借りる前に知っておく!使いやすいカードローンの条件とは

一口に「カードローン」と言っても、ちょっと検索するだけで、信じられないほどたくさんの商品が出てきますよね。何が違うの?とパニックになりそうです。

カードローンを選ぶ時、重要なのは「あなたがカードローンに何を求めているか」ということです。お金が借りられればいいんだけど…と言ってしまえばそれまでですが、できれば使いやすいものが良いことには間違いないでしょう。

カードローンを選ぶ時のコツは商品の特徴を知ることです。様々な特徴について見ておきましょう。

まずはカテゴリーから!カードローンは大きく分けて3種類!

カードローンはいずれも、「決められた限度額内で何回でも借りられる」という便利な特性があります。ちょっとした出費の時にすぐに対応できるため、いざと言う時のために持っている人も少なくありません。

カードローンは大きく分けると3種類のカテゴリーに分類されます。

  • 銀行が直接発行するカードローン
  • 銀行傘下のグループが発行するカードローン
  • 消費者金融が発行するカードローン

日本にある多くの銀行が、独自のカードローン商品を発行してます。また、大きな銀行であれば、グループ内に銀行以外の金融会社を有していることもあり、傘下の会社が発行するカードローンも存在します。

消費者金融はキャッシング商品が有名ですが、最近ではカードローンとキャッシングの垣根が低くなり、キャッシングとカードローンの利点を合わせた商品をリリースすることも多くなっています。

銀行と銀行系の違いって?よりおトクなカードローンを選ぶなら

銀行カードローンと銀行系、ちょっと聞いただけでは同じように聞こえますよね。でも、性質は全然違うものなのです。同じグループ内の商品だと、名前まで似ていることもあるため、勘違いしてしまうことも。

しかし、銀行カードローンと銀行系カードローンは、勘違いしてしまうと意外な損をしてしまうかもしれません。2つの違いを見てみましょう。

種類 特徴
銀行カードローン ・銀行が直接発行・運営し、銀行の資金から貸付をする
・カードローンの中では金利が最も低い種類となる
・銀行法が適用される
銀行系カードローン ・銀行から資金が提供されるが、運営は傘下の企業や提携している消費者金融が行う
・金利は取り立てて低いというわけではない商品が多い
・貸金業法が適用される

銀行カードローンは、銀行が直接発行し、運営を行います。銀行の公式サイトなどを見ると、融資の項目で紹介されているのではないでしょうか。

銀行系カードローンは、銀行が資金を出すのですが、発行や運営を行うのはグループ企業や提携している消費者金融となります。

銀行カードローンの場合、銀行が全てを取り仕切りますので、銀行法が適用されることになっています。対して銀行系カードローンは消費者金融が取り仕切るため、貸金業法の適用となるのです。

消費者金融のカードローンは?銀行とは一線を画す部分アリ

消費者金融のカードローンは、基本的にキャッシング商品と考えておけば分かりやすいかもしれません。銀行カードローンや銀行系カードローンと比較すると、利便性に長けた部分があります。

特に銀行カードローンの場合、営業区域によっては申し込みもできないということもあるのですが、消費者金融は全国に展開している大手も多く、より多くの人が利用しやすいというメリットに恵まれています。

種類 特徴
消費者金融 ・利便性の高い借入、返済ができる
・全国で利用しやすい
・貸金業法が適用される

銀行との提携も進み、以前は消費者金融の専用ATMからしか借入や返済ができなかった時代から、今では提携銀行のATMやコンビニATMを利用できるようになっていたりと、その利便性は他2種類の追随を許さない性質を持っています。

一番人気!銀行カードローンは金利と生活面でおトク!

銀行カードローンは「銀行の営業区域にいる人のみが利用できる」という制限はありますが、カードローンを探している人たちには最も人気のある商品です。

  • 金利が非常に低い商品が多い
  • 銀行が直接発行しているのでステータスが高い
  • カードローンの利用で銀行の信用を得やすくなる

銀行のカードローンの最大の特徴、かつ人気の秘密は、何と言っても「金利が低い」と言うことです。商品にもよりますが、どんなに高い金利でも、消費者金融の18.0%に届く商品は少ないカテゴリーになっています。

銀行が直接発行しているため、他の種類よりもステータスが高い(社会的、金銭的な信用がある)と思う人も多く、その点を重要視する人であれば、銀行カードローンを狙うと良いでしょう。

利用を続けることにより、銀行からは「良い顧客である」と認められることが期待できます。もちろん返済事故などは論外ですが、借りたお金を期日通りに返すだけで、銀行はあなたを信用してくれるようになりますよ。

他のサービスと連携していることも!自行発行ならではのメリット

銀行カードローンの中には、銀行内の他のサービスと連携しているものあり、生活の中で便利に使いこなせることがあります。これは銀行が直接発行していることによるメリットになるでしょう。

  • 自行口座を返済口座に指定しておくと他のサービスが受けられることも
  • 公共料金などの支払い時に口座の残金が足りなければ自動融資サービスも
  • 住宅ローンなどの大型ローンの申し込み時に金利優遇になることも

あくまで一部の銀行の一部のカードローン商品のメリットですが、実際のところ、このようなサービスを提供している銀行は少なくありません。

全国に展開するメガバンクだけではなく、地方の小規模な銀行でさえ、カードローンで信用を積んだ顧客には様々なサービスをしている事実があります。

もしもあなたのお住まいの近くに銀行があり、独自のカードローンを発行していたら、サービス内容をじっくり調べてみると良いでしょう。思わぬメリットを楽しめる可能性がありますよ。

審査は厳しい!でも専業主婦が利用できる商品が見つかることも!

金融商品に審査はつきものです。銀行カードローンの申し込みももちろん審査があるわけです。審査と言うと構えてしまいますが、銀行カードローンの場合、確かに構えた方が良いかもしれない厳しさを持っています。

  • 審査は3種類のカードローンの中で一番厳しい
  • 審査結果の通知までは数日~2週間程度を要することもある
  • ただし条件によっては専業主婦も申し込むことができる

審査は時間をかけて行われ、消費者金融で流行の即日融資はまず無理です。特に2018年以降は銀行側の自主規制により、以前よりも厳しく申込者の返済能力などを審査するようになっているため、迅速な審査は望めません。

ただ、銀行カードローンの場合、配偶者に安定・継続した収入があれば、専業主婦も申し込みができる商品があるという一面があります。

過程の生活に密着した生活をする専業主婦は、銀行口座を使うことも多いでしょう。毎月の固定費などを支払う時、銀行口座を利用、管理する専業主婦は少なくありません。

お金の管理がしっかりとできて、家庭に返済能力があれば、他の金融業界では敬遠されがちな専業主婦も利用できる可能性があるのが銀行カードローンなのです。

  • 金利が低いカードローンを使いたい
  • 審査にスピード性を求めていない
  • 専業主婦でもカードローンを利用したい

このような考えを持ってカードローンを探している人であれば、銀行カードローンはかなりおススメできる一枚だと言えそうです。

銀行系は敷居が低い?初心者の心理的ハードルに配慮抜群!

次に銀行系カードローンを見てみましょう。銀行カードローンと混同してしまいがちですが、銀行系カードローンはどちらかと言うと、消費者金融のカードローンに近い性質だと言えます。

  • 銀行カードローンほど金利が低くない
  • 銀行名がついている商品もある
  • 全国区の人が使える

まず金利ですが、決して低いとは言えません。銀行カードローンよりは高いものがほとんどです。極端に高いというわけではないものの、金利面だけ見れば、決しておトクとは言いにくいでしょう。

しかし、銀行カードローンと違い、全国区の人が営業区域を気にすることなく申し込めるというメリットがあります。

商品に銀行の名前がついているものも多いので、いかにも借金用のカード!と分かるわけでもなく、心理的に利用しやすい面もあります。

グループの銀行のATMの利用時には手数料無料ということも多くなっています。何かとかさむ手数料が無料になるのは小さな幸せを味わえますね。「銀行系」という名は伊達ではなさそうです。

返済方法の自由度が高め!好きな返済方法でスムーズ返済可能

借りた以上は返さなければならないのがカードローンです。銀行系カードローンの場合、銀行カードローンよりも多くの返済方法が用意されていることが多く、家計と相談する幅が広くなっていることもポイントです。

  • リボ払いが利用できるカードローンがほとんどである
  • 返済しにくい家計の時でも計画を立てやすい

銀行カードローンの場合、毎月結構な返済額になってしまうことも少なくありません。銀行系カードローンはリボ払いが選べることがほとんどですので、最初から返済額を低めに設定することも可能です。

リボ払いは賛否両論ある返済方法ですが、臨時収入やボーナス月には一気に大きめの金額を返済したり、一括返済を行うと、場合によっては一気に利息を節約できる可能性を持った返済方法でもあります。

もちろん、最初から多めの返済額を設定し、ハイスピードで返済することもできます。様々な返済ペースに調節しやすいのが銀行系カードローンのメリットの一つではないでしょうか。

審査はきっちり厳しい!多少は時間に余裕を持った申し込みが必要

銀行系カードローンは、銀行カードローンよりも審査が緩いという噂を聞いたことがあるかもしれません。しかしはっきり言ってしまえば、今の時代、そんな噂は全くあてになりません。

  • 審査は銀行並、もしくはそれに準ずる厳しさで行われる
  • 審査結果通知まではそれなりに日数が必要
  • 即日融資はできない

審査の厳しさは、銀行カードローンとほぼ同等だと考えても構わないでしょう。銀行ほど厳しいふるい分けをすることもないのですが、決して手心を加えてくれることはありません。

そしてやはり即日融資は無理となっています。審査結果の通知までにはそれなりに時間がかかり、数日は見ておいた方が良いでしょう。最短でも2日はかかることがほとんどです。時間に余裕を持った申し込みが必要です。

  • 消費者金融は心理的に使いにくい
  • 銀行カードローンより多様な返済方法を使いたい
  • 審査結果通知までに時間の余裕を持てる

このような要望がある人なら、銀行系カードローンを使いこなすことができるでしょう。計画性に富んだ使い方が期待できますね。

今時はカジュアル&安心!消費者金融は小回りが利く!

今の時代、愛好者が多くなっている消費者金融。キャッシングと言われる貸付方法が多いのですが、カードローンとほぼ変わりません。大手ではカードローン名称で商品をリリースしていることも多く見られます。

  • 金利はカードローンの中で最も高い
  • 大手銀行やコンビニATMが利用できる
  • リボ払いが主流
  • 全国に展開しているため、緊急の利用にも適している

消費者金融は金利が高いとよく言われます。少しネットサーフィンをするだけで、消費者金融の金利の高さを嘆く記事に辿り着けるでしょう。確かにカードローンやキャッシングの業界の中では最も高い部類になります。

ただ、利便性を考えれば金利の高さも納得せざるを得ないかもしれません。消費者金融はとにかく利用しやすく、いざと言う時の急場をしのぐには最適のカードローンなのです。

銀行と違い、全国に展開している大手も多く、最近ではネットからの申し込み、借入も可能となっているため、シェアは銀行をしのいでいると言っても過言ではありません。

大手銀行やコンビニのATMも利用できますし、大手は自社ATMも持っています。ちょっと借りたいと言う時、銀行を探し回ることもなく、手近な場所で用事を済ませられます。しかも日本全国です。

「日常生活の中で究極まで便利に使いたい」と言う時には、消費者金融のカードローンを選択するのもベストと言えるのではないでしょうか。

少額からでも使いやすい!最低1,000円だってOKのブランドも!

銀行カードローンや銀行系カードローンは、最低融資額を数万円、低くても数千円から1万円程度に設定していることが多く、「そんなに借りなくてもいいんだけど…」と言う時には困ってしまうかもしれません。

消費者金融の場合、ブランドによっては最低1,000円からも借りることが可能となっているため、目の前の借り過ぎを防ぎやすく、また、返済しやすいという特徴を持っています。

返済方法はリボ払いが主流ですが、毎月の最低返済額を自由に設定できるようになっています。順調に返済していれば増枠までのスピードも速くなるという特徴もあり、いざと言う時にも頼りにできそうですね。

審査は決して甘くない!申し込みには細心の注意が必要!

ひと昔前までは、「消費者金融は審査が甘い」「ブラックでも借りられる」という話が横行していました。しかし今は全く違います。「消費者金融でも厳しい」「ブラックなんて絶対無理」という声がスタンダードです。

  • 審査は細部まで行われるため決して甘くない
  • 専門企業としての審査のノウハウを蓄積しているため審査そのものは速い
  • 最短で即日融資可能な消費者金融も多い

審査は信用情報を元に詳しく行われます。返済能力が足りないと判断されれば、ばっさりと審査終了です。また、明記してはいないものの、基本的に返済能力がない専業主婦はほぼ確実に審査に通ることができません。

それほどまでに返済能力を重視する消費者金融は、他の種類の金融機関と違い、融資専門の業種として審査のノウハウを蓄積しています。そのため、厳密でありながら、スピーディな審査を実現することができているのです。

消費者金融の審査は非常に速く、最短で即日融資が可能です。とにかく時間をかけたくない、すぐに利用したいと言う時には最適だと言えます。

  • 即日融資で借りたい
  • 少額を利用することがある
  • 金利よりも利便性を重視する

こんな条件を求めるのであれば、消費者金融のカードローンが最も向いているでしょう。忙しい現代、スピードと利便性に勝るものはないかもしれませんね。

今必要なのはどんな条件?見極めることがおトクの近道!

銀行カードローン、銀行系カードローン、消費者金融と、それぞれ似てはいるものの、実際にはそれなりの違いがあることをご紹介しました。どのカードローンが良いのだろう?となった時、比較してみることは重要です。

金利の低さを重視することは当然ですが、その他にもあなたが優先したい条件があれば、同時に考えてみる必要があります。いざカードローンを手に入れたものの、使いにくくて困ってしまっては本末転倒です。

今の自分に最も必要な条件は何なのだろう?と考えてみれば、スムーズな商品選択をしやすくなるでしょう。あなたにとってベストな一枚を選んでみて下さいね。