クレジットカードでキャッシング?現金が必要な時には絶対便利!

今すぐお金がいる!でもキャッシングできる方法がない…そんな時にはクレジットカードでお金を借りることができます。クレジットカードはショッピングに使いますが、実は現金も借りられる機能があるのです。

ただ、クレジットカードを持っているだけではそうもいきません。緊急で借りたい時に、キャッシング機能が使えないのでは意味がありませんよね。

普通のキャッシングとどう違うのか、必要な手続きは?いざと言う時に備えて、またはキャッシングカードを持ちたくないと言う人も、基本的な知識を身に付けておきましょう。

クレジットカードで借りるには?申し込み段階で視野に入れる!

ショッピングに利用することがほとんであるクレジットカードでも、「キャッシング枠」という機能があり、対応しているATMから自由に現金を都合することができます。

もちろん借金という扱いなので返済する必要がありますが、緊急の時にはとても役に立つことでしょう。ただ、単にクレジットカードを持っていれば誰でも使える機能というわけではありません。

  • クレジットカードにはキャッシング機能がついているものが多い
  • 申し込み段階でキャッシングオプションを申し込むと良い
  • 後から申し込むこともできる
  • ショッピング分とは別の返済項目として計上される

最近のクレジットカードには、キャッシング機能がついているものが非常に多くなっています。国内キャッシングだけではなく、海外で利用できる種類のものも少なくありません。

クレジットカードのキャッシング機能を利用するためには、申し込み段階で、あるいは後日に、キャッシングができるオプションを設定する必要があります。この設定を行わなければキャッシングすることができません。

また、クレジットカードを利用して買い物をした「ショッピング分」と、キャッシング機能を利用した「キャッシング分」は、利用明細では別々の項目として計上されます。

ショッピング分とキャッシング分で、手数料や返済日が異なるクレジットカードもあります。キャッシング機能を利用したい人は、設定前にきちんと確認しておきましょう。

キャッシング機能が使えないことも?申込者によって異なる審査

キャッシング機能がついているとはいえ、クレジットカードの所有者全てが利用できるというわけでもありません。審査によっては利用できない人も出てきてしまうようです。

  • ショッピング機能のみしか利用できないことがある
  • 専業主婦(主夫)はキャッシング枠の利用が厳しい可能性がある
  • 親の家族カードを利用している未成年も厳しい

専業主婦の場合、たとえ本人名義であったとしても、ショッピング機能のみしか利用できないことがあります。これはカード会社によって基準が異なるため、全てがNGとは言えませんが、その可能性があることを覚えておきましょう。

また、学生の中には親が契約したクレジットカードの家族カードを持っている人もいるでしょう。この場合、特に未成年は注意が必要です。

親の承諾が必要か、そもそも未成年にはキャッシングをさせないカード会社もあります。

どうしてNG?キャッシング機能も返済能力が重要視される

専業主婦や未成年がキャッシング機能を利用できない可能性が高い理由としては、「本人の返済能力」についての問題があります。ショッピングもキャッシングもいわば借金ですが、性質が少々異なります。

ショッピング利用は1回~2回払いなら手数料がかかりません。しかしキャッシングは1回払いでも手数料(利息)が発生します。ショッピングよりも多くのお金が関わるということになりますね。

専業主婦や未成年の場合、世帯主や保護者が返済の要になると考えられます。本人がお金に関して責任を取れない立場になる以上、より返済金額が高くなるキャッシング機能は利用させたくないと考えるのも仕方ありません。

ただ、専業主婦の場合は、ファミリー向けのクレジットカードであればキャッシング機能を利用できるケースも多く、一概に全てかダメと言えるわけではありませんので、そういったカードを探してみるのもひとつの手段です。

キャッシング枠って?ショッピング枠全部ではないので注意!

キャッシング機能を利用して借りられる金額の上限を、「キャッシング枠」と言います。このキャッシング枠は人によって異なり、その人の返済能力によって決定されます。

また、キャッシング枠は、クレジットカードのショッピング枠(利用限度額)の中に含まれるため、計画的なキャッシングを行わないと、ショッピングができなくなってしまうケースに陥ることも。

  • キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれている
  • ショッピング枠が100万円、キャッシング枠が20万円とする
  • 10万円をキャッシングするとショッピングに使える額は90万円となる
  • ショッピング枠に余裕があってもキャッシングできる上限は20万円まで

簡単に言ってしまえば、「キャッシングをするとショッピングできる分が減って行く」ということです。返済しない限り、この枠が再び増えることはありません。

クレジットカードでのキャッシングとは、ショッピング枠の中で現金を買うようなもの(ただし利息が発生する商品)と考えると分かりやすいかもしれませんね。

やっぱり借りたい、もっと増やしたい…枠を増やすことも可能

クレジットカードの申し込み段階で、キャッシング機能はいらない!としておいた人や、もう少しキャッシング枠を増やしたい、という人がいるかもしれません。これはクレジットカード会社に申請をすることで可能になります。

  • キャッシング機能を後からつけることもできる
  • キャッシング枠の増額も可能
  • ただしショッピング枠以内のキャッシング枠設定に限る
  • 審査によっては却下されることもある

キャッシング機能の後付け、または枠の増額は、クレジットカード会社に申請手続きを行い、審査を経て可能となります。それまでの利用実績が良ければ、おおむね審査に通れると考えておいて差し支えないでしょう。

ただ、キャッシング枠はショッピング枠の中に収める必要があります。ショッピング枠が100万円なら、その中で増額設定をしなければいけません。

また、ショッピング枠の多くをキャッシング枠で埋めたがる人は、クレジットカード会社にとって望ましくない顧客として、増額審査に落ちる傾向があるので注意しましょう。

こんな人は増額審査に落ちるかも!日頃の信用が物を言う

それまでの利用状況によって、キャッシング枠の利用審査、増額審査に落ちる人もいます。キャッシング枠の利用、増額を考えている人は、自分が以下の項目にあてはまっているかどうかを確認してみましょう。

  • 該当のクレジットカードで返済事故を起こしている
  • 既にショッピング枠も埋まりかけている
  • 他社からの借入が多い
  • 他社で返済事故を起こしている
  • 消費者金融からの借入が残っている

これにひとつでもあてはまっている場合、審査に通過しない覚悟が必要だと言えるでしょう。必ず審査に落ちるとまでは言えませんが、希望の結果に繋がるかと言うと、かなり難しいと考えられます。

このような項目を経験していると、「お金にだらしがない人」「返済してくれないかもしれない人」と認識されてしまいかねません。今後のあなたの信用のためにも、増額申請の前に、返済態度を改めて行くべきでしょう。

手数料も意識して!キャッシング機能の上手な使い方

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りると、ショッピング分とは違い、別の手数料が発生します。一般的なカードローンなどで言うところの利息ですね。この時、手数料を計算する金利で注意しておきたいことがあります。

  • ショッピング分とキャッシング分は金利が違う
  • キャッシング分の方が金利が高い
  • カード会社によっては消費者金融並の金利になることもある
  • 返済方法はカード会社によって異なる

キャッシング機能でお金を借りると、ショッピングの分割手数料に適用される金利よりも高い金利になることがほぼ100%で、大抵はかなり高いと感じるものとなりがちです。

翌月一括であればそこまで懐は痛まないかもしれませんが、毎月分割で支払って行くとなると、消費者金融のリボ払い並の金利になることも少なくありません。例として、有名クレジットカード会社のJCBと消費者金融アコムを比較します。

名称 種類 キャッシング時の金利
JCBクレジットカード クレジットカードキャッシング機能 15.0%~18.0%
アコム 消費者金融キャッシングブランド 3.0%~18.0%

比較してみると、クレジットカードのキャッシング機能に適用される金利が非常に高く感じられます。また、金利の性質として、借入額が多額なら低く、少額なら高くなるということも考えるべきです。

少額を借りるのであれば、クレジットカードも消費者金融もほぼ変わりません。しかし高額になってくると、この差はかなり大きく感じられることでしょう。利用時にはしっかり考えておく必要がありそうです。

国内は0円に、海外はキャッシングOKにしておくのも有効!

クレジットカードのキャッシング枠は、必ずしも必要というわけではありません。敢えてキャッシング機能を付けないという選択もできます。

とはいえ、「でも海外旅行の時に急に現金が必要になったら?」というセレブな心配をする人なら、海外でのキャッシング機能だけを付帯させておくという手もあります。

  • 国内、海外のキャッシング機能を別々で付帯させているカードも多い
  • 海外キャッシング機能のみを付帯させておくという手段もある
クレジットカード会社では、国内キャッシング機能、海外キャッシング機能を分けていることも大変多く、任意で選ぶことができます。もちろん両方のキャッシング機能を利用することもできます。

金利などはやはり高いものとなりますが、利用しなければ発生することもありません。海外でのいざと言う時に備え、海外キャッシング機能だけを付帯させておくというのもひとつの賢い手段かもしれませんね。

キャッシングの機会が多い!いっそキャッシングカードを作るのもアリ!

何だかんだでクレジットカードのキャッシング機能を利用することが多い、手数料で損してる気分になる…。そんな人もいるかもしれません。キャッシングがライフスタイルの中に組み込まれているのなら、考え方を変えてみましょう。

  • キャッシングの機会が多ければキャッシングカードを作る
  • ショッピング枠に左右されないので管理しやすい
  • 消費者金融のキャッシングブランドはサービスが手厚い

キャッシングカードを持つ利点としては、クレジットカードのショッピング枠に含まれなくなるため、家計管理がしやすい面でしょう。キャッシングしすぎた、必要な買い物ができない!という事態を免れることができます。

また、消費者金融のキャッシングブランドは、クレジットカードのキャッシング機能よりも詳細で使いやすいサービスを提供していることも多く、利便性が高いというポイントがあります。

借入額や返済回数によっては、クレジットカードのキャッシング機能よりもおトクに使える可能性が高いものでもあります。

キャッシングの頻度によっては考えてみるべき手段ではないでしょうか。

借りる前に返済計画!緊急時には上手に使おう

クレジットカードのキャッシング枠は、緊急時にクレジットカードで借入ができるというメリットがありますが、消費者金融のキャッシングよりも様々な面で不便だというデメリットもあります。

特に金利面では消費者金融のリボ払いと変わらない時も多く、ライフスタイルによっては決しておトク、便利とは言えないものになっているかもしれません。また、返済計画も非常に重要になってきます。

クレジットカードでキャッシングをするのであれば、ショッピング枠、キャッシング枠の考え方、しっかりした返済計画に自信が持てるようになってから利用した方が良いと言えそうです。