即日融資できる?おまとめローンの賢い使い方とタイミングはコレ!

借入が多くなってきて、遂に生活が返済で圧迫されてしまいそう!ストレスが酷い!そんな時には無理な返済を続けず、思い切って借金をまとめてしまいましょう。

今の時代、多くの銀行や消費者金融が借金をまとめるための商品を提供しています。商品名は多々あるものの、「おまとめローン」という通称で有名ですね。

おまとめローンはどんな人が使うべきなのでしょうか。また、そのタイミングは?すぐにでも片付けたい人なら即日融資が可能かどうかも気になります。おまとめローンについて詳しくチェックしてみましょう。

複数の業者から借りている!そんな人は借金の一本化を!

借金そのものは悪いことではありませんが、複数の会社から借入をしていると、それぞれ利息が複数発生し、家計を圧迫しがちです。また、場合によっては一ヶ月に何度も支払い日が来ることがストレスになりそうですよね。

そんな人にお勧めしたいのは借金の一本化です。複数の会社、あるいは商品の借金をひとつにまとめ、支払いもまとめてしまえる方法です。「おまとめローン」などの商品名で聞いたことがある人も多いでしょう。

  • 借入が複数の会社、あるいは同一の会社でも複数の融資商品の借金がある
  • 返済がストレスになっている
  • 全ての借金を一本化しても差し支えない

このような人は積極的に借金の一本化を目指してはいかがでしょうか。中には「一本化できない事情がある」という特殊な立場の人もいるかもしれませんが、そうでなければチャレンジする価値は充分すぎるほどありますよ。

一本化のメリットは?毎月の支払いストレスが一気に減少!

借金を一本化した時、最初に挙げられるメリットは「支払いのストレスがかなり減少する」ということです。考えてもみて下さい。毎月何度も返済日が来る状況から、一本化の手続きを終えるだけで、返済日は一日のみになるのです。

  • 返済日が月に一度(あるいは一本化した金融機関に準ずる)
  • 複数の商品の金利が一つに絞られるため、月々の返済額が楽になる
  • 家計管理がしやすくなる
  • 無理のない順調な返済により信用情報を再び積み重ねることができる
返済日が月に一度になるという他には、やはり金利の面でのメリットを享受できます。今までは複数の商品でそれぞれの金利、利息がありましたが、今度は一本化した商品の金利、利息のみで済むことになります。

そのため、家計管理がしやすくなり、返済も無理なく、順調にできる可能性が高くなるでしょう。それははからずも、あなたの信用情報を再び積み重ねるチャンスがあるということなのです。

一般的に複数の借金を返済していると、どこかで無理が出てしまい、滞納・延滞など、信用情報マイナスになるミスが発生してしまいがちです。しかし一本化することにより、このミスが出る可能性がより低くなることでしょう。

借金の一本化は、あなたの経済状況を浮上させてくれると共に、ストレスを減らし、更に信用情報を回復していく有効な手段になると言えます。

デメリットも考慮しよう!返済期間が長くなる覚悟が必要

メリットが多い借金の一本化ですが、デメリットも存在します。デメリットもしかり把握した上で、利用を考えて行くことにしましょう。

  • 返済期間が長くなることが多い
  • 一本化の審査に通らなければ利用できない

借金の一本化のデメリットと言えば、代表的なものはこの2点でしょう。

返済期間が長くなることは、ほぼ確実に覚悟する必要があります。

と言うのも、借金の一本化は確かに月々の返済が楽になるのですが、それは毎回の支払額が低くなるからです。しかし借入している元金が減ったわけではありません。

これにより、元金を返し切るまでの返済期間が長くなることが充分に考えられます。金利によっては利息もばかにならないことでしょう。毎月複数の支払いに悩むか、長い返済期間と利息に溜息をつくかを選ぶことになります。

また、借金の一本化は、法的な債務整理でない限り、銀行や消費者金融の融資商品を利用することになります。当然審査が行われ、あまりにも信用情報の内容が酷い人は審査に通りません。

審査に通らなければ借金の一本化もできず、複数の借金を抱えたまま、今まで通りの返済を続けて行くか、専門家に相談して法的な債務整理を目指すことになってしまうでしょう。

おまとめローンの審査はじっくり系!即日融資はかなり厳しい!

消費者金融でも借金の一本化をしているブランドがあります。一本化ではなくても、借り過ぎたと感じた時にはそちらを選択してみることもひとつの手です。

消費者金融と言えば即日融資が有名ですね。できれば借金の一本化もさっさとしてしまいたいものです。日割りの利息がぐんと減るわけですから。

しかし、借金の一本化を消費者金融で行う場合でも、即日融資は難しいと言われています。

  • 返済が楽になるとはいえ、消費者金融が提供する融資商品であること
  • 融資商品には必ず審査が行われること
  • 一般のキャッシング商品よりも入念な審査が行われること

このような理由から、消費者金融の一本化商品でも、スピーディな審査による即日融資は期待できません。

借金の一本化を希望する人は、いわば「借り過ぎている」という、お金に対して少々信用が持てない部分がある、と思われがちです。通常のキャッシング商品よりも、より確実な返済能力が求められることは確実です。

消費者金融だけではなく、銀行も同様の傾向にあります。むしろ銀行の方が、更に審査が厳しいかもしれません。

消費者金融でも銀行でも、一本化の商品に申し込んだ場合、結果通知まで一週間はかかると考えておきましょう。

いざ申し込み!結果までにNGなこと…新規借入だけは絶対ダメ

おそらく審査に通るだろう、と予測できる人は、自分の信用情報をしっかり把握しているタイプです。かと言って、審査の間に新たな借金をすることだけは絶対に避けなければいけません。

  • 新たな借入は信用情報機関にすぐ反映される
  • 一本化商品の審査で参考にされる可能性が高い
  • 借金癖が酷いと判断され、信用を失う
  • 結果として一本化商品の審査に落ちる

どのような時でも、キャッシングやカードローンでの借入は、信用情報機関にすぐに登録されます。登録された信用情報をもとに審査が行われるわけですが、借金から楽になりたい人が新たな借金をするのは言語道断。

一本化商品の審査の段階で新たな借入が知られると、もっと借入をするために借金を一本化したいのか?という印象を持たれてしまい、一気に信用が落ちてしまいます。

その結果、審査に落ちてしまっては目も当てられません。

借金の一本化に申し込みをする時は、今借りているお金を完済するまでは新たな借入をしないぞ!と決意するくらいの意思が必要です。しっかり考えて行動しましょう。

社会的信用はどうなるの?一本化系は心配なし!

借金の整理、となると、どうしても社会的な信用が気になってしまうかもしれませんね。自己破産は官報に載りますし、それなら一本化も…?と考えてしまいがちです。

結論から言ってしまうと、借金を一本化したこと、その返済をしていること等で、あなたの社会的な信用が傷つくことは絶対にありません。

  • 借金の一本化で社会的信用が落ちることはない
  • 自己破産と違い公的な記録に残らず、職業制限もない
  • そもそも一般の融資商品であるため、外部に情報が漏れることはない
  • ただし誠実な返済が最も重要である

公的な記録に残る債務整理は、自己破産だけとなっています。職業制限も自己破産のみです。借金の一本化商品の利用では全く関係ありません。

そもそも、消費者金融や銀行で行う借金の一本化は、個人に向けた一般の融資商品を利用するに過ぎません。個人情報保護法などの観点から、あなたが利用したからと言って、外部に知られることは絶対にないでしょう。

ただ、信用情報機関には「一本化した(借り換えした)」と分かる記録が、完済から2年程度の期間で保管されます。同時に、一本化商品の返済態度(遅延・延滞等)についても残ることになります。

この時に遅延や延滞を繰り返し、マイナスになるような情報が残ってしまうと、完済後も新たな借入の審査に通りにくくなる可能性が高くなります。一本化商品の審査に通過したら、後は確実に、誠実な返済を心がけましょう。

こんな時には一本化不可能!?審査に通過できない人

借金の一本化、借り換え商品に申し込みをしたいと考えた時、あなたが審査に通るかどうかが最大の関門となります。中には審査に通らない人もいるでしょう。どのような人が審査に落ちるのかを見てみましょう。

  • 過去にいずれかの会社でブラックリストに入った記録がある
  • 延滞や滞納の履歴が多数である
  • 返済能力が明らかにないと思われる

過去に借入したことがある消費者金融や銀行で、いわゆるブラックリストに入ったことがある人はまず無理だと考えるべきです。

返済能力がない、金銭感覚がだらしないと判断されます。数ヶ月の滞納や強制解約などは最も厳しく見られます。

また、ブラックリストに入るほどではなかったとしても、延滞や滞納の履歴が多い場合には、やはり要注意となります。これも信用情報をマイナスにする原因として有名ですよね。

要は「返済能力が信用できない人」は、借金の一本化商品に申し込みをしても、審査に通れないケースがあるということになります。

総量規制は関係ない?一本化は総量規制の「例外」扱い

一本化商品を利用するということは、「現状の借金を全て一括で返済できる資金を一本化商品で借入し、資金として借入した分を返済していく」という形になります。この時に気になるのは、消費者金融で一本化する場合です。

消費者金融は貸金業法の総量規制が適用されます。つまり、「一本化資金を借入した時、まだ一括返済していない分と併せると総量規制を超えてしまう」という心配です。しかし、この場合、全く心配する必要はありません。

  • 借金の一本化の借入は「例外」の扱いとなる
  • 「例外」扱いの借入は総量規制を超えても問題ない

借金の一本化は総量規制の「例外」という項目にある、「利用者に一方的に有利な借り換え」という扱いになるため、総量規制を超えることになっても全く問題がないのです。

もしも現状で借金の一本化を考えいて、しかし総量規制が…と悩んでいる人がいれば、ぜひすぐに金融機関に相談してみて下さい。総量規制は気にしなくても大丈夫ですよ、という返答を得られることでしょう。

つい嘘をつきました…バレたら確実に審査落ちです!

借金の一本化に成功しなければ、あとは法的な債務整理しか残っていない…!そんな時、審査に通りたいあまり、つい申し込みの時に嘘をついてしまいたくなるかもしれませんね。

借入額を低く申請したり、年収を偽ったり、他にも誤魔化したくなることがあるかもしれません。しかし、これは絶対に申し込み先の金融機関に知られてしまうと考えておきましょう。

過去にキャッシングやカードローンなどを利用した人の記録は、完済から数年、信用情報機関に情報が残されています。審査の時には必ず信用情報機関を参照しますので、嘘をついても確実に分かります。

嘘をついたと分かれば、もう審査に通る望みは絶たれたも同然です。そのまま複数の借金を返し続けるならまだしも、最悪は法的な債務整理しか手段がなくなるかもしれません。そんな事態を避けるためにも、嘘だけはやめましょう。

迷う時間がもったいない!借金の一本化はお早めに

借金の一本化は、デメリットよりもメリットが多いことが明白です。中には長期化する返済期間に難色を示す人もいるかもしれませんが、それ以外に躊躇う理由はないのではないでしょうか。

一本化商品の審査は、普通のキャッシングやカードローンと同様、信用情報が第一です。申し込みを躊躇っている間に、返済事故を起こしてしまっては元も子もありません。

早く手続きすればするほど、返済ストレスを減らせる可能性が高くなります。迷っている人はぜひ、積極的に一本化について考えてみてはいかがでしょうか。