるものを持って行くと良いですね。

スピードだったらキャッシング!枠の増減もすぐに対応

消費者金融のキャッシングは、とにかくスピーディに申し込み手続きなどを終えることができるという魅力があります。そしてその魅力は、増枠申請にも及んでいるため、ほぼいつでも利用することが可能です。

増枠の際には手続きや審査が必要ですが、やはりこちらも営業時間さえ間違えなければ、当日中に増枠できる業者も多くなっています。特に大手の自動契約機は土日祝日も利用できるため、急ぎの時にはお勧めです。

増枠をしても返済の義務は当然付いて回ります。借り過ぎに注意し、ストレスのない返済ができるよう、増枠についてもコントロールしながらキャッシングを利用しましょう。