銀行カードローンに申し込む時の注意点。メガバンクと地方の違いも

キャッシングよりも金利が低いと評判で、人気を集めるのが銀行のカードローンです。どうせお金を借りるなら金利が低い方がいいな、と思う人が申し込みを検討するのも当然と言えるでしょう。

しかし、キャッシング商品と同様、カードローン商品も星の数ほどありますよね。ひとつの銀行でも複数の商品をリリースしていることも少なくないため、選択肢は更に広がります。

ただ、実は誰もがどの銀行のどんなカードローン商品でも申し込めるというわけではありません。銀行が発行するカードローン商品の申し込みや利用について詳細に見てみましょう。

銀行カードローン?銀行系カードローン?その違いとは

一概に「銀行のカードローン」と言っても、「銀行カードローン」と「銀行系カードローン」に分かれることをご存知の方も多いでしょう。似たような言葉でも、実は大きな違いがあります。

種類 特徴
銀行カードローン 銀行が直接発行
金利が低い
銀行系カードローン 銀行と関連のある貸金業者が発行
低金利~高金利まで様々

銀行カードローンは、銀行が直接商品を発行しています。申し込みから審査、貸付まで、基本は一貫して銀行が行っています。ただし、中には提携している貸金業者が審査を行うケースもあります。

銀行系カードローンは、銀行が属するグループ内の金融企業や、提携している貸金業者が発行、審査、貸付を行います。銀行が発行しているものではないため、扱いは消費者金融となっています。

金利に関しては、銀行カードローンが圧倒的に低いということが有名で、商品によっては一ケタ前半の金利で貸付をしていることもあります。

銀行系カードローンは低金利から高金利まで様々ですが、消費者金融の特徴として、やはり銀行カードローンよりは高く、幅広い設定がされています。

カードローンは銀行だけ?キャッシング会社発行もあり!

カードローンと言うと、何となく銀行や銀行系だけの商品だと思う人もいるようです。消費者金融はキャッシングというイメージが強いためかもしれませんね。

しかし実際はそうでもなく、銀行の名前を冠していない商品も、消費者金融から独自に発行しています。有名どころならアコム、アイフルなどが、「カードローン」という名称を使った貸付商品をリリースしていますね。

キャッシングとカードローンは、特に大きな違いがあるわけではないため、どちらを選ぶかは利用者の自由に任されています。様々な条件を比較し、あなたに合った方法でお金を借りると良いでしょう。

適用される法律は?銀行と銀行系は大きく違う!

銀行カードローンと銀行系カードローンは、適用される法律も異なっています。つまり、銀行に適用される法律、貸金業者に適用される法律の違いということになりますね。

  • 銀行カードローンは「銀行法」が適用される
  • 銀行系カードローンは「貸金業法」が適用される

銀行法と貸金業法の違いは様々ですが、中でも有名な項目としては、利用限度額の設定が挙げられるでしょう。

銀行は基本的に(法的に)、2018年11月現在、利用限度額を制限されることがありません。対して貸金業法は、年収の三分の一以上を貸付することが禁じられています(総量規制)。

借入を考えている人には大きな違いですよね。とはいえ、銀行カードローンなら無制限に借りられるわけではありません。審査で返済能力に応じた金額が決められます。

また、銀行の自主的な規制として、やはり年収の三分の一を目安とした貸付が進められています。今後は銀行カードローンでも、実質総量規制が行われると考えた方が良さそうです。

最大限おトクに使いたい!メリットとデメリットは抑えておく!

銀行カードローンと銀行系カードローンの大きな違いが分かったところで、本題の銀行カードローンについて見て行きましょう。銀行カードローンの大きなメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

  • 銀行カードローンは圧倒的に金利が低い
  • 銀行の直接発行なので社会的ステータスが高い
  • 利用実績で銀行に対して独自の信用を積み上げられる

何よりも大きなメリットとしては、銀行のカードローンは非常に金利が低いということです。消費者金融の平均金利が15%前後であることを考えると、銀行カードローンの金利は相当に低く、おトクであることが分かります。

また、銀行の審査はどんな商品でも厳しいものです。

その銀行の審査を通過し、借入ができる(融資を受けられる)ということは、あなたに信用があるということであり、社会的なステータスを得ていることが窺えます。

そして、銀行の商品はカードローンだけではありません。住宅ローンやカーローンなど、更に高額の融資を提供する商品もあります。

カードローンを誠実に利用していくと、銀行からの信用が高まり、高額になる大型ローンの審査に好影響を与えると考えられるのです。

最近では大手の消費者金融でも大型ローンを提供し始めていますが、やはり銀行の高額商品は格が違います。将来的に大型融資を受けたいのであれば、カードローンの実績を積み、上手く利用できるのもメリットですね。

デメリットと言えば?スピード性と返済ミスに注意が必要

メリットが大きい銀行カードローンですが、デメリットがないわけではありません。申し込み前に把握した上で利用していきましょう。

銀行カードローンでデメリットと考えられることは、以下のような項目になります。

  • 即日融資は受けられないと考えた方が良い
  • 返済に一日でも遅れると利用停止になることが多い

銀行カードローンは、以前は即日融資が可能とされていました。消費者金融に負けないスピード性もメリットと考えられていたものです。

しかし、2018年11月現在、銀行の自主的な方針として、審査により時間をかけるようになっています。無理な貸付をし、返済に苦慮する人が少なくないのではという懸念からです。

これにより、銀行カードローンでの即日融資はほぼ不可能となっているのが現状です。

どうしても今日中に!と言う人には、銀行カードローンは向かないものとなってしまいました。

返済遅れのペナルティも非常に厳しく、返済日に一日でも遅れると、すぐに利用停止にする銀行がほとんどです。悪質な場合には強制解約も有り得ますので、返済計画のめどが立たない時には利用を考えるべきでしょう。

強制解約は嫌だ!返済に困った時にはすぐ連絡を

返済計画をしっかり立てて、普段はその通りに実行できたとしても、何かのトラブルでどうしても無理なタイミングに襲われるかもしれません。今月の返済は無理だ!と言う時、あなたがするべきことがあります。

  • 返済に遅れそうな時には返済日前に連絡をする

返済に遅れると、どんな場合でも信用情報に傷が付きます。しかし、無言で返済遅れをしてしまうより、返済できないことを先に銀行に伝えるべきなのです。

  • 返済の意思があることを伝える
  • 返済可能な日が分かっていれば伝える
  • 利息だけでも払えるようならその旨を相談してみる

銀行に限らずなのですが、この3点は非常に重要な連絡事項です。無連絡のまま延滞や滞納を行うと、あなたの信用情報はかなり悪くなってしまいます。

返済遅れはその通りの情報が残ってしまいますが、上の項目に関して誠実な連絡をすることにより、信用情報への傷を最低限に抑えることができるかもしれないのです。

また、返済日に遅れてしまった時より、遅れると分かった時にすぐ連絡することが望ましいでしょう。信用情報は財産です。財産の傷を少しでも減らすためにも、勇気を出して連絡して下さいね。

【注意!】銀行によっては制限アリ!利用可能、不可能な商品

銀行カードローンのメリットもデメリットも把握し、ではいよいよ申し込みをしてみよう!となった人もいるでしょう。しかし、ここでもうひとつ注意をしておかなければならない点があります。

  • 銀行によっては申し込み条件が限定されることがある

年齢や年収、職業などの一般的な条件をクリアしても、銀行によっては更に別の条件に合わないため、利用を断るケースがあるのです。

  • 住所や職場が銀行の営業範囲外の場合には利用できないことも

あなたのお住まいや職場が、目当ての銀行の営業範囲外であった場合、的確なサービスやフォローが難しいという理由で利用を断られることがあります。

今の時代、大抵のフォローはインターネットなどでできると考えられがちですが、地方の小さな銀行では、行員数に対して多くなるであろう利用者の数に対応できないこともあるからだと考えられます。

申し込んでみたい銀行カードローンを見つけたら、申し込み条件を確認してみると良いでしょう。上記の条件があるのは、おおむね地方の小規模な銀行であることが多いようです。

大手銀行なら広範囲!地方の小規模銀行が無理な時

大手銀行であれば、全国に店舗を展開しているため、多くの地域の人が銀行カードローンを利用することができます。大手の商品のメリットとして、申し込み方法や返済方法が多彩であることも嬉しい一面ですね。

商品名 金利
みずほ銀行カードローン 1.5%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6%

日本でも有名な三大メガバンクで取り扱っている銀行カードローンの一部です。銀行同様、この3つの商品も有名で、名前を聞いたことがある人も多いでしょう。銀行の名前を冠しているだけあって、肝煎りのサービス内容です。

申し込み資格も幅広く、特に今回の懸念である居住地に関しても、店舗数が非常に多いため、ほぼ問題ないと考えて差し支えないでしょう。

もちろん、他にもあなたの条件にマッチした銀行カードローンがあるはずです。ご近所の銀行や信用金庫の商品をぜひチェックしてみて下さいね。

使える銀行がない!そんな時にはキャッシングを考えよう

人によっては銀行が近所にない、あるいは目当てのカードローン商品が発行されていない…ということもあるかもしれません。それでもお金がどうしても必要な時、考え方を変えるしかないでしょう。

  • 銀行カードローンの地域条件に合わない時はキャッシングを考える

信用情報や返済能力に問題がないという自信があれば、緊急時には大手の消費者金融の利用を考えるのも賢い方法です。と言うのも、消費者金融は銀行にないメリットがあるからです。

  • 大手消費者金融はインターネットで申し込みから借入・返済が可能
  • 営業形態の性質上、国内であれば居住地を問わないことが多い
  • 条件を満たしていれば即日融資可能
  • 金利が一定期間0%になるサービスが適用されることも

消費者金融の進化は目覚ましく、今ではインターネットで申し込み、審査結果の通知と借入、返済が可能です。銀行でももちろん可能なのですが、全ての銀行が対応しているわけではありませんし、居住地条件もあります。

ところが大手の消費者金融は、その営業形態の性質上、日本全国のどこからでも申し込みや利用が可能です。外出先でもスマートフォンさえ持っていれば、申し込みも借入も可能になっているほどです。

申し込み時間や条件によっては、即日融資も可能です。これは銀行にはないメリットですね。

また、消費者金融は金利が高いことも事実ですが、大手の中には「契約日翌日から○日間は金利ゼロ」というサービスを打ち出していることもあり、場合によっては銀行よりもおトクに借入をすることが可能になっています。

特にアコムやプロミス、アイフルなど、大手の消費者金融ではそのようなサービスを積極的に提供しています。銀行カードローンの条件が合わない時には、やはり消費者金融を利用してみるのも良いかもしれません。

信用実績を積める!銀行カードローンで人生設計も可能

金利の低い銀行カードローンは、日常でお金を借りることがあった時、最もおトクに借入ができる商品だと言えます。銀行系カードローンと違い、銀行のステータスが持てるのも大きなメリットでしょう。

また、信用情報を積み重ねることにより、目の前の生活に限らず、将来的な大型融資の審査にも好影響が期待できるのが銀行カードローンの良いところ。より計画的に利用すれば、人生設計のランクアップも有り得るかもしれません。

ランクアップだなんて大げさな…と言い切れないのが銀行の商品の特徴です。日々の小さな積み重ねで将来が大きく変わって来るかもしれません。小さな額でも大きな信用に繋がります。ぜひ上手に使いこなして下さいね。